>> この記事の先頭に戻る

ステアリングを切り込むと、ほとんどロールを感じさせることなく速やかにクルマが向きを変え始め、出口が見えたところでアクセルを深々と踏み込めば、リアから力強く押し出すようにして加速していく。SUVというフォームでありながら、ハンドリングの切れ味にとことんこだわっているのが、このステルヴィオなのだ。

こうした走りを実現するために、ステルヴィオは後輪駆動及びその派生版としてのAWD用として新開発されたプラットフォーム”ジョルジョ”を、昨年登場したジュリアに続いて採用する。SUVだけに背が高くなり、200mmものロードクリアランスを持つにもかかわらず、ほぼ50:50を実現した前後重量配分、拡大された前後トレッド、ジオメトリーを最適化したアルミ製サスペンション等々により、実測でも同クラスのセダンをも凌ぐほどのロール角の小ささを実現したという。

ハードなサスペンションを採用するのではなく、こうして素性を磨き上げることによって優れたハンドリング特性を得ているだけに、乗り心地が犠牲になっていないのもステルヴィオの美点だ。もっとも、調子に乗ってワインディングロードを攻めていたら、さすがに同乗者はあまり快適ではないかもしれないけれど…。

SUVでもアルファ ロメオらしさはたっぷり

ステルヴィオのエンジン
ファースト エディションには2リッター直4ターボエンジンを搭載する。最高出力は280ps、最大トルクは400N・mで、8速ATと組み合わせる。

エンジンは最高出力280ps、最大トルク400Nmを発生する2リッター ターボ。低回転域から力強いエンジン特性と、8速ATのきめ細かな変速ぶりによって、どんな場面でも意のままになる加速を得ることができる。しかも、高回転域での心地よい伸び感も、しっかり備えているのが嬉しい。

ステルヴィオは全車AWDだが、Q4と呼ばれる電子制御式のそのシステムは、通常はほぼFRとして走行し、必要な時だけ前輪にも駆動力を配分する。コーナー出口で、アンダーステアの心配は無用に躊躇無くアクセルを踏み込んでいけるのは、このQ4のおかげだ。

本格導入の前に登場したのが限定400台のファースト エディション。内外装に特別装備を与え、スタンダードなモデルよりも上質感を高めた仕様となっている。ファースト エディションの車両価格は689万円。

本格導入の前に登場したのが限定400台のファースト エディション。内外装に特別装備を与え、スタンダードなモデルよりも上質感を高めた仕様となっている。ファースト エディションの車両価格は689万円。

ジュリアと共通のプラットフォーム「ジョルジョ」を採用。高い視線を除けば、SUVに乗っていることを忘れさせるほど、軽快なハンドリング。

ジュリアと共通のプラットフォーム「ジョルジョ」を採用。高い視線を除けば、SUVに乗っていることを忘れさせるほど、軽快なハンドリング。

LEDデイタイムランニングライトを備えたバイキセノン式ヘッドライトを中心とした印象的な顔つき。特徴的な盾型のフロントグリルと、バンパー両端に設けられたエアインテークがアルファ ロメオであることを強烈にアピールする。

LEDデイタイムランニングライトを備えたバイキセノン式ヘッドライトを中心とした印象的な顔つき。特徴的な盾型のフロントグリルと、バンパー両端に設けられたエアインテークがアルファ ロメオであることを強烈にアピールする。

有機的なラインを見せるリアスタイル。LEDを採用した横長のテールランプや口径の大きなマフラーはスポーティな雰囲気を漂わす。

有機的なラインを見せるリアスタイル。LEDを採用した横長のテールランプや口径の大きなマフラーはスポーティな雰囲気を漂わす。

全長4690mm×全幅1905mm×全高1680mmというボディサイズ。ホイールベースは2820mmとなる。20インチの5ツインスポークアルミホイールはファースト エディション専用品となる。

全長4690mm×全幅1905mm×全高1680mmというボディサイズ。ホイールベースは2820mmとなる。20インチの5ツインスポークアルミホイールはファースト エディション専用品となる。

シートにはプレミアレザーを採用。写真のレッドのほか、ファースト エディションにはブラック、チョコレート、ベージュが用意されている。

シートにはプレミアレザーを採用。写真のレッドのほか、ファースト エディションにはブラック、チョコレート、ベージュが用意されている。

後席の膝まわりはやや狭く思える。大人でも十分に座れるが、やはりステルヴィオは前席、できれば運転席に座りたくなるクルマだ。

後席の膝まわりはやや狭く思える。大人でも十分に座れるが、やはりステルヴィオは前席、できれば運転席に座りたくなるクルマだ。

シンプルで余計な装飾を押さえたことでデザイン自体の美しさをみせるインパネ。オーソドックスなスイッチの形状や配置となっている。8.8インチディスプレイを採用したインフォテインメントシステムはApple CarPlayやAndroid Autoに対応。

シンプルで余計な装飾を押さえたことでデザイン自体の美しさをみせるインパネ。オーソドックスなスイッチの形状や配置となっている。8.8インチディスプレイを採用したインフォテインメントシステムはApple CarPlayやAndroid Autoに対応。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop