カングーと対照的!? インドア派SUVクロスオーバー「ルノー キャプチャー」のしたたかさ

array(4) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1185935) ["id"]=> int(1185935) ["title"]=> string(53) "2019 - Essais presse Nouveau Renault CAPTUR en Grèce" ["filename"]=> string(26) "car_20210118_renault_a.jpg" ["filesize"]=> int(128689) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_a.jpg" ["link"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/archives/1185931/2019-essais-presse-nouveau-renault-captur-en-grece-3" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(52) "2019-essais-presse-nouveau-renault-captur-en-grece-3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1185931) ["date"]=> string(19) "2021-01-15 09:00:15" ["modified"]=> string(19) "2021-01-15 09:00:19" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(500) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_a-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_a-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_a.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(500) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_a.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(500) } } ["entry_gallery_description"]=> string(138) "

Cシェイプデザインを取り入れ、クロームパーツを使ったテールランプにより上質感を演出する。

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1185934) ["id"]=> int(1185934) ["title"]=> string(29) "2019 - Nouveau Renault CAPTUR" ["filename"]=> string(26) "car_20210118_renault_b.jpg" ["filesize"]=> int(109567) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_b.jpg" ["link"]=> string(67) "https://www.mens-ex.jp/archives/1185931/2019-nouveau-renault-captur" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(27) "2019-nouveau-renault-captur" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1185931) ["date"]=> string(19) "2021-01-15 09:00:04" ["modified"]=> string(19) "2021-01-15 09:00:09" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(563) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_b-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_b-300x225.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(225) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_b.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(563) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_b.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(563) } } ["entry_gallery_description"]=> string(129) "

特徴的なテールランプのデザイン。ここにもCシェイプデザインがリフレインされている。

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1185933) ["id"]=> int(1185933) ["title"]=> string(53) "2019 - Essais presse Nouveau Renault CAPTUR en Grèce" ["filename"]=> string(26) "car_20210118_renault_c.jpg" ["filesize"]=> int(96834) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_c.jpg" ["link"]=> string(92) "https://www.mens-ex.jp/archives/1185931/2019-essais-presse-nouveau-renault-captur-en-grece-2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(52) "2019-essais-presse-nouveau-renault-captur-en-grece-2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1185931) ["date"]=> string(19) "2021-01-15 08:59:53" ["modified"]=> string(19) "2021-01-15 08:59:58" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(586) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_c-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_c-300x234.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(234) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_c.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(586) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_c.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(586) } } ["entry_gallery_description"]=> string(186) "

シートが15mm長くなり、より包み込む構造となった。後方視界を向上させるため、後席のヘッドレストは細く設計されているという。

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1185932) ["id"]=> int(1185932) ["title"]=> string(53) "2019 - Essais presse Nouveau Renault CAPTUR en Grèce" ["filename"]=> string(26) "car_20210118_renault_d.jpg" ["filesize"]=> int(89765) ["url"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_d.jpg" ["link"]=> string(90) "https://www.mens-ex.jp/archives/1185931/2019-essais-presse-nouveau-renault-captur-en-grece" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(50) "2019-essais-presse-nouveau-renault-captur-en-grece" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1185931) ["date"]=> string(19) "2021-01-15 08:59:24" ["modified"]=> string(19) "2021-01-15 08:59:47" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(500) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_d-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(87) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_d-300x200.jpg" ["medium-width"]=> int(300) ["medium-height"]=> int(200) ["medium_large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_d.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(500) ["large"]=> string(79) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2021/01/car_20210118_renault_d.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(500) } } ["entry_gallery_description"]=> string(132) "

後席を倒せばラゲージの奥行きは1.57mに。後席は最大160mmの前後スライド機能が付いている。

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加
ルノー キャプチャー

正常進化の割には、けっこう変わった

よくいえば、ベースといえる第5世代目ルノー ルーテシアがどっしりした以上にどっしりした。悪くいえば、初代にあった軽快なドライバビリティはやや影を潜めた。それが日本では吉と出るか凶と出るか。おそらく2021年半ばには導入されるであろう、第2世代にフルモデルチェンジしたルノー キャプチャーの話だ。

ルノー キャプチャー
2019年7月に本国で発表された2代目となるコンパクトSUV。ヒットした初代モデルのキープコンセプトで登場した。レーンアシストや後方警告機能など進化した運転支援機能なども備える。

本国値の外寸は4227×1797×1576mmと、初代に比べて全長は約10cm、全幅は約2cm、全高は1cmほど大きく、2639mmのホイールベースは旧型比で3cm少々延びた。中でもフロント側のオーバーハングは約1cm、リア側は6cmほど長い。それに伴い、キャプチャー2の荷室容量は、初代の455リッターから536リッターへと拡大された。直接のライバルたるプジョー 2008が初代から207SWの乗り替えを意識して積載力が強い分、そこを補強してきたのだ。

ルノー キャプチャーのヘッドライト
Cシェイプデザインを採用したデイライトを備えたヘッドライト。

キャプチャー2のプラットフォームはルノー日産アライアンスの最新版であるCMF-B。ちなみにアライアンス内で同プラットフォームの採用第1号は、英国生産で日本に導入されない日産ジューク2だった。続いてルノー クリオことルーテシアとキャプチャー、先頃日産が加えた新型ノートで、来年あたり韓国のルノー サムスンXM3と共通モデルとなるクーペSUV「アルカナ」が加わる。外観は、全体的なプロポーションがドイツ車的なファーザー&サン的正常進化であること、質感を高めたフロントグリルやCの字型のLEDライトを組み込んだ前後コンビランプで最新のルノー顔になっている点は、ルーテシア5と同じくだ。

ルノー キャプチャーのディテールをチェック(写真4枚)

<p>Cシェイプデザインを取り入れ、クロームパーツを使ったテールランプにより上質感を演出する。</p>

Cシェイプデザインを取り入れ、クロームパーツを使ったテールランプにより上質感を演出する。

<p>特徴的なテールランプのデザイン。ここにもCシェイプデザインがリフレインされている。</p>

特徴的なテールランプのデザイン。ここにもCシェイプデザインがリフレインされている。

<p>シートが15mm長くなり、より包み込む構造となった。後方視界を向上させるため、後席のヘッドレストは細く設計されているという。</p>

シートが15mm長くなり、より包み込む構造となった。後方視界を向上させるため、後席のヘッドレストは細く設計されているという。

<p>後席を倒せばラゲージの奥行きは1.57mに。後席は最大160mmの前後スライド機能が付いている。</p>

後席を倒せばラゲージの奥行きは1.57mに。後席は最大160mmの前後スライド機能が付いている。

<p>Cシェイプデザインを取り入れ、クロームパーツを使ったテールランプにより上質感を演出する。</p>

Cシェイプデザインを取り入れ、クロームパーツを使ったテールランプにより上質感を演出する。

<p>特徴的なテールランプのデザイン。ここにもCシェイプデザインがリフレインされている。</p>

特徴的なテールランプのデザイン。ここにもCシェイプデザインがリフレインされている。

<p>シートが15mm長くなり、より包み込む構造となった。後方視界を向上させるため、後席のヘッドレストは細く設計されているという。</p>

シートが15mm長くなり、より包み込む構造となった。後方視界を向上させるため、後席のヘッドレストは細く設計されているという。

<p>後席を倒せばラゲージの奥行きは1.57mに。後席は最大160mmの前後スライド機能が付いている。</p>

後席を倒せばラゲージの奥行きは1.57mに。後席は最大160mmの前後スライド機能が付いている。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Summer VOL.324

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop