家族サービスの土曜日。大人の男の洒脱な休日カジュアルを! 家族サービスの土曜日。大人の男の洒脱な休日カジュアルを!

>> この記事の先頭に戻る

ボディサイズは、イマドキのモデル、そしてSUVとしても珍しい5ナンバーサイズ。具体的には、全長3995mm、全幅1695mm、全高1620mmとし、5ドアスタイルとしている。個人的には、この全長が4m未満であることに対して、フェリー乗船料金が全長4mを境に大きく変わることから、貧乏だった学生時代、全長4m未満を条件に中古ハッチバックを探していたことを思い起こさせ、懐かしい気もした。

ただ、あの頃と大きく違うのは、そんなボディサイズ感であっても、キャビンはあの頃よりも広がっており、ゆとりが存在することだ。リアシートは前後シートのディスタンスを900mmとして足下スペースにゆとりを与え、さらにラゲッジルームもリアシート使用時でも369リッターの容量を備えた上に、さらに2WDともなればデッキボード下にスペースをプラスして449リッター(4WDは407リッター)を確保。「これでいいんじゃない?」どころか「これで十分でしょ」を感じさせる仕立てとなっている。

圧倒的なコストパフォーマンス

ダイハツ・ロッキー/トヨタ・ライズ試乗
エンジンは1リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載。最高出力は98ps、最大トルクは140Nmを発揮する。燃費はJC08モードで1リッターあたり23.4kmを実現しており、ダイハツ調べではガソリン車の小型SUVではもっとも低燃費だという。

コンパクトなモデルゆえに、走りに物足りなさを感じるだろうと思いきや、ロッキー/ライズに搭載されたエンジンの1リッターターボは、カットビユニットと表現したくなるような元気の良さを持っており、新型CVTとの協調制御もあって、はっきりいってパワフル。「ここまでのパワーは不要では?」と思えるほどに、パワフル。ハンドリングも、どちらかといえば……、ではなく、完全にスポーティテイストで、そのためにサスペンションも硬め。といっても、不快感を覚えさせるようなレベルではなく、元気のいいハッチバックを運転している、もしくは乗っている印象だ。

4WDシステムは、ダイハツオリジナル制御を採用したダイナミックトルクコントロール4WDと呼ばれるオンディマンド式を採用。通常はFFで走行し、必要に応じてリアへもトルクを伝達するシステムだ。たとえば、スノードライブといったシーンでは傾斜角を計測し、また路面μを予め想定して、それに応じた前後トルク配分が行われる。タイヤが滑ってから慌てて4WDモードに切り替わるわけではないので安定した走行が可能になっている。ちなみに、駆動や制御を切り替えるスイッチはあえて採用せず。路面状況をクルマが判断して理想の駆動を提供し、ドライバーはステアリングに集中していられるというメリットがある。

ついつい期待してしまう悪路走破性は、最低地上高が185mmに止められていること、ボディクリアランスも含めて、ほどほどといったレベル。しかし、それでも乗用車と比較すれば、河原や林道、キャンプ場といったシーンへのアクセスは楽々にできるし、安心感はすこぶる高い。ちなみに、このレベルの4WDシステムは、もう少し上のクラスに搭載されるユニット。この価格帯のモデルとの組み合わせはハッキリ言って贅沢であり、そういった面からも4WDモデルに魅力を感じる。

ダイハツ・ロッキーのボディをチェック(写真3枚)

<p>タントに続くDNGA 第2弾となるダイハツ・ロッキー。DNGAにより5ナンバーながら広い室内空間と大容量のラゲージを備える。ボディサイズは全長3995×全幅1695×全高1620mm。</p>

タントに続くDNGA 第2弾となるダイハツ・ロッキー。DNGAにより5ナンバーながら広い室内空間と大容量のラゲージを備える。ボディサイズは全長3995×全幅1695×全高1620mm。

<p>DNGAの恩恵により、17インチと大径タイヤながら、最小回転半径は5mを実現。取り回しにも優れている。</p>

DNGAの恩恵により、17インチと大径タイヤながら、最小回転半径は5mを実現。取り回しにも優れている。

<p>荷室容量は369L。2WDモデルではデッキボード下にも80Lを収納でき、449Lを積載可能(4WDの場合407L)。</p>

荷室容量は369L。2WDモデルではデッキボード下にも80Lを収納でき、449Lを積載可能(4WDの場合407L)。

<p>展開するグレードはL、X、G、Premiumの4種類。それぞれに2WD モデルと4WDモデルが設定しており、32車種になる。価格は170万5000円から。</p>

展開するグレードはL、X、G、Premiumの4種類。それぞれに2WD モデルと4WDモデルが設定しており、32車種になる。価格は170万5000円から。

<p>写真はトヨタ・ライズ。ダイハツ・ロッキーと中身は同じであり、外装やバッジが異なる。</p>

写真はトヨタ・ライズ。ダイハツ・ロッキーと中身は同じであり、外装やバッジが異なる。

  1. 2
3

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop