>> この記事の先頭に戻る

「きちんと見えるノータイ」や「 大人の休日スタイル」が人気

PV1位:
こんなシャツがあれば「スーツをノータイ」で着てもダサくならない

スーツをノータイで

写真は、セットアップだが、スーツをノータイで着る場合のシャツ選びについての記事。無地シャツよりも濃い色で、かつ太幅のストライプシャツを合わせてあげると、胸元にメリハリが効いて間延びした印象を回避できるというテクニックだ。 >> この記事を読む

PV2位:
「デニム×シャツの着こなし」ダサくならない組み合わせのコツ

デニム×シャツの着こなし

休日デニムにカジュアルシャツを合わせる場合、シャツをアウター感覚で羽織ってみると、軽快でこなれた印象に見えるという提案。その際、シャツも写真のように、開襟やリネンのモノを選ぶとラフな雰囲気に。袖を無造作に捲る小技も、参考になるとの声が集まった。 >> この記事を読む

PV3位:
「Tシャツ×デニム」が、休日お父さん風にならないためには?

Tシャツ×デニム

デニムにTシャツではラフ過ぎて、大人の品格に欠けるという時のジャケット使い。ジャージージャケットに、ヘンリーネックで首元にアクセントを。スニーカーを選びがちなところを、スリッポンで引き締めて、大人の余裕を加える方法を紹介。 >> この記事を読む

PV4位:
「仕事で着るポロシャツ」適しているのは、どんなタイプ?

仕事で着るポロシャツ

クールビズシーズンに仕事で着るポロシャツ問題について、最も無難な、ネイビーのハイゲージニットポロを使ったコーディネートを提案。鉄板の着こなしは、紺ジャケに合わせたネイビーワントーンだった。 >> この記事を読む

PV5位:
休日シャツが「ダサい→お洒落」に変身、簡単着こなしテク

休日シャツ

よくある休日のシャツ一枚のスタイルをかっこよく見せるための提案。シャツは真ん中あたりのボタンを数個止める小技やスエードスリッポンを合わせたことなど、適度なヌケ感が出来て参考になったとの声が多数集まった。 >> この記事を読む



[MEN’S EX 2020年12月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
  1. 2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop