>> この記事の先頭に戻る

M550iならスイッチひとつで“両方”が味わえる

M550iの運転席
アクティブ・クルーズ・コントロールやステアリング&レーン・コントロール・アシストなどの安全・運転支援装備も充実。
M550iのパネル

M550iの乗り心地が驚くほど良かった理由はこれでわかってもらえただろうが、このままではとてもMの名にふさわしい走りは期待できそうにない。そんなことを考えながらふとドライビング・パフォーマンス・コントロールの設定を見ると、デフォルトのコンフォート・モードになっていた。

職業柄、この手のモード切り替えは必ず試してみるけれど、多少ダンパーが硬くなったりする程度で、クルマのキャラクターが一変したケースにはほとんどお目にかかったことがない。だから、このときもほとんど期待していなかったのだけれど、実際にセンターコンソール上のスイッチでスポーツ・モードを選んでみたところ、クルマのキャラクターが180度変わって腰を抜かしそうになった。

M550i
MパフォーマンスはBMW M社がチューニングを施した、BMWのトップグレードとMモデルの中間に位置付けられるモデル。パワートレインや足回りを中心に手が加えられている。
M550i
M550i

そう、まるで“ホンモノのM”みたいに足回りが硬くなり、ステアリング・レスポンスが驚くほど鋭くなったのだ。おかげで5シリーズの余裕あるボディがぎゅーっと小さくなったかのような軽快感が生まれた。しかもエンジンとギアボックスもスポーティなモードに切り替わり、軽くアクセルを踏み込んだだけでドンッと背中を押されるほどの強い加速感があった。

それでいながらxDrive=フルタイム4WDのおかげで安定感もバツグン。大きく回り込むコーナーを真剣に攻めてみたけれど、リアタイヤがグリップを失う気配はまるで見られず、ドライバーが狙ったとおりの走行ラインをトレースしてみせたのだ。

私はMパフォーマンスのことを「“フツーのBMW”と“ホンモノのM”の中間にあたる立ち位置」と説明したけれど、M550i xDriveはちょっと違う。スイッチひとつで“フツーのBMW”と“ホンモノのM”の両方を味わえる、変幻自在なスポーツセダンがM550i xDriveなのである。

文/大谷達也 写真/茂呂幸正 編集/iconic

<p>ボディサイズは全長4945×全幅1870×全高1480mm、ホイールベース2975mm。</p>

ボディサイズは全長4945×全幅1870×全高1480mm、ホイールベース2975mm。

<p>4.4リッターV8ターボは最高出力530ps、最大トルク750Nmを発生。JC08モード燃費は9.7km/lとされる。</p>

4.4リッターV8ターボは最高出力530ps、最大トルク750Nmを発生。JC08モード燃費は9.7km/lとされる。

<p>テスト車両にはオーダーメイドのBMW Individualによる、スモーク・ホワイトのメリノレザー(61万3000円)が装着されていた。</p>

テスト車両にはオーダーメイドのBMW Individualによる、スモーク・ホワイトのメリノレザー(61万3000円)が装着されていた。

<p>リアシートは40:20:40の分割可倒式を採用。シートを倒せばトランクスルーとなり、長尺物も収納できる。</p>

リアシートは40:20:40の分割可倒式を採用。シートを倒せばトランクスルーとなり、長尺物も収納できる。

  1. 2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop