「新車縛り」を捨てれば予算400万円でこんな高級車に乗れる【家族構成別オススメ9台】

Facebook
Twitter
新車縛りを捨てれば、予算400万円でこんな高級車に乗れる!【家族構成別オススメ9台】
新車へのこだわりをなくせば、ワンランクどころか2ランク上のカーライフが見えてくる。

日本人は「中古嫌い」で大損しているかも!?

家族構成別にオススメの1台、そして今、注目のクルマをセレクトする不定期連載。今回は、中古車に対象を絞って、いつものとおり「ファミリー」、「カップル」、「シングル」の家族構成別でおすすめを3台ずつ選出した。

その結果、「予算400万円で新車」だと考えられない高級車がラインナップとなった。さっそく順にフォトギャラリーで見ていこう。

<p><strong>シトロエン C6(2005年~2012年):230万円~</strong><br />
二度と手に入らないクルマを購入できるのも中古車の大きなメリット。生産が終了している上に、今後二度と世に出ないとまで言われる素晴らしいデザインのサルーンがシトロエンのC6である。元々個性的なクルマを得意とするシトロエンが2005年~2012年まで作ったモデルで、新車価格は約700万円という高級車である。先進的すぎたせいか新車販売台数が伸びなかったため、希少性も高く、またそれが理由で中古車価格も上がり気味。こういうクルマでのドライブならどこへいってもドラマチックになることだろう。</p>

シトロエン C6(2005年~2012年):230万円~
二度と手に入らないクルマを購入できるのも中古車の大きなメリット。生産が終了している上に、今後二度と世に出ないとまで言われる素晴らしいデザインのサルーンがシトロエンのC6である。元々個性的なクルマを得意とするシトロエンが2005年~2012年まで作ったモデルで、新車価格は約700万円という高級車である。先進的すぎたせいか新車販売台数が伸びなかったため、希少性も高く、またそれが理由で中古車価格も上がり気味。こういうクルマでのドライブならどこへいってもドラマチックになることだろう。

<p><strong>フォード エクスプローラー(2012年~2015年):310万円~</strong><br />
日本では不遇なアメリカ車勢だが、ことSUVに関しては発祥ということもあり魅力的なモデルが多い。シートはフカフカ、ハンドルやアクセルも軽く操作するだけで済むなど、広い国土を走り回るアメリカ人向けの仕様なのでとにかく快適性が高い。中でもお薦めはフォードが2012年から作っていたエクスプローラー。エコブーストと呼ばれる高燃費エンジンを積み、全長5m越えで車内も広々、もちろん3列シートの7人乗りだ。アメリカンプロダクトのデザインを好む人に刺さる見た目、そして中身も大まじめのイチオシSUVである。</p>

フォード エクスプローラー(2012年~2015年):310万円~
日本では不遇なアメリカ車勢だが、ことSUVに関しては発祥ということもあり魅力的なモデルが多い。シートはフカフカ、ハンドルやアクセルも軽く操作するだけで済むなど、広い国土を走り回るアメリカ人向けの仕様なのでとにかく快適性が高い。中でもお薦めはフォードが2012年から作っていたエクスプローラー。エコブーストと呼ばれる高燃費エンジンを積み、全長5m越えで車内も広々、もちろん3列シートの7人乗りだ。アメリカンプロダクトのデザインを好む人に刺さる見た目、そして中身も大まじめのイチオシSUVである。

<p><strong>トヨタ ランドクルーザー(2007年~):350万円~</strong><br />
海外で人気のある国産車を挙げると、かならず名前が挙がる「ランクル」ことランドクルーザー。新車価格は約520万円~となっているが、発売期間が長いことから中古車であれば300万円半ば~後半で購入できてしまう。車内は高級かつ快適で、3列シートで7人乗り。燃費性能は約7km/Lとお世辞にも良いとは言えないが、そこに目をつぶれば海、山などアクティブな遊びを楽しむ家族にとっては最強のファミリカーとなるだろう。ただし、全長は約5mなので、お父さんが専任運転手となる可能性は非常に高いのでご注意を。</p>

トヨタ ランドクルーザー(2007年~):350万円~
海外で人気のある国産車を挙げると、かならず名前が挙がる「ランクル」ことランドクルーザー。新車価格は約520万円~となっているが、発売期間が長いことから中古車であれば300万円半ば~後半で購入できてしまう。車内は高級かつ快適で、3列シートで7人乗り。燃費性能は約7km/Lとお世辞にも良いとは言えないが、そこに目をつぶれば海、山などアクティブな遊びを楽しむ家族にとっては最強のファミリカーとなるだろう。ただし、全長は約5mなので、お父さんが専任運転手となる可能性は非常に高いのでご注意を。

<p><strong>BMW 6シリーズ(2011年~2017年):360万円~</strong><br />
新車では買えないモデルを手に入れる中古車の醍醐味を味わいつつ、夫婦二人で優雅なドライブを楽しみたいなら高級2ドアクーペがお薦めである。ならば推したいのはBMWの6シリーズ。4ドアのオープンモデルもあるが、ここはあえて贅沢に2枚ドアのクーペを選びたい。2011年から2017年まで発売された3世代目モデルは新車価格約900万円の高級クーペだが、現在は400万円以下から探すことができる。荷物をリアシートに積んでのドライブはもちろん、乗り降りは不便だが後席もしっかり実用的。こちらもポイントが高い。</p>

BMW 6シリーズ(2011年~2017年):360万円~
新車では買えないモデルを手に入れる中古車の醍醐味を味わいつつ、夫婦二人で優雅なドライブを楽しみたいなら高級2ドアクーペがお薦めである。ならば推したいのはBMWの6シリーズ。4ドアのオープンモデルもあるが、ここはあえて贅沢に2枚ドアのクーペを選びたい。2011年から2017年まで発売された3世代目モデルは新車価格約900万円の高級クーペだが、現在は400万円以下から探すことができる。荷物をリアシートに積んでのドライブはもちろん、乗り降りは不便だが後席もしっかり実用的。こちらもポイントが高い。

<p><strong>アウディ TT(2015年~):240万円~</strong><br />
運転を楽しみつつ車内も快適。見た目も内装も上質かつ個性的。そんな条件を満たすのはおのずと高級車になってしまうが、中古車なら探すことは可能。新車価格約420万円~のアウディ TTはどうだろう。1998年に登場した初代モデルはアウディデザインの素晴らしさを世界にアピールすることに成功し、狙いの2代目モデルは2015年から登場。一般的に内装の善し悪しは素人には分かりにくいものだが、アウディの場合は操作感や質感からその違いが伝わる。後席は乗車には向かないが荷物置きとして便利で、倒すと荷室も広く使える。</p>

アウディ TT(2015年~):240万円~
運転を楽しみつつ車内も快適。見た目も内装も上質かつ個性的。そんな条件を満たすのはおのずと高級車になってしまうが、中古車なら探すことは可能。新車価格約420万円~のアウディ TTはどうだろう。1998年に登場した初代モデルはアウディデザインの素晴らしさを世界にアピールすることに成功し、狙いの2代目モデルは2015年から登場。一般的に内装の善し悪しは素人には分かりにくいものだが、アウディの場合は操作感や質感からその違いが伝わる。後席は乗車には向かないが荷物置きとして便利で、倒すと荷室も広く使える。

<p><strong>フォルクスワーゲン アルテオン(2017年~):380万円~</strong><br />
どんなにSUV人気が高まっても王道であるセダンボディを求める人は多い。そういう人に薦めたいのがフォルクスワーゲンのフラッグシップのアルテオン。まず第一に希少性という武器がある。他のドイツ系セダンのように、街中で同じクルマにすれ違うことはまずない。カタチもクーペ風で美しく個性的。中身は当然フォルクスワーゲンらしく質実剛健そのもので、全長4865mmながら2リッターの小排気量エンジンなので13.3km/Lと燃費性能も優秀。駆動方式も4WDと遊び心があるようで鉄板仕様なのである。</p>

フォルクスワーゲン アルテオン(2017年~):380万円~
どんなにSUV人気が高まっても王道であるセダンボディを求める人は多い。そういう人に薦めたいのがフォルクスワーゲンのフラッグシップのアルテオン。まず第一に希少性という武器がある。他のドイツ系セダンのように、街中で同じクルマにすれ違うことはまずない。カタチもクーペ風で美しく個性的。中身は当然フォルクスワーゲンらしく質実剛健そのもので、全長4865mmながら2リッターの小排気量エンジンなので13.3km/Lと燃費性能も優秀。駆動方式も4WDと遊び心があるようで鉄板仕様なのである。

<p><strong>ポルシェ ボクスター(2012年~2016年):380万円~</strong><br />
一人で走りを楽しむスポーツモデル、しかも高性能で400万円以下。この条件なら3代目のボクスターで決まりである。王道911の廉価版と誤解している人も多いが、ボクスターは2座のミッドシップレイアウトで、スポーツカーとしての素性はむしろ高いと指摘する評論家もいるほど。欠点はあくまで2人乗り、荷室もフロントに小さいスペースが用意されているだけなので、利便性は低い。しかしそれを犠牲にしているからこそ軽快な本格スポーツ走行が楽しめるのだ。一人メインで割り切れるのであれば、絶対に後悔しない買い物になるだろう。</p>

ポルシェ ボクスター(2012年~2016年):380万円~
一人で走りを楽しむスポーツモデル、しかも高性能で400万円以下。この条件なら3代目のボクスターで決まりである。王道911の廉価版と誤解している人も多いが、ボクスターは2座のミッドシップレイアウトで、スポーツカーとしての素性はむしろ高いと指摘する評論家もいるほど。欠点はあくまで2人乗り、荷室もフロントに小さいスペースが用意されているだけなので、利便性は低い。しかしそれを犠牲にしているからこそ軽快な本格スポーツ走行が楽しめるのだ。一人メインで割り切れるのであれば、絶対に後悔しない買い物になるだろう。

<p><strong>ボルボ V40 クロスカントリー(2012年~2019年):160万円~</strong><br />
予算を抑え気味にして、都市部で使えて時には遊びにも使えるお洒落なクルマ。その条件を満たすクルマの中でお薦めしたいのはボルボ V40のクロスカントリー。まず4WD仕様で行動範囲がグっと広がる。そして最新モデルよりは劣るものの、それでも安全性は非常に高い。ボルボという嫌みのないブランドカラーも推しの理由だ。このクロスカントリーはすでに販売が終了しており、ベースとなるV40も今年いっぱいで生産が終了する。値段に対する性能の高さでクルマを選ぶ人にはピッタリのクルマだろう。</p>

ボルボ V40 クロスカントリー(2012年~2019年):160万円~
予算を抑え気味にして、都市部で使えて時には遊びにも使えるお洒落なクルマ。その条件を満たすクルマの中でお薦めしたいのはボルボ V40のクロスカントリー。まず4WD仕様で行動範囲がグっと広がる。そして最新モデルよりは劣るものの、それでも安全性は非常に高い。ボルボという嫌みのないブランドカラーも推しの理由だ。このクロスカントリーはすでに販売が終了しており、ベースとなるV40も今年いっぱいで生産が終了する。値段に対する性能の高さでクルマを選ぶ人にはピッタリのクルマだろう。

<p><strong>プジョー RCZ(2010年~2015年):190万円~</strong><br />
クルマ選びの最重要項目に「デザイン」を挙げる人は圧倒的に多い。にもかかわらず街に埋没してしまう残念なクルマが多い昨今だが、とびきり目立つクルマもごく少数存在していた。もう新車で買えないのだから中古車でリーズナブルに買うというのは賢い選択だろう。スポーツモデルであればプジョーのRCZだ。説明は特に必要ないだろう。とにかく際立って美しくカッコイイ。人によっては1000万円以上のクルマにも見えるらしい。ちなみに新車価格は約400万円~。MTモデルの仕様もあるピュアなスポーツモデルなので走りも秀逸。</p>

プジョー RCZ(2010年~2015年):190万円~
クルマ選びの最重要項目に「デザイン」を挙げる人は圧倒的に多い。にもかかわらず街に埋没してしまう残念なクルマが多い昨今だが、とびきり目立つクルマもごく少数存在していた。もう新車で買えないのだから中古車でリーズナブルに買うというのは賢い選択だろう。スポーツモデルであればプジョーのRCZだ。説明は特に必要ないだろう。とにかく際立って美しくカッコイイ。人によっては1000万円以上のクルマにも見えるらしい。ちなみに新車価格は約400万円~。MTモデルの仕様もあるピュアなスポーツモデルなので走りも秀逸。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Jan.&Feb. VOL.308

1・2

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop