>> この記事の先頭に戻る

美味しい「白子グリル」の作り方を写真でチェック!(写真6枚)

<p>1. 材料を用意する。<br />
・真鱈白子(スケソウダラの白子でもOK) 200g<br />
・バター</p>
<p>白子は形がしっかりとしたものを選ぶ。まずは下処理。黒い筋はハサミなどで切る。塩を小さじ1くらいまぶし、優しく混ぜる。ぬめりが出るので水で流す。</p>

1. 材料を用意する。
・真鱈白子(スケソウダラの白子でもOK) 200g
・バター

白子は形がしっかりとしたものを選ぶ。まずは下処理。黒い筋はハサミなどで切る。塩を小さじ1くらいまぶし、優しく混ぜる。ぬめりが出るので水で流す。

<p>2. 湯を沸かし、酒を大さじ1くらい入れ、白子を1分くらい茹でる。</p>

2. 湯を沸かし、酒を大さじ1くらい入れ、白子を1分くらい茹でる。

<p>3. 1分ほど茹でたら水に取り、ザルにあける。ピンポン玉くらいにハサミで切り分けたら下処理は終了。</p>

3. 1分ほど茹でたら水に取り、ザルにあける。ピンポン玉くらいにハサミで切り分けたら下処理は終了。

<p>4. 耐熱皿にバターを薄く塗り、そこに白子を並べて醤油をひと回しし、バターを載せる。</p>

4. 耐熱皿にバターを薄く塗り、そこに白子を並べて醤油をひと回しし、バターを載せる。

<p>5. トースター1200wで4〜5分、少し焦げ目が付いたら完成!</p>

5. トースター1200wで4〜5分、少し焦げ目が付いたら完成!

<p>バター醤油の香ばしさとトロトロの食感が堪らない一品。日本酒にも白ワインにも相性抜群。</p>

バター醤油の香ばしさとトロトロの食感が堪らない一品。日本酒にも白ワインにも相性抜群。

ケニーノ赤峰さん

    ケニーノ赤峰さん

    インポートファッションブランドの代理店、SDIの本部長である傍ら、小学生から好きで作っていたという料理の腕前を生かし、自身のインスタグラム@kenino_akamineでも日々多彩なレシピを発信する。本コーナーでは、MEN’S EX世代の大人メンズが家飲みでお酒と一緒に楽しめるような、居酒屋的カンタン料理をご紹介。

シリーズ一覧はコチラ: 「ケニーノ赤峰のおうち居酒屋食堂」

関連記事一覧: 「おうち時間充実計画」

<p>1. 材料を用意する。<br />
・真鱈白子(スケソウダラの白子でもOK) 200g<br />
・バター</p>
<p>白子は形がしっかりとしたものを選ぶ。まずは下処理。黒い筋はハサミなどで切る。塩を小さじ1くらいまぶし、優しく混ぜる。ぬめりが出るので水で流す。</p>

1. 材料を用意する。
・真鱈白子(スケソウダラの白子でもOK) 200g
・バター

白子は形がしっかりとしたものを選ぶ。まずは下処理。黒い筋はハサミなどで切る。塩を小さじ1くらいまぶし、優しく混ぜる。ぬめりが出るので水で流す。

<p>2. 湯を沸かし、酒を大さじ1くらい入れ、白子を1分くらい茹でる。</p>

2. 湯を沸かし、酒を大さじ1くらい入れ、白子を1分くらい茹でる。

<p>3. 1分ほど茹でたら水に取り、ザルにあける。ピンポン玉くらいにハサミで切り分けたら下処理は終了。</p>

3. 1分ほど茹でたら水に取り、ザルにあける。ピンポン玉くらいにハサミで切り分けたら下処理は終了。

<p>4. 耐熱皿にバターを薄く塗り、そこに白子を並べて醤油をひと回しし、バターを載せる。</p>

4. 耐熱皿にバターを薄く塗り、そこに白子を並べて醤油をひと回しし、バターを載せる。

<p>5. トースター1200wで4〜5分、少し焦げ目が付いたら完成!</p>

5. トースター1200wで4〜5分、少し焦げ目が付いたら完成!

<p>バター醤油の香ばしさとトロトロの食感が堪らない一品。日本酒にも白ワインにも相性抜群。</p>

バター醤油の香ばしさとトロトロの食感が堪らない一品。日本酒にも白ワインにも相性抜群。

  1. 3
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop