>> この記事の先頭に戻る

正しい手首の動きでフェース向きを管理しよう!

ボールが飛び出す方向を決定づけるのは、インパクト時のフェースの向きです。アウトサイド・インやインサイド・アウトといったスイングの軌道もボールの飛び方に影響するのですが、フェースの向きが弾道の方向性にもっとも大きな影響を与えます。

スイング中、ゴルフクラブのヘッドは円弧を描くように動きます。フェースの向きは、ずっとターゲット方向にスクエアなのではなく、スイングの円弧に対していつもスクエアになっているのが理想です。ちょっと難しい話になるので、今回はできるだけ簡単に説明します(笑)

方向性を良くするために、まずマスターしてほしいのが手首の使い方です。左手だけを使ったほうが分かりやすいので、直立して左手をこのように動かしてみてください。

構えたときの左手首

構えたときの左手首

トップの位置での左手首

構えたときの左手首

フォローでの左手首

フォローでの左手首

バックスイングでは左手首を手のひら側に折っていき、インパクト後のフォローにかけては手の甲側に折っていきます。この左手首の動きによって、フェースの向きはスイング軌道に対してスクエアに保たれます。左手だけでやってみると、簡単でしょう?

  1. 2
3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop