>> この記事の先頭に戻る

ボディサイズは全長4760mm、全幅1850mm、全高1435mmと、先代より全長を125mm延伸、全高は45mm低く下げることで伸びやかさを演出している。全幅は日本の一般的な立体駐車場に配慮して15mm縮小し、1850mmに収められた。またPHEVモデルであっても他のガソリンモデルと同等のトランクルーム容量を確保している。

インテリアはダッシュパネル中央に配した9インチのタッチスクリーン式センターディスプレイに基本機能を集約。物理スイッチを必要最低限に絞ったシンプルなものだ。それでいて流木のもつナチュラルな風合いをイメージしたドリフトウッドパネルや肌触りの柔らかなレザーシートなど、スカンジナビアンデザインによって上質感を演出している。

パワートレインは、フロントにスーパーチャージャーとターボチャージャーという2つの過給器を備えた2リッター4気筒ターボエンジンと始動と発電をかねた小型モーターを組み合わせる。最高出力は253ps、最大トルク350Nmを発生。リアには87ps/240Nmを発生するモーターを搭載。前輪を内燃エンジンが、後輪をモーターがそれぞれ駆動する4WD方式だ。バッテリー容量は12.2kWhでEV走行可能距離は48.2kmだ。

ボルボS60

ハイブリッドなら深夜早朝でも近所迷惑にならない

T6ツインエンジンでは、シフトセレクターがスウェーデン・オレフィス社製のクリスタルを用いた専用品になる。コクっと手前にひきDレンジにいれて走り出す。走行モードは「ハイブリッド」、ガソリンエンジンとモーターを同時に使用する「パワー」、可能な限りEV走行をする「ピュア」、4輪に最適にトルク配分する「AWD」が選べるが、通常はハイブリッドが最適だ。

バッテリー残量が十分であれば、スタート時から積極的にEV走行を行う。そして高速道路でも125km/hまで解除されない仕組みになっている。またセンターディスプレイ内にある車両機能で、バッテリー残量を保持する「ホールド」機能やエンジンを作動し積極的に充電する「チャージ」機能を使うことも可能だ。深夜早朝に最低限のバッテリー残量をホールドしておき、EV走行で静かに帰宅するような使い方もできるだろう。

いまこのクラスのセダンというと、メルセデス・ベンツCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4という「ジャーマン3」が圧倒的なシェアを誇っている。メルセデスにはC350eアヴァンギャルドが、BMW3シリーズには330e M SportというPHEVモデルも存在するが、最新のボルボはひと味違う。そろそろボルボ、そろそろPHEVと思わせてくれる異彩を放つ存在だ。



文/藤野太一 写真/柳田由人 編集/iconic

<p>ラインナップは190psの2リッターエンジンを積むT4モメンタム(489万円)、254psのT5インスクリプション(614万円)、ハイブリッドのT6ツインエンジン AWD インスクリプション(779万円)となる。写真はT5インスクリプション。</p>

ラインナップは190psの2リッターエンジンを積むT4モメンタム(489万円)、254psのT5インスクリプション(614万円)、ハイブリッドのT6ツインエンジン AWD インスクリプション(779万円)となる。写真はT5インスクリプション。

<p>北欧神話のトール神がもつハンマーをモチーフとしたというT字型のLEDヘッドライトやCが向かい合った形状のLEDテールランプを備える。ちなみにS60は2018年より稼働するアメリカ・サウスカロライナにあるチャールストン工場で最初に生産されるボルボでもある。</p>

北欧神話のトール神がもつハンマーをモチーフとしたというT字型のLEDヘッドライトやCが向かい合った形状のLEDテールランプを備える。ちなみにS60は2018年より稼働するアメリカ・サウスカロライナにあるチャールストン工場で最初に生産されるボルボでもある。

<p>ダンパー減衰力を最適に調整してくれる、電子制御式減衰力調整システムのFOUR-CアクティブパフォーマンスシャーシーをT5のみにオプション設定する。</p>

ダンパー減衰力を最適に調整してくれる、電子制御式減衰力調整システムのFOUR-CアクティブパフォーマンスシャーシーをT5のみにオプション設定する。

<p>先進の安全・運転支援機能(インテリセーフ)を標準装備。V60から導入された「対向車線対応機能」も備わった。</p>

先進の安全・運転支援機能(インテリセーフ)を標準装備。V60から導入された「対向車線対応機能」も備わった。

<p>センターディスプレイは赤外線方式のタッチスクリーンを採用することで、手袋をしたままでも操作することができる。直感的な操作が可能なインフォテインメントシステム(センサス)を備えている。</p>

センターディスプレイは赤外線方式のタッチスクリーンを採用することで、手袋をしたままでも操作することができる。直感的な操作が可能なインフォテインメントシステム(センサス)を備えている。

<p>上級モデルの90シリーズと同機能を備えたフロントシートが装着された。マッサージ機能やベンチレーションなどの快適機能も充実。</p>

上級モデルの90シリーズと同機能を備えたフロントシートが装着された。マッサージ機能やベンチレーションなどの快適機能も充実。

<p>リアシートは60:40の分割可倒式を採用。パッケージオプション(T4はクライメート・パッケージ、T5とT6はプラス・パッケージ)を選択するとリアにもシートヒーターが備わる。</p>

リアシートは60:40の分割可倒式を採用。パッケージオプション(T4はクライメート・パッケージ、T5とT6はプラス・パッケージ)を選択するとリアにもシートヒーターが備わる。

<p>T4とT5には2リッター直噴ガソリンターボを積む。出力などが異なり、T4は最高出力190ps/最大トルク300Nm、T5は254ps/350Nmとなる。</p>

T4とT5には2リッター直噴ガソリンターボを積む。出力などが異なり、T4は最高出力190ps/最大トルク300Nm、T5は254ps/350Nmとなる。

<p>充分なスペースと機能性を備えるラゲッジルームは、PHEVモデルにおいてもも妥協なし。</p>

充分なスペースと機能性を備えるラゲッジルームは、PHEVモデルにおいてもも妥協なし。

<p>ダイヤモンドカット/ブラックの19インチ 5ダブルスポーク アルミホイールはオプション設定。</p>

ダイヤモンドカット/ブラックの19インチ 5ダブルスポーク アルミホイールはオプション設定。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop