>> この記事の先頭に戻る

ピッティ・イマージネ・ウォモの前身は、ピッティ宮殿で行われたファッションショー

voice_190204_david08_07.jpg
Special interview with Signore. Napoleone.

The name PITTI is used in as much as some of the earliest postwar fashion shows, starting in 1952, were staged in the Sala Bianca in Palazzo Pitti, a palace designed by the architect Filippo Brunelleschi and built for the noble Pitti family. Signore Napoleone goes on to tell me that the real story began in 1951 when Giovanni Battista Giorgini, a noble businessman from Lucca who managed The Allied Forces Gift Shop in Florence, recognised the potential of Italian fashion and organised the first Italian high fashion show in his private residence in Florence at Villa Torrigiani.

ピッティという名前は、貴族ピッティ家のために、建築家フィリッポ・ブルネレスキによって建てられた、ピッティ宮殿内の「サラ・ビアンカ(白の間)」にて、戦後の1952年から行われたファッションショーを称してピッティという名前が使われていました。フィレンツェで、連合軍のためのギフトショップを経営していた、ルッカ出身の貴族家系の実業家、ジョヴァンニ・バッティスタ・ジョルジーニが、イタリアンファッションの可能性を世界に紹介するべく、1951年に、初めてイタリアのハイファッションのショーを、自宅(Villa Torrigiani)で開催したのが始まりです。

The show was held February 12, 1951. For six American buyers from I. Magnin in San Francisco and Bergdorf Goodman in New York City, amongst others who were returning to New York City from the shows in Paris; Seven Italian couturie, including Emilio Pucci presented their collections. The private show organised by Signore Giorgini was such a success that in September of the same year, three hundred buyers from America arrived, setting in motion one of the most remarkable marketing and promotional strategies ever devised. All this while two thirds of Italy lay in postwar ruin.

それは1951年2月12日に開かれ、観客の中には、サンフランシスコのI. Magninやニューヨークのバーグドルフグッドマンのバイヤー6人をはじめ、パリのショーからニューヨークに帰る途中に寄ったアメリカ人バイヤー達のために、エミリオ・プッチを含む7人のイタリア人デザイナー達がコレクションを発表しました。シニョーレ・ジョルジーニによるプライベートショーは大成功で、同年9月には、アメリカから300人ものバイヤーが訪れ、史上最も成功したマーケティング・PR戦略となりました。イタリアの3分の2が、まだ戦後の瓦礫の中にあった頃の話です。

The shows at the Giorgini residence grew so quickly that the venue was moved to the Sala Bianca in Palazzo Pitti where the event continued to grow until 1955 when PITTI became the biggest fashion trade fair in Europe with 500 buyers and 200 journalists in attendance. This season, the opening gala dinner for PITTI was held in the Sala Bianca, an event I had the honor of attending.

ジョルジーニ邸でのショーは、すぐに規模が大きくなり、会場をピッティ宮殿内のサラ・ビアンカ(白の間)に移し、1955年には、ピッティは、500人のバイヤー、200人のジャーナリストを動員するヨーロッパ最大のファッションの祭典、トレードフェアへと成長しました。ちょうど今回、ピッティのオープニングガラ・ディナーが、サラ・ビアンカで開かれ、光栄にも今シーズンは私も出席させていただきました。

voice_190204_david08_17.jpg
Gala dinner in Sala Bianca.

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop