>> この記事の先頭に戻る

ニット×ツイードで温もり感を強調

ノータイのビジカジを実践するなら、ぜひニットを活かした装いをオススメする。温かみを感じるツイードと好相性なのは言わずもがな。インナーにニットを着れば、ツイードの寛ぎ感や温もりが強調されて温厚な人物像が演出できるだろう。堅苦しさも解消できるだけに実践してみる価値は大ありだ。

ERNESTO(エルネスト)

 
気楽に羽織れる“ツイードジャケット” エルネスト
ニット4万9500円/コスタンザ(ストラスブルゴ) パンツ1万9800円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 靴7万3700円/クロケット&ジョーンズ(グリフィンインターナショナル)

アメトラのⅠ型を再現したイセタンメンズ別注モデル
段返り、パッチ&フラップポケット、センターフックベントなどⅠ型を再現した意欲作。一方で肩回りは軽い仕立てで着心地は快適。レンガ色のニットやスエード靴を合わせ、ビジカジで季節感を演出するのも◎。ジャケット9万7900円(伊勢丹新宿店)



デニム通勤の最有力ジャケットにする

着方次第でデニムを使ったビジカジOKの職種が増えている。が、キレイめのリジッドデニムを選んだとしても、繊細な毛織物のジャケットは、やはりバランスが悪い。そこでツイードの出番というわけだ。ツイードの程よいカジュアル感なら馴染みは上々。デニム通勤に映えるだろう。

TITO ALLEGRETTO(ティト アレグレット)

 
気楽に羽織れる“ツイードジャケット” ティト アレグレット
ニット2万8600円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI〈カスタマーサポート〉) デニム3万800円/ AVN(エイチジェイエム) 鞄9万7900円/ J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店) ベルト1万9800円/アンダーソンズ( エスディーアイ) 靴8万6900円/クロケット&ジョーンズ(ビームス 六本木ヒルズ)

伝統的なナポリの雰囲気をマシンで表現
細腹がなくフロントダーツが下まで続くナポリ特有の構造のジャケット。日本人の前肩に合ういせ込みなど凝った仕様が魅力だ。素材はウール100%。淡いグレーのチェックゆえ、デニムと好相性で、デニム通勤姿を格上げしてくれる。ジャケット14万3000円(エストネーション)



[MEN’S EX Autumn 2021の記事を再構成]
※表示価格は税込み。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop