>> この記事の先頭に戻る

お茶会では商館時計のコレクターとして名高い大川展功さんが、幕末から明治初期に日本にもたらされたジラール・ペルゴの時計に関する興味深い話を披露されていた。時計好きにとっては、楽しみ多い時間を過ごすことができたのだった。

お茶会の後、さらに数人の有志で、ゼニスやユリス・ナルダンなどを輸入したという、ジェームス・ファブル・ブランドのお墓にもお参りし、近代的な時計の普及に貢献してくれた人々に感謝をささげた。

松山 猛の道楽道(どうらくどう)


関連記事:「ヘビロテしてる1軍ウォッチを3本教えて?」時計王・松山 猛さんの場合

松山 猛 Takeshi Matsuyama

1946年京都生まれ。作家、作詞家、編集者。MEN’S EX本誌創刊以前の1980年代からスイス機械式時計のもの作りに注目し、取材、評論を続ける。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop