>> この記事の先頭に戻る

驚くほど異なる双子モデルの走り

基本設計が共通でハンドルも同じアップタイプとなると、走りのキャラクターも似たものとなるのが常だが、実際にまたがってみると「390DUKE」と「スヴァルトピレン401」のライディングポジションはかなり印象が違う。短いタンクで前のほうに着座する「390DUKE」に対して、「スヴァルトピレン401」のシートは高い位置にあり、ヒップポイントもかなり後方。シート高は「390DUKE」が830mmに対して「スヴァルトピレン401」は835mmと差は5mmしかないのだが、そんな数値が全く信じられないくらい両者のライディングポジションには差がある。

身長175cmの筆者が「スヴァルトピレン401」にまたがったところ
身長175cmの筆者が「スヴァルトピレン401」にまたがったところ。両足ともにカカトが浮く
「390DUKE」のポジション
こちらは「390DUKE」のポジション。両足ともカカトが接地している。着座位置もかなり前方だ

走りの印象も驚くほど異なる。着座位置だけでなく、ステップ位置も「スヴァルトピレン401」は後方になっていることもあるが、ストレートを走っているだけでも基本設計が共通とは思えない。アクセルに対して機敏に反応し、「もっと開けろ」と語りかけられているような気分になる「390DUKE」に対して、「スヴァルトピレン401」は滑らかなアクセルレスポンスで振動も少なく、落ち着いた乗り味だ。振動については、シートの厚みの違いによるものが大きいのだろうが、正直なところここまでキャラクターが違うとは予想できなかった。

「スヴァルトピレン401」の走行シーン
アップハンドルと着座位置のバランスも良く、長時間乗っても疲れなさそう

そして、最もフィーリングの差異が大きかったのがコーナーリング。フロントに荷重をかけてクイックに曲がる「390DUKE」に対して、「スヴァルトピレン401」は高い位置のシートに荷重し、バンクさせてリアタイヤを軸に曲がって行く印象。シートに荷重した際の反応は鋭く、よく曲がるのは共通するがハスクバーナのほうがトラディショナルなハンドリングだ。

「スヴァルトピレン401」の走行シーン
クイックに曲がる点は共通するものの、曲がり方のキャラクターは全く別物
「スヴァルトピレン401」の走行シーン
しっかりリアタイヤに荷重して曲がる感覚は、長くバイクに乗ってきたベテランライダーにとっては乗りやすいものだろう

同じ素性を持ちながら、外観も走りもヤンチャさの強い「390DUKE」に対して、見た目も走行フィーリングも落ち着いた印象の「スヴァルトピレン401」。それでいて、基本的な走行性能は同じなので、その気になれば相当な速さを味わうことができるのも、このマシンの魅力だ。街中をゆったり流すのも、ワインディングをキビキビ走らせるのも、どちらも似合う大人のマシンだ。

フォトギャラリー

ハスクバーナ スヴァルトピレン401

車両価格(消費税込み) 68万円

お問い合わせ先

ハスクバーナモーターサイクルズジャパン
公式サイト

文/増谷茂樹

<p>パイプを複雑に組み合わせたトレリスフレームも兄弟モデルと共通</p>

パイプを複雑に組み合わせたトレリスフレームも兄弟モデルと共通

<p>エンジンは373ccの水冷単気筒。44PSを発揮しなかなかパワフルだ</p>

エンジンは373ccの水冷単気筒。44PSを発揮しなかなかパワフルだ

<p>クラシックとモダンが融合したデジタル式のシングルタイプのメーター</p>

クラシックとモダンが融合したデジタル式のシングルタイプのメーター

<p>ブラックにペイントされたマフラーにハスクバーナのロゴが光る</p>

ブラックにペイントされたマフラーにハスクバーナのロゴが光る

<p>倒立フロントフォークに、ブレーキはラジアルマウントのシングルディスク</p>

倒立フロントフォークに、ブレーキはラジアルマウントのシングルディスク

<p>アップタイプのハンドルに補強のブレースが装備される</p>

アップタイプのハンドルに補強のブレースが装備される

<p>大きめのブロックを組み合わせたようなユニークなタイヤを履く</p>

大きめのブロックを組み合わせたようなユニークなタイヤを履く

<p>「ヴィットピレン」と同じく曲面と直線を組み合わせた造形のタンクだが、上面にはキャリアが装備される</p>

「ヴィットピレン」と同じく曲面と直線を組み合わせた造形のタンクだが、上面にはキャリアが装備される

<p>高い位置に設定されたシートも兄弟モデルと共通。ただ、こちらは前後分割式となる</p>

高い位置に設定されたシートも兄弟モデルと共通。ただ、こちらは前後分割式となる

  1. 3
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop