「凄まじいスピードで発展する世界についていくために今、必要なもの」~楽天 三木谷浩史さん~【加藤綾子/一流思考のヒント】

Facebook
Twitter

第16回 楽天株式会社 代表取締役会長兼社長 三木谷浩史さん[後編]

>>>[前編]はこちら

三木谷浩史さん

※最後に加藤綾子さんのスペシャルフォトギャラリー付き!

Profile
加藤綾子 Ayako Kato
1985年生まれ。2008年フジテレビ入社、看板アナウンサーとして活躍。'16年よりフリーアナウンサーとなり、さらに活躍の場を広げている。現在は『ホンマでっか!? TV』(CX)、『世界へ発信! SNS英語術』(NHK)にレギュラー出演中。

三木谷浩史 Hiroshi Mikitani
1965年兵庫県生まれ。一橋大学商学部卒業後、日本興業銀行に入行。'93年にハーバード大学でMBAを取得。'97年にエム・ディー・エム(現・楽天)を設立し、代表取締役に就任。インターネット・ショッピングモール「楽天市場」を開設した。ネット企業などが加盟する経済団体「新経済連盟」代表理事。

保守に回って時間をロスする方がむしろリスキー

「企業はリスクを取らないと。保守に回って時間をロスする方がむしろリスキー」
(三木谷さん)

三木谷英語で言うと、WhyではなくWhy not。なぜダメなの?と問いを立てることです。例えば、うちは携帯キャリア事業に参入しますが、なんでやるんだと聞かれる。それに対する僕の答えはいつも「Why not?」。やらない理由はない、と。

加藤その反応も海外と日本では大きく異なりそうですね。

三木谷まさに。今回のプロジェクトでは世界初の完全なクラウド型ネットワークを構築しようとしているのですが、海外の大手IT企業のトップに話したら「Brilliant!」と言われました。大きなチャレンジだけど、すごいことになるかもしれないねって。それに対して日本の経営者が示す反応はまったく別。「なんでそんなリスキーなことをやるのか」と。でも、リスクを取らないと企業は生き残れない時代になっている。時間をロスする方がかえってリスキーですよ。自動運転だってそうでしょう。今やらないと、20年後、30年後に自動車メーカーが存続できるかは危うい。日本人は荒波に呑まれないように規制を作って自分たちを守ろうとするところがあるけど、もっと大枠で考えないと立ち行かなくなりますよ。

加藤真面目にコツコツやっていればどうにかなるという意識が植え付けられているんでしょうか。

三木谷その勤勉さをキープしつつ、未来に向かえればもっといいじゃないですか。先進的な考え方をしたからといって、そうした日本のよさがなくなるわけじゃない。僕はそう思いますね。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Jun. VOL.302月号

2019

Jun. VOL.302

6

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop