>> この記事の先頭に戻る

スイスとは真逆に位置する、自然豊かな島

エルバ島
エルバ島は、人口約3万人の、小さな島。

ティレニア海に浮かぶリゾートアイランド、エルバ島。1976年、フリーダイビング界のレジェンド、ジャック・マイヨールが人類史上初めて素潜りで100mをマークしたのが、この島でした。彼が終焉の地に選んだのも、ここでした。

ナポレオン・ボナパルトが、1814年にフランス皇帝からの退位を余儀なくされ、翌年復位するまでの299日をここで過ごしたことも知られています。

エルバ島は、歴史とエピソードに彩られた島でもあるのです。

エルバ島の城の跡地
ナポレオンは、エルバ島で蟄居生活を送っていたそうだ。この城壁を登っていくと、そのナポレオンの住居を海の向こうに眺めることができる。

そんなエルバ島で、なぜロックマンは誕生したのか?

それを探るべく、ファクトリーを訪ねると、「え、マジで?」と我が目を疑う光景が広がっていました。というのは、我々取材チームを乗せた車は、パラソルの花が咲くビーチの脇を通り、何艘ものヨットが係留されているヨットハーバーの前で止まったのです!

驚くなかれ、ロックマンの本社&ファクトリーは、そのヨットハーバーの目の前にあったのです。

ヨットハーバーの目の前に立っているロックマンのファクトリー
ヨットハーバーの目の前に立っているロックマンのファクトリー。

腕時計に関心のある方なら、腕時計の工房と言えば、通常スイスの山村や湖畔、または郊外のファクトリーエリアなどに存在していることをご存知でしょう。ロックマンの場合は、ロケーションからしてスイス・ブランドとは”真逆”。

ロックマン本社社屋
ロックマン本社社屋。

本社社屋も、一見会社然としていないのは、歴史ある建造物をリノベーションして使っているからでしょう。オフィス棟の北隣には、これも歴史ある建物を改装したブティック。南隣のファクトリーは、レストランだった建物を改装して使っているというのにもびっくりです。そのファクトリーの2階には、ロックマンが経営する「コンティキ」というレストランまであるのです。

voice_20180826_locman_7.jpg
ブティックも歴史ある建物を改装。

「でもご心配なく。日本のミツビシの空調システムを導入して、防塵、温度、湿度管理は万全を期していますから」

ロケーションに驚く我々の思いを察したのか、創業者にして現社長のマルコ・マントバーニさんは、笑顔でそう語りながら、私たちを出迎えてくれました。

voice_20180826_locman_8.jpg
海を一望できる工房内を案内するマルコさん。
会社然としていないのがいい、ロックマンの本社オフィス棟。美しい港の目の前、真っ青な空の下に、イエローの壁が映える。

会社然としていないのがいい、ロックマンの本社オフィス棟。美しい港の目の前、真っ青な空の下に、イエローの壁が映える。

本社に併設するブティックも、味のある建物。観光客もよく訪れる。

本社に併設するブティックも、味のある建物。観光客もよく訪れる。

レストランを回想した工房。中が見えないよう反射仕上げになった広い窓には、美しいエルバ島の海が映る。

レストランを回想した工房。中が見えないよう反射仕上げになった広い窓には、美しいエルバ島の海が映る。

フィアット500にペイントを施した社用車「ロックマンカー」もキュート!

フィアット500にペイントを施した社用車「ロックマンカー」もキュート!

工房の窓に反射するヨットハーバー。窓には遮光フィルムが貼られ、外から内部は見えないようになっている。こんな景色を毎日眺めながら時計作りをできるとは、なんて贅沢!

工房の窓に反射するヨットハーバー。窓には遮光フィルムが貼られ、外から内部は見えないようになっている。こんな景色を毎日眺めながら時計作りをできるとは、なんて贅沢!

工房内は、ムーブメントの組み立て部門と、ケーシング・検品部門に分かれている。

工房内は、ムーブメントの組み立て部門と、ケーシング・検品部門に分かれている。

地元を中心に、イタリア人時計師がほとんど。

地元を中心に、イタリア人時計師がほとんど。

スイス・ブランドでキャリアを積んだベテランも在籍。

スイス・ブランドでキャリアを積んだベテランも在籍。

歩度調整も万全の態勢だ。

歩度調整も万全の態勢だ。

「モンテクリスト クロノグラフ」に搭載されるキャリバー。

「モンテクリスト クロノグラフ」に搭載されるキャリバー。

時計学校S.I.O.の丸窓からも海を眺めることができる。

時計学校S.I.O.の丸窓からも海を眺めることができる。

時計学校S.I.O.の内部。教官の手元を拡大し、各デスクでモニターできるシステムも揃っている。

時計学校S.I.O.の内部。教官の手元を拡大し、各デスクでモニターできるシステムも揃っている。

工房の立地はスイスと違っても、整理整頓はスイスと同様。

工房の立地はスイスと違っても、整理整頓はスイスと同様。

フラッグシップモデルの「モンテクリスト」コレクション。

フラッグシップモデルの「モンテクリスト」コレクション。

フォージド・カーボン ケースにカーボンダイヤルを採用した「モンテクリスト カーボン」も人気。

フォージド・カーボン ケースにカーボンダイヤルを採用した「モンテクリスト カーボン」も人気。

300メートル防水のダイバーコレクション「ステルス トレチェントメトリ」。クォーツクロノと自動巻き3針がある。

300メートル防水のダイバーコレクション「ステルス トレチェントメトリ」。クォーツクロノと自動巻き3針がある。

“ファビュラスな1960年代”がコンセプトの「1960」コレクション。シンプルさがいい感じ。

“ファビュラスな1960年代”がコンセプトの「1960」コレクション。シンプルさがいい感じ。

エルバ島と海をこよなく愛するマルコさん。新作時計が出来たら、自身もそれを着用して、マイヨットで海へと繰り出す。

エルバ島と海をこよなく愛するマルコさん。新作時計が出来たら、自身もそれを着用して、マイヨットで海へと繰り出す。

防水なので海上の水しぶきも、何のその!

防水なので海上の水しぶきも、何のその!

新作のトレミラは、3000年先まで使えるようにという思いを込めて作った。明るいカラーベルトは、夏のイタリアの海と相性抜群。

新作のトレミラは、3000年先まで使えるようにという思いを込めて作った。明るいカラーベルトは、夏のイタリアの海と相性抜群。

エルバ島と海を、そしてロックマンの時計をこよなく愛するマルコさん。

エルバ島と海を、そしてロックマンの時計をこよなく愛するマルコさん。

週末は、ロックマンの時計をつけて海に出るのが生きがいだ。

週末は、ロックマンの時計をつけて海に出るのが生きがいだ。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop