>> この記事の先頭に戻る

かくしてサイズ感が絶妙なところに、「トラベルアシスト」が、最新世代へアップデートされた。これはステアリングホイール上のボタンひとつで起動できる運転支援機能システムで、高速道路などで車線維持を含め0~210㎞/hの速度域で作動するレベル2。従来はドライバーがステアリングを握っているかどうか、操舵角をモーターのトルクで検知していたが、新型ではタッチセンサーで認識する方式に改められ、手を軽く添えるだけでOKとなった。つまり具体的に、長距離移動での疲労軽減に効いてくるのだ。

9.2インチのタッチスクリーンを用いたインフォテイメントシステム
9.2インチのタッチスクリーンを用いたインフォテインメントシステム(ディスカバープロ)を備える。

他にも、インフォテインメントの最新鋭化が図られ、VWが全車種で進めるeSIMの通信モジュールを内蔵するため、We ConnectやWe Connect Plusといった接続環境が前提のオンラインサービスがデフォルトで使える。裏を返せば、スマートフォンの通信容量をクルマが無駄食いしない。しかも専用アプリを介して、スマートフォン上で車両情報を確認できたりドアのロック/アンロックが行えるなど、使い勝手やデジタル・エクスぺリエンス面は格段に進歩している。

フルデジタルメーターのデジタルコクピットプロ
フルデジタルメーターのデジタルコクピットプロ、ヘッドアップディスプレイがアクティブ以外に標準装備された。

その一方で車内のダッシュボード中央、3ゾーンのエアコンパネルは、これまでの3連ダイヤルのような押せばストロークするボタンではなく、操作系統が上下3列に配されタッチパネル&スライダーに替えられた。とはいえ、ゴルフ8の横1列のスライダー式より、ティグアンのそれははるかに扱いやすく、アナログ世代も面食らうほどではない。

ーマン・カードンと協力して開発された専用プレミアムサウンドシステム
ハーマン・カードンと協力して開発された専用プレミアムサウンドシステムをオプションで用意。

もうひとつ、ティグアンの車内空間が充実していると感じさせるのは、ファースト・エディションとR-ライン専用オプションではあるが、ハーマン・カードンによる9個のスピーカーとサブウーファーの専用オーディオシステムが、選択肢としてあること。

いわゆる欧州CセグのコンパクトSUVでは、プレミアムにあたるボルボXC40に同じくハーマン・カードン、DS 7クロスバックにフォーカルが用意されている。だが同じVWグループ内のプレミアム・ブランドであるアウディ、つまりQ3に一任せずVWティグアンが音にもこだわっている点は、高く評価されるべきだろう。

ティグアンのラインを比較!(画像6枚)

<p>1.5リッターを搭載したTSI アクティブ(407万9000円)、TSI エレガンス(483万9000円 写真)、TSI R-ライン(503万9000円)、2リッターを搭載したハイパフォーマンスモデルのR(684万9000円)をラインナップ。</p>

1.5リッターを搭載したTSI アクティブ(407万9000円)、TSI エレガンス(483万9000円 写真)、TSI R-ライン(503万9000円)、2リッターを搭載したハイパフォーマンスモデルのR(684万9000円)をラインナップ。

<p>こちらは導入を記念した特別仕様、TSI ファースト エディション。エレガンスをベースにDCC(アダプティブコントロール)や19インチホイールなどを備えた。価格はベースより41万円高い、524万9000円。</p>

こちらは導入を記念した特別仕様、TSI ファースト エディション。エレガンスをベースにDCC(アダプティブコントロール)や19インチホイールなどを備えた。価格はベースより41万円高い、524万9000円。

<p>TSI ファースト エディションのリアスタイリング。</p>

TSI ファースト エディションのリアスタイリング。

<p>TSI ファースト エディションにはノワゼット/チタンブラックの2トーン専用レザーシートが備わる。</p>

TSI ファースト エディションにはノワゼット/チタンブラックの2トーン専用レザーシートが備わる。

<p>こちらはスポーティなスタイルのR-ライン。ボディサイズは全長4515×全幅1840×全高1675mm。</p>

こちらはスポーティなスタイルのR-ライン。ボディサイズは全長4515×全幅1840×全高1675mm。

<p>R-ラインには専用のファブリック&マイクロフリースを用いたシートを採用。オプションでレザーシートも選べる。</p>

R-ラインには専用のファブリック&マイクロフリースを用いたシートを採用。オプションでレザーシートも選べる。

<p>1.5リッターを搭載したTSI アクティブ(407万9000円)、TSI エレガンス(483万9000円 写真)、TSI R-ライン(503万9000円)、2リッターを搭載したハイパフォーマンスモデルのR(684万9000円)をラインナップ。</p>

1.5リッターを搭載したTSI アクティブ(407万9000円)、TSI エレガンス(483万9000円 写真)、TSI R-ライン(503万9000円)、2リッターを搭載したハイパフォーマンスモデルのR(684万9000円)をラインナップ。

<p>こちらは導入を記念した特別仕様、TSI ファースト エディション。エレガンスをベースにDCC(アダプティブコントロール)や19インチホイールなどを備えた。価格はベースより41万円高い、524万9000円。</p>

こちらは導入を記念した特別仕様、TSI ファースト エディション。エレガンスをベースにDCC(アダプティブコントロール)や19インチホイールなどを備えた。価格はベースより41万円高い、524万9000円。

<p>TSI ファースト エディションのリアスタイリング。</p>

TSI ファースト エディションのリアスタイリング。

<p>TSI ファースト エディションにはノワゼット/チタンブラックの2トーン専用レザーシートが備わる。</p>

TSI ファースト エディションにはノワゼット/チタンブラックの2トーン専用レザーシートが備わる。

<p>こちらはスポーティなスタイルのR-ライン。ボディサイズは全長4515×全幅1840×全高1675mm。</p>

こちらはスポーティなスタイルのR-ライン。ボディサイズは全長4515×全幅1840×全高1675mm。

<p>R-ラインには専用のファブリック&マイクロフリースを用いたシートを採用。オプションでレザーシートも選べる。</p>

R-ラインには専用のファブリック&マイクロフリースを用いたシートを採用。オプションでレザーシートも選べる。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop