>> この記事の先頭に戻る

最先端のエコ性能を持つSUV3台

マツダ CX-5
クリーンディーゼルだけでなくガソリン車にもエコ技術を追加(写真5枚)

初代モデルがグローバルで大ヒットしたミドルクラスSUVがCX-5。2代目は2016年12月に発表されたが、わずか1年強で商品改良を行っている。

マツダの商品戦略は良く言われる「約2?3年ごとのマイナーチェンジ」ではなく、その時に最新の技術をアップデートする、つまり「年次改良」というスタンスを取っている。

今回の変更もそれに沿った形だが、エコ性能に関しても大きな改良が行われている。

現在のマツダの技術的立役者とも言えるのが「スカイアクティブテクノロジー」だが、その中でもクリーンディーゼルは走り、環境&燃費性能も優れており高く評価されている。

搭載する2.2リッターのクリーンディーゼルエンジンは今回の改良で最高出力を129kWから140kWに、最大トルクを420N・mから450N・mに向上させた。

実はこの改良は先行して発売したCX-8で搭載されているものだが、前述したように「最新の技術にアップデートする」という考えによりCX-5にも採用された。

アクセル操作への反応や加速フィーリングは大きく向上。それでいて燃費に関してはJC08モードでリッター19.0km(FF車)をマーク。実際の走行でも高速道路であればリッター20.0kmを超えることもある。

また今回、ガソリンエンジンにも大きな改良を加えられている。CX-5には2リッターと2.5リッター、2種類の直4エンジンを設定するが、今回2.5リッターエンジンに「気筒休止システム」を採用した。

これはアクセルの踏み込み量が少ない巡航走行時などに2気筒を停止させることで実用燃費を高めようという仕組みだ。

実際の走行でも切り替わっていることはまずわからないほどスムーズ、それでいて実用燃費は従来型より約5%向上しているという。

クリーンディーゼルはガソリンに比べ、約30万円車両価格が高くなるが、高速道路の走行や遠距離ドライブが多いならやはりこちらがオススメ。一方で街中から郊外メインならガソリンエンジンの選択肢も十分にある。

全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mm、最低地上高は210mmを確保。特に全幅が同クラスの輸入車と比較しても短いことで街中などでも取り回しに優れる。

全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mm、最低地上高は210mmを確保。特に全幅が同クラスの輸入車と比較しても短いことで街中などでも取り回しに優れる。

ソウルレッドクリスタルメタリックに代表される洗練されたボディカラーや見た目の重心を下げるようなデザインによりスポーティかつ力強さを表現する。

ソウルレッドクリスタルメタリックに代表される洗練されたボディカラーや見た目の重心を下げるようなデザインによりスポーティかつ力強さを表現する。

現在のマツダ車の大きな特徴に理想のドライビングポジションを生み出す設計がある。人間中心の基本設計は疲労や誤動作を軽減する

現在のマツダ車の大きな特徴に理想のドライビングポジションを生み出す設計がある。人間中心の基本設計は疲労や誤動作を軽減する

最上位グレードの“Lパッケージ”には上質なパーフォレーションレザーを採用。写真のPureホワイトのほか、ブラックも選択可能。また後席にもシートヒーターを装備することで快適性を向上させている。

最上位グレードの“Lパッケージ”には上質なパーフォレーションレザーを採用。写真のPureホワイトのほか、ブラックも選択可能。また後席にもシートヒーターを装備することで快適性を向上させている。

2.2リッター直4のクリーンディーゼルエンジンは140kW(190ps)の最高出力と450N・m(45.9kg-m)の最大トルクを誇る。ディーゼルとは思えないほどのレスポンスの良さも魅力だ。

2.2リッター直4のクリーンディーゼルエンジンは140kW(190ps)の最高出力と450N・m(45.9kg-m)の最大トルクを誇る。ディーゼルとは思えないほどのレスポンスの良さも魅力だ。

全長4690mm×全幅1900mm×全高1660mm、最小回転半径は5.7mと数値は大きめだが、着座位置からの視認性が高く、車両感覚は掴みやすい。

全長4690mm×全幅1900mm×全高1660mm、最小回転半径は5.7mと数値は大きめだが、着座位置からの視認性が高く、車両感覚は掴みやすい。

XC90から始まった新時代のボルボSUVデザインを継承。最低地上高は215mmを確保しているが、乗降性自体は悪くない。

XC90から始まった新時代のボルボSUVデザインを継承。最低地上高は215mmを確保しているが、乗降性自体は悪くない。

他のボルボ車同様にシートマテリアルなどの選択肢が多いのは魅力。触れた触感も良く、同社が提案するスカンジナビアンデザインとマッチする。

他のボルボ車同様にシートマテリアルなどの選択肢が多いのは魅力。触れた触感も良く、同社が提案するスカンジナビアンデザインとマッチする。

ドアを開けて乗り込むとすぐに目に飛び込んでくるのが9インチの縦型タッチスクリーン。カーナビやエアコン、オーディオなどを統合してコントロールできる。高機能だがインターフェース自体は誰にでもわかりやすい。

ドアを開けて乗り込むとすぐに目に飛び込んでくるのが9インチの縦型タッチスクリーン。カーナビやエアコン、オーディオなどを統合してコントロールできる。高機能だがインターフェース自体は誰にでもわかりやすい。

2リッターの排気量でも4リッタークラスの最大トルクを発生するクリーンディーゼル。JC08モード燃費はリッター16.1km。欧州車はカタログ値と実走の数値の乖離が少ないこともあり実用性も期待できる。

2リッターの排気量でも4リッタークラスの最大トルクを発生するクリーンディーゼル。JC08モード燃費はリッター16.1km。欧州車はカタログ値と実走の数値の乖離が少ないこともあり実用性も期待できる。

PHVは「Pureモード」を選択するとモーターのみでの走行が可能。バッテリーの最適配置によりハンドリングも優れる

PHVは「Pureモード」を選択するとモーターのみでの走行が可能。バッテリーの最適配置によりハンドリングも優れる

全長4670mm×全幅1900mm×全高1640mm。メインはフルタイムAWD(全輪駆動)だが2リッターのガソリンモデルにはFR(後輪駆動)を設定する。

全長4670mm×全幅1900mm×全高1640mm。メインはフルタイムAWD(全輪駆動)だが2リッターのガソリンモデルにはFR(後輪駆動)を設定する。

大型のフェンダーやホイールアーチ、そしてリアゲートのデザインによるクーペらしいエレガントなフォルムは街中でも目立つこと間違いなし。

大型のフェンダーやホイールアーチ、そしてリアゲートのデザインによるクーペらしいエレガントなフォルムは街中でも目立つこと間違いなし。

最新鋭のテレマティクスサービスである「Mercedes me connect(メルセデス ミー コネクト)」も搭載。セキュリティ面でも最新の機能を搭載する。

最新鋭のテレマティクスサービスである「Mercedes me connect(メルセデス ミー コネクト)」も搭載。セキュリティ面でも最新の機能を搭載する。

後席シートは40:20:40の分割可倒が可能でラゲッジルーム側からワンタッチでシートを倒すことができる「EASY-PACKクイックフォールド」を採用する。クーペモデルでも十分な積載能力を持つ。

後席シートは40:20:40の分割可倒が可能でラゲッジルーム側からワンタッチでシートを倒すことができる「EASY-PACKクイックフォールド」を採用する。クーペモデルでも十分な積載能力を持つ。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop