>> この記事の先頭に戻る

2019春夏新作の「印象に残る、ニュートラルな色使い」とは——?

サンタニエッロ 2019年春夏のコレクション

ピッティ会場で、2019年春夏のコレクションについてアントニオ・サンタニエッロ氏に尋ねると、こんな答えが返ってきた。

「洋服のすべては素材や生地から始まります。しかしもっと遡れば、それは”色”につながるんだと思います。そのイメージは、自分が小さい頃、飴やキャラメルをしまっていた古いブリキ箱の思い出に似ていて、どこか色褪せていて、霞の中にぼんやりとあるような、”物体”としてではない曖昧なもの。またそうした色は、水彩絵の具を溶かしたとき、一色にとどまることなく、色褪せたり、重なったりして美しく変化していく感じにも似ています。そんな色調の美しさを、服で表現したいと思いました」

サンタニエッロ 2019年春夏のコレクション
サンタニエッロ 2019年春夏のコレクション
サンタニエッロ 2019年春夏のコレクション

上の写真のように、会場で発表された新作ジャケットやパンツたちは、自然の色合いが絵の具のカラーパレットのように、美しいグラデーションを描いていたのが印象的だった。

「ニュートラルで裸の状態の繊維や生地が、透明感があり、滑らかな水彩絵の具で染められていったら、どうなっていくでしょう? ニュートラルな色には、淡さ、明るさ、汚れのないナチュラルさがあります。これらのニュートラルな生地は、異なる素材をブレンドしたり、二度染めしたり、洗いをかけたり、プリントをのせたりしていくことで、空の雲、水面に映る花、早朝の澄んだ空、陽射しのイエロー、大地の土……というように、透明感がありながら、不均一な美しさを纏っていくのです。」

透明感ある、サンタニエッロの色、生地へのこだわり(写真4枚)



サンタニエッロ 2019年春夏のコレクション

「今季は、ソラーロにも注目しています。ソラーロというファブリックは、自然な印象があるので、その他のナチュラルな色と合わせても、非常に温かみある印象を作ることができます。錆のような深みのある土の色や、インクブルーのような美しい色を作りたいと思い、長年研究を重ねてきた生地のアーカイブを参考にしながら、これだ!と思う色を作りだすことが出来ました。」

レンガ色やインク色、ソラーロファブリックの美しさにも注目!(写真9枚)

グリーンとブラウンが混ざり合った、複雑味あるカラートーン。

グリーンとブラウンが混ざり合った、複雑味あるカラートーン。

あいまいなトーンの、草木のイメージカラー。

あいまいなトーンの、草木のイメージカラー。

上下を、同系トーンでコーディネートしたイメージが分かりやすい。

上下を、同系トーンでコーディネートしたイメージが分かりやすい。

土色や、錆のような色にも注目。

土色や、錆のような色にも注目。

珍しい、グリーン系のソラーロジャケットもあった。

珍しい、グリーン系のソラーロジャケットもあった。

裏返すと、水彩絵の具を溶かしたインクのような色。パンツは、ジャカードとペーンを組み合わせた生地も面白い。

裏返すと、水彩絵の具を溶かしたインクのような色。パンツは、ジャカードとペーンを組み合わせた生地も面白い。

二度染めしているので、最初に染めたブルーが表にうっすらと浮き出てくる。

二度染めしているので、最初に染めたブルーが表にうっすらと浮き出てくる。

シルク混のソラーロパンツ。コットンとシルクを混ぜているので、シルクの部分が染まらずに柄が浮き出てくる。

シルク混のソラーロパンツ。コットンとシルクを混ぜているので、シルクの部分が染まらずに柄が浮き出てくる。

ブラウン系のソラーロ。

ブラウン系のソラーロ。

裏は赤土色。

裏は赤土色。

表も裏も、暖かな印象になる。

表も裏も、暖かな印象になる。

ほのかに裏の赤が感じられる。

ほのかに裏の赤が感じられる。

シルク混のソラーロパンツ。コットンとシルクを混ぜているので、シルクの部分が染まらずに柄が浮き出てくる。

シルク混のソラーロパンツ。コットンとシルクを混ぜているので、シルクの部分が染まらずに柄が浮き出てくる。

資料室は、几帳面に過去の染色生地データがファイリングされている。

資料室は、几帳面に過去の染色生地データがファイリングされている。

「いつ、どんな生地を作ったか」というアーカイブデータは、アントニオ氏の頭の中にも……

「いつ、どんな生地を作ったか」というアーカイブデータは、アントニオ氏の頭の中にも……

なので、思いついたら、探したい年のデータがすぐに引っ張り出せるというわけだ。

なので、思いついたら、探したい年のデータがすぐに引っ張り出せるというわけだ。

微妙な色のバランス違いでたくさんのデータが。

微妙な色のバランス違いでたくさんのデータが。

どんな糸を混紡したかとか、糸の混率なども重要。

どんな糸を混紡したかとか、糸の混率なども重要。

詳細にメモがとってある!

詳細にメモがとってある!

1つ1つのサンプル生地に、これだけ詳細に書いてあるのがすごい。

1つ1つのサンプル生地に、これだけ詳細に書いてあるのがすごい。

こちらはグレンチェック。糸も貼ってある。

こちらはグレンチェック。糸も貼ってある。

ブラウン系の生地も。糸の混ぜ方についても、しっかりメモ!

ブラウン系の生地も。糸の混ぜ方についても、しっかりメモ!

こちらは「研究室」と呼んでいる、実験的なスペース。

こちらは「研究室」と呼んでいる、実験的なスペース。

ここにもファブリックアーカイブが多数。

ここにもファブリックアーカイブが多数。

毎シーズン、多数の染色サンプルを作成する。

毎シーズン、多数の染色サンプルを作成する。

過去のアーカイブを失敗作も含め、陳列して次シーズンの色味を考える。

過去のアーカイブを失敗作も含め、陳列して次シーズンの色味を考える。

この作業も、とても重要だ。

この作業も、とても重要だ。

凹凸感がある、ネイビーやベージュの混ざり具合が絶妙!

凹凸感がある、ネイビーやベージュの混ざり具合が絶妙!

シアサッカーもブルートーンの多色ストライプだと涼しげ。

シアサッカーもブルートーンの多色ストライプだと涼しげ。

単純なネイビーと見せかけて、実はいろいろなネイビーが混在しており、奥行きがある。

単純なネイビーと見せかけて、実はいろいろなネイビーが混在しており、奥行きがある。

オフ白、オレンジ、グレー系の美しいネップ調ウインドウペーン。

オフ白、オレンジ、グレー系の美しいネップ調ウインドウペーン。

肩は、ほんのり雨降らし袖。

肩は、ほんのり雨降らし袖。

胸ポケは、優しくバルカ調。

胸ポケは、優しくバルカ調。

腰ポケットも同様に。

腰ポケットも同様に。

手を入れやすい形。

手を入れやすい形。

こちらはパンツ用の工場で、70人以上が勤務。

こちらはパンツ用の工場で、70人以上が勤務。

アントニオの叔母さんの、リナさん。

アントニオの叔母さんの、リナさん。

裁断マシーン。

裁断マシーン。

裁断マシーン。

裁断マシーン。

パンツの工程

パンツの工程

マエストロの職人さんが、若手を指導する。

マエストロの職人さんが、若手を指導する。

カットし終えた生地。

カットし終えた生地。

老若男女混じってカッティング。

老若男女混じってカッティング。

マエストロが目の前にいるので、すぐ質問もできる!

マエストロが目の前にいるので、すぐ質問もできる!

アントニオのお父さんも、未だ現役だ。自らアイロンがけ。

アントニオのお父さんも、未だ現役だ。自らアイロンがけ。

若者もカッティングなどを行う。

若者もカッティングなどを行う。

工場一の熟練マエストロ。

工場一の熟練マエストロ。

柄あわせも丁寧に。

柄あわせも丁寧に。

アントニオも、工場に毎日いって監修する。

アントニオも、工場に毎日いって監修する。

スーツのパーツたち。

スーツのパーツたち。

出荷間近のジャケットレーン。直前の検品も念入りに。

出荷間近のジャケットレーン。直前の検品も念入りに。

パンツ職人のお母さんと。

パンツ職人のお母さんと。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop