>> この記事の先頭に戻る

この機構が凄い!

p124-125_sub

 

 Point 1 
並列配置した4つの香箱
1個400gN㎜(瞬間最大トルク)の香箱を4つ搭載して、トータル1600gN㎜のエネルギーを発生。4つの香箱を直列ではなく並列に配置することでトゥールビヨンへの強力な動力源を得る。これによりハイビートなトゥールビヨンながら約60時間パワーリザーブを確保。

 Point 2 
軸受けにボールベアリング
動力伝達装置であるデイファレンシャルギアの軸受けに、セラミック製ボールベアリングを採用。通常のモデルで使用されるルビーよりも摩擦が少ないこの装備によって、4つの香箱から伝わる巨大なエネルギーを効率的に分配し、同時に耐衝撃性も高めている。

 Point 3 
史上初の8振動のダブル トゥールビヨン
一般的なトゥールビヨンはパワーリザーブの観点から、5〜6振動(毎時1万8000〜2万1600振動)を採用することが多いが、本作ではより高精度を目指したハイビート仕様に。世界初となる8振動(毎時2万8800振動)のダブル トゥールビヨンが実現した。

 

もっと知りたい方はこちら!

超弩級 複雑腕時計図鑑
『超弩級 複雑腕時計図鑑』3400円 >> Amazon.co.jpで購入 
※表示価格は本書発売時(2020年11月6日)の税抜き価格です

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop