>> この記事の先頭に戻る

半自動運転(ACC)を試す

高速道路の全行程を手動にて運転しても構わないのだが、やや混雑している高速道路を手動で運転してもハッキリ言って特に面白くはないため(それはV40だろうがポルシェ911だろうが同じことだ)、全車速追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を活用した「半自動運転」を本日午前の基本に据えることとする。

もはや大半の人がご存じだろうが、アダプティブ・クルーズ・コントロールというのは、とりあえず車速さえセットしておけば、あとはクルマが勝手に前方の車両を追従し、加速や減速を勝手に行ってくれるという便利なアレである。

とはいえその性能やタッチは各社各様で、あまりデキのよろしくないACCだと、運転がラクになるどころか逆にストレスフルになったりもする。

だがボルボV40クロスカントリーの最終世代に搭載されているACCは非常に自然かつ正確であるため、「ストレス」とはほぼ無縁。その精度となめらかさは、筆者が自家所有するスバル車に採用されている「アイサイトver.3」とほぼ同等と思われた。そして設定可能な車速の範囲に関してはアイサイトを大幅に上回っている。

ボルボV40クロスカントリーの最終世代に搭載されているACCは非常に自然
高速道路で重宝するのが今や当たり前になりつつあるACC。昔で言うクルーズコントロールの進化版で、車速、前後との車間距離を設定して、アクセルとブレーキ操作をほぼ自動で行ってくれる。

佐野ラーメンの名店「おぐら屋」

なんてことをチェックしながら走っているとあっという間に佐野ICに到着したため、ひとまずACCをOFFにし、一般道にて「佐野ラーメンの名店」を目指す。

本当は以前2回ほど訪問した小規模名店に行きたかったのだが、生来の方向音痴が祟ってその場所を完全に失念。仕方なく……というわけでもないのだが、超有名店である「おぐら屋」へ行くことに。

週末は超大混雑しているためなかなか入りづらい「おぐら屋」だが、この日は平日ということもあって、少々並んだだけで入店できた。「青竹手打ち麺と透き通ったスープ」という佐野ラーメンならではの仕様はやはり美しく、そして美味でもある。・・・ごちそうさまでした。

「おぐら屋」のラーメンと餃子をチェック!

<p>現在はラインナップから外れているV40のクロスカントリー。車高を上げて今人気のクロスオーバースタイルとなっている。</p>

現在はラインナップから外れているV40のクロスカントリー。車高を上げて今人気のクロスオーバースタイルとなっている。

<p>様々な安全デバイスを標準で備えるボルボ。V40シリーズも価格帯はラインナップでも低めだが、機能性は上位モデルとほぼ同等。駐停車など、運転が苦手なひとをしっかりとサポートしてくれる。</p>

様々な安全デバイスを標準で備えるボルボ。V40シリーズも価格帯はラインナップでも低めだが、機能性は上位モデルとほぼ同等。駐停車など、運転が苦手なひとをしっかりとサポートしてくれる。

<p>前後左右をカメラやセンサーで監視して運転をサポート。ボルボ車による死亡事故を0にすることを目標とするボルボは様々な新しい装備を研究。日本では需要は低いかもしれないが、モデルによっては大型動物との接触事故を軽快する機能なども備えている。</p>

前後左右をカメラやセンサーで監視して運転をサポート。ボルボ車による死亡事故を0にすることを目標とするボルボは様々な新しい装備を研究。日本では需要は低いかもしれないが、モデルによっては大型動物との接触事故を軽快する機能なども備えている。

<p>今回、餃子と共にお目当てだった人気店「おぐら屋」。佐野ラーメンの中でも特に透明度の高いスープで頂く。</p>

今回、餃子と共にお目当てだった人気店「おぐら屋」。佐野ラーメンの中でも特に透明度の高いスープで頂く。

<p>「おぐら屋」の所在地は栃木県佐野市出流原町993-1。できれば平日がおすすめだ。</p>

「おぐら屋」の所在地は栃木県佐野市出流原町993-1。できれば平日がおすすめだ。

<p>ご存知、餃子天国でもある宇都宮。有名店をはじめ、高速道路のPAから街中までどこでも美味しい餃子が頂ける。</p>

ご存知、餃子天国でもある宇都宮。有名店をはじめ、高速道路のPAから街中までどこでも美味しい餃子が頂ける。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop