>> この記事の先頭に戻る

この辺りは農業用道路が主だ。地元のクルマに気を遣いつつ、コンチネンタルGT V8のドライブをさらに楽しんでみることに。

アイスという名の透明感溢れるホワイトカラーをまとい、要所要所をブラックスペシフィケーションで引き締めたビッグクーペは、みるからにドライバーズカーだった。贅沢なコクピットに座れば、否が応にも気分は盛り上がる。すでに500km程度も共にしたパートナーであるにもかかわらず、もっと走らせたいという気持ちが勝っているのだ。

V8のエンジンノートが徐々に逞しく山間にひびき始めた。ドライブモードを最も好みの“B”、つまりクルマにお任せ、からスポーツへと切り替える。いっそう引き締まったアシと刺激的なエグゾーストノートがドライバーの心をさらにかき立てた。

所々狭い箇所があったにもかかわらず、ダム沿いのワインディングロードをコンチネンタルGT V8はひらりひらりと駆け抜ける。ときおり対向車も飛び出してくるけれど、意のままのハンドリングと確かな制動で、さほどストレスなくすれ違える。思うままに動かせているという確かな実感があるからだ。

加速フィールは野太いサウンドと相まってスリリングのひと言。コンチネンタルGTといえばW12ツインターボを積むグレードが真っ先に思い浮かぶが、8気筒に乗れば乗ったで「ベントレーといえば8発だよな」などと得心する。12気筒のあのウルトラスムースなパワーフィールも捨てがたいけれど。

ベントレー
コンチネンタルGTのサイズは全長4880×全幅1965×全高1405mm。新車価格は4LのV8エンジン搭載モデルが2547万6000円、6LのW12エンジン搭載モデルが2733万5000円となる。

多くの自動車好きが絶賛する乗り心地と運動性能

コンチネンタルGTは確かにグランドツーリングカー的な性質の濃いモデルである。けれども最新型の、なかでもこのV8グレードは、新たなFRプラットフォームと4WDシステムを得て、よりスポーツカーらしく振る舞わせることもできるようになった。

そのことはスタイリングからすでに表れていて、機会があれば見比べて欲しいのだが、以前のモデルに比べると最新モデルの前輪の位置が明らかに前へと移動していることがわかる。つまり、それだけエンジンの位置もセンターに近づき、前輪の動きの自由度も上がっているというわけだ。

それゆえ、ちょっと厳しいコーナーワークが続いたとしても、最新のコンチネンタルGTであればスポーツカーのように自信を持って駆け抜けることができる。重量配分の良さがそうさせているのだろう、とにかく余分な予期せぬ車体の動きが抑え込まれているため、どんなコーナーであってもリズミカルに抜けていけるのだ。

これは、スポーツドライビングのみに効いているのではなく、運転しやすさにもつながっている。慣れない人でもすぐに扱えるようになるのはそのためだ。

コンチネンタルGTのディテールをチェック!(写真5枚)

<p>伝統あるクラフトマンシップと最新装備を組み合わせたインテリア。ナビ画面は回転してウッドパネル、アナログメーターにそれぞれ切り替えが可能。好みに応じて選ぶことができる。</p>

伝統あるクラフトマンシップと最新装備を組み合わせたインテリア。ナビ画面は回転してウッドパネル、アナログメーターにそれぞれ切り替えが可能。好みに応じて選ぶことができる。

<p>コンチネンタルGTの大きな特徴が車内空間の広さ、そして快適性。最高級レザーを使ったシート、操作スイッチ一つまで作り込まれ、大人の旅をサポートする。もちろん、歩行者警告、レーンアシストといった運転支援も充実している。</p>

コンチネンタルGTの大きな特徴が車内空間の広さ、そして快適性。最高級レザーを使ったシート、操作スイッチ一つまで作り込まれ、大人の旅をサポートする。もちろん、歩行者警告、レーンアシストといった運転支援も充実している。

<p>後席のスペース、特に足下はやや狭めで、乗り降りは2ドアのため若干窮屈だが、座ってしまえば前席同様、ハイクオリティな内装に包み込まれる。</p>

後席のスペース、特に足下はやや狭めで、乗り降りは2ドアのため若干窮屈だが、座ってしまえば前席同様、ハイクオリティな内装に包み込まれる。

<p>今回の試乗車はV8エンジン搭載モデル。550ps、770Nmを誇り、0-100km/h加速は4秒、最高速度は318km/hとなっている。組み合わせるトランスミッションは8速DCT。</p>

今回の試乗車はV8エンジン搭載モデル。550ps、770Nmを誇り、0-100km/h加速は4秒、最高速度は318km/hとなっている。組み合わせるトランスミッションは8速DCT。

<p>後席が可倒式ではないのでシートを倒して積載量を増やすことはできない。長尺のものをしまえるトランクスルー機能は備えている。</p>

後席が可倒式ではないのでシートを倒して積載量を増やすことはできない。長尺のものをしまえるトランクスルー機能は備えている。

<p>伝統あるクラフトマンシップと最新装備を組み合わせたインテリア。ナビ画面は回転してウッドパネル、アナログメーターにそれぞれ切り替えが可能。好みに応じて選ぶことができる。</p>

伝統あるクラフトマンシップと最新装備を組み合わせたインテリア。ナビ画面は回転してウッドパネル、アナログメーターにそれぞれ切り替えが可能。好みに応じて選ぶことができる。

<p>コンチネンタルGTの大きな特徴が車内空間の広さ、そして快適性。最高級レザーを使ったシート、操作スイッチ一つまで作り込まれ、大人の旅をサポートする。もちろん、歩行者警告、レーンアシストといった運転支援も充実している。</p>

コンチネンタルGTの大きな特徴が車内空間の広さ、そして快適性。最高級レザーを使ったシート、操作スイッチ一つまで作り込まれ、大人の旅をサポートする。もちろん、歩行者警告、レーンアシストといった運転支援も充実している。

<p>後席のスペース、特に足下はやや狭めで、乗り降りは2ドアのため若干窮屈だが、座ってしまえば前席同様、ハイクオリティな内装に包み込まれる。</p>

後席のスペース、特に足下はやや狭めで、乗り降りは2ドアのため若干窮屈だが、座ってしまえば前席同様、ハイクオリティな内装に包み込まれる。

<p>今回の試乗車はV8エンジン搭載モデル。550ps、770Nmを誇り、0-100km/h加速は4秒、最高速度は318km/hとなっている。組み合わせるトランスミッションは8速DCT。</p>

今回の試乗車はV8エンジン搭載モデル。550ps、770Nmを誇り、0-100km/h加速は4秒、最高速度は318km/hとなっている。組み合わせるトランスミッションは8速DCT。

<p>後席が可倒式ではないのでシートを倒して積載量を増やすことはできない。長尺のものをしまえるトランクスルー機能は備えている。</p>

後席が可倒式ではないのでシートを倒して積載量を増やすことはできない。長尺のものをしまえるトランクスルー機能は備えている。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop