>> この記事の先頭に戻る

KYOTO/フレンチ
MOTOI〈ブイヤベース鍋〉

MOTOI料理

極上の海鮮食材を使った、日本ならではのブイヤベース

「主客一体の『和』を大切にしたい」という、京都の1つ星フレンチ「MOTOI」のシェフ前田元氏が「ご家庭で少しでもほっこりするものを」と考え、出した答えが「鍋」だ。フレンチならではのブイヤベースを出汁にするという柔軟な発想で、伊勢海老や貴重な国産のハマグリ、天然の白身魚、蒸し鮑、京都らしい生麩や大原から届いた野菜、更にクネルをイメージしたオマール海老のムースなどの具をセットにした。魚介の旨味の溶け込んだスープに白飯と付属のペコリーノチーズを投入しておじやを作る、というシメも日本人の心をグッと掴む。実は中国料理で10年間修業した前田氏、愛娘のためにと作った無化学調味料の別売り「パパ餃子」(24個入り2300円)も人気。前田氏の料理人としての懐の深さを知ることもできるお取り寄せだ。ブイヤベース鍋 1万4000円(2人前)〈税込・送料別〉
お問い合わせはコチラ:https://motoi.theshop.jp/

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop