外回りの木曜日。軽快“ちゃんと見え”セットアップで! 外回りの木曜日。軽快“ちゃんと見え”セットアップで!

メルセデスで一番小さいSUV「GLA」に“らしさ”はあるのか?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
メルセデスでもっとも小さいSUV、GLAにらしさはあるのか?

エクステリアはAクラスとまったく別物

メルセデスのSUVラインアップでもっともコンパクトなモデルがGLAだ。2014年に初代が登場し、このたびフルモデルチェンジして2代目となった。先代はAクラスをベースに車高を高くしSUV風に仕立てたクロスオーバーモデルのようなスタイリングだったが、新型でもプラットフォームは共通というものの、Aクラスとはまったく別物のデザインだ。

メルセデスGLA
ボディサイズは全長4415×全幅1835×全高1620mmとシティユースにほどよいサイズ。車両価格は502万円、オプションでナビゲーションパッケージ(18万9000円)やAMGライン(28万円)などが用意されている。

スタイリングは前後のオーバーハングを切り詰め、Aピラーを寝かせ、リアにむかってなだらかに下降していくルーフラインと、最近流行のSUVクーペのようだ。先代比では、全長+10mm、全幅は+45mm、全高は+95mmとなっている。また30mm延伸したホイールベースは主に後席を広くすることにあてられている。

メルセデスGLAの2列目シート
分割可倒式の2列目シートには前後スライド機構が備わった。2列目にも中央前方にUSBポートを備え、後席でもスマートフォンを充電することができる。

この2列目シートは140mmの前後スライドが可能で、バックレストの角度は7段階で調整が可能。二段床になったラゲッジスペースや足をバンパー下部に差し込むことでテールゲートを開閉できるEASY-PACK自動開閉式テールゲートを標準採用するなど使い勝手もよい。またサイドシルまでを覆うドアは乗降性を高めるとともに、乗り降りの際に衣服が汚れるのを防ぎ、また側面衝突時の保護性能を高める役割も担っている。

メルセデスGLAのインテリア
エアアウトレットが特徴的なインテリアは、Aクラスのデザインを踏襲。ボイスコントロールに対応したMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスぺリエンス)や、ワイヤレスチャージング機能も標準装備した。
メルセデスGLAの
メルセデスGLAの運転席

インテリアはメーターナセルを省き、メーター類とインパネ中央の2つの10.2インチモニターを一体のものとした大型液晶パネルを中心に構成する最新のメルセデスデザインに則ったものだ。「ハイ、メルセデス」と話しかければ起動する自然対話式音声認識機能を搭載したインフォテインメントシステム「MBUX」も標準装備する。

低回転から高回転までトルクフルな加速を可能とする可変タービンジオメトリーを装着した、150ps/320Nmを発生する2リッター直4ディーゼルターボを搭載。

日本仕様のGLAに設定されたパワートレインはいまのところ、2リッター4気筒ターボディーゼルに8速DCT、フルタイム4WDを組み合わせた「GLA 200d 4MATIC」のみ。最高出力は150ps、最大トルクは320Nmで、わずか1400回転から最大トルクを発揮するため、1730kgと大きく重くなった新型のボディを力強く加速させる。

ラゲージルームは通常425リッター、後席を倒せば最大1420リッターを確保する。床面の高さは2段階に調整可能となっている。テールゲートは自動開閉機能を備える。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Nov. VOL.316

11

  1. 1
2

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop