>> この記事の先頭に戻る

頼もしさを加えた、BMWらしさに溢れる走り

xDrive20d
2018年に2世代目へと進化したX4に追加設定された、エントリーグレードとなるxDrive20d。

スタートボタンを押した直後に、エンジンが軽く「ブルンッ」と身震いするのはディーゼルの面影を感じさせる部分だけれど、その痕跡が認められるのはこの瞬間くらいで、あとは本当に“ディーゼル臭さ”を感じない。それは、かつてのディーゼルエンジンが黒煙とともにまき散らしていたあの独特の匂いがないというだけでなく、とにかく静かで振動が少なくて、ディーゼルっぽくないのだ。

レッドゾーンの始まりだって5000rpmと驚くほど高い。さすがにこの5000rpmに近づくと、エンジン回転の上昇の仕方がちょっと鈍くなったかなあと思わなくもないけれど、それでもスムーズに回り続けるんだから驚くしかない。

もちろん、ディーゼルが得意とする中速域のモリモリ感は健在で、高速道路を走行中に上り坂に差し掛かっても、シフトダウンすることなくそのままのギアでグイグイ上っていってくれる。同様にして追い越しも楽々。なにしろ、最大トルクは“ひとグレード上”にあたるX4 xDrive30iの350Nmを凌ぐ400Nmを発揮するのだ。頼もしさのレベルが一段上といっても間違いないだろう。

乗り心地はBMWらしくちょっぴりソリッド。でも、ボディがしっかりしているので、路面から強いショックを受けてもイヤな振動が残ったりしないから嬉しい。しかも、ダンパーがいい仕事をしてくれているので、スピードを上げてもフラットな姿勢を崩さない。長距離を走っても、きっと疲れにくい足回りだ。

ハンドリングは、直進状態から少し切っただけでも正確に反応するBMWらしいもの。だからといって過敏だったり神経質だったりしないのは、アウトバーンを何百kmも延々と走り続けることを前提に開発されたドイツ車に相応しい味付け。これだけしっかりした足回りだからコーナリングの安定感だって上々。そういえば、ブレーキペダルの剛性感が高く、ペダルを踏んだ量に対して制動力がリニアに立ち上がっていく点も、いかにもBMWらしい。

にもかかわらず、X4 xDrive20dは695万円、X4 xDrive20d M sportは774万円と、838万円のX4 xDrive30i M sportよりぐっとお買い得。燃料代がいちだんとお手頃な点を含め、X4を買うならディーゼルモデルが狙い目といえそうだ。

文/大谷達也 写真/茂呂幸正 編集/iconic
※表⽰価格は税抜き

<p>ボディサイズは全長4760×全幅1920×全高1620mm、ホイールベース2865mm。</p>

ボディサイズは全長4760×全幅1920×全高1620mm、ホイールベース2865mm。

<p>Mスポーツには専用エアロパーツ(Mエアロダイナミクス・パッケージ)やMライト・アロイ・ホイールなどが装着される。</p>

Mスポーツには専用エアロパーツ(Mエアロダイナミクス・パッケージ)やMライト・アロイ・ホイールなどが装着される。

<p>Mスポーツにはダーク・シャドー・メタリック仕上げのディフューザー付きリアスカートも備わる。</p>

Mスポーツにはダーク・シャドー・メタリック仕上げのディフューザー付きリアスカートも備わる。

<p>最高出力190ps/最大トルク400Nmを発生する高出力型の2リッター直4ディーゼルターボを搭載。WLTCモード燃費は14km/lとなる。</p>

最高出力190ps/最大トルク400Nmを発生する高出力型の2リッター直4ディーゼルターボを搭載。WLTCモード燃費は14km/lとなる。

<p>アクティブ・クルーズ・コントロールなどを備えた安全機能・運転支援システムのドライビング・アシスト・プラスを標準とした。</p>

アクティブ・クルーズ・コントロールなどを備えた安全機能・運転支援システムのドライビング・アシスト・プラスを標準とした。

<p>センターメーターは12.3インチディスプレイを採用、中央部にはナビなどの情報を表示することができる</p>

センターメーターは12.3インチディスプレイを採用、中央部にはナビなどの情報を表示することができる

<p>Mスポーツにはステッチの入ったヴァーネスカ・レザー・シートを装着している。ルーフライニングやステアリングなどもベーシックモデルと異なる仕様を採用する。</p>

Mスポーツにはステッチの入ったヴァーネスカ・レザー・シートを装着している。ルーフライニングやステアリングなどもベーシックモデルと異なる仕様を採用する。

<p>ヴァーネスカ・レザー・シート(リアシート)。</p>

ヴァーネスカ・レザー・シート(リアシート)。

<p>ラゲージ容量は通常525リッター、後席を倒せば最大1430リッターまで拡大する。</p>

ラゲージ容量は通常525リッター、後席を倒せば最大1430リッターまで拡大する。

  1. 2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop