【特別対談】東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ・丸山茂樹 × カヌー・羽根田卓也

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める丸山茂樹プロが、オリンピアンたちと語らいながらライフスタイルを深堀りする本企画。第6回のゲストは、リオ五輪カヌー・スラロームで銅メダルを獲得した羽根田卓也さん。練習拠点とするスロバキアでの知られざるライフスタイルにも迫る。

【Fun for Win】VOL.06
東京五輪ゴルフ日本代表ヘッドコーチ 丸山茂樹×羽根田卓也[前編]

丸山茂樹さん、羽根田卓也さん

丸山茂樹さん MARUYAMA Shigeki
1969年生まれ。千葉出身。日本ツアー通算10勝。2000年より米ツアーに参戦し3勝。2002年には伊澤利光プロとのペアでゴルフワールドカップを制する。東京五輪ではリオ五輪に続き、ゴルフ日本代表のヘッドコーチを務める。愛称は“マルちゃん”。

羽根田卓也さん HANEDA Takuya
1987年生まれ。愛知出身。小学生からカヌー・スラローム競技を始め、高校卒業後は強豪国のスロバキアで武者修行。北京五輪14位、ロンドン五輪7位入賞を経て、リオ五輪でアジア人初の銅メダルを獲得し、“ハネタク”のニックネームで一躍人気者に。現在は東京五輪に向けて鍛錬に勤しむ日々。ミキハウス所属。

カヌー界の侍はいつ何時も剣を磨くことを忘れない

丸山 今回のゲストはカヌー・スラローム選手の羽根田卓也さん、愛称“ハネタク”。リオデジャネイロ五輪の銅メダリストです。単刀直入に伺いますが、東京五輪が延期になったときはどんなお気持ちでしたか?

羽根田 ある程度、覚悟はしていました。残念だけど仕方がないという思いでしたね。

丸山 自粛期間中は、どんなトレーニングをされていたんですか?

羽根田 とにかくカヌーの感覚を失わないように、できることを模索していましたね。自宅で雑巾がけ風のトレーニングをして体幹を鍛えたり、浴槽のかたわらに正座して競技中と同じ体勢でパドルを漕いでみたり。練習拠点のスロバキアにいるコーチに、リモートで指導を受けたりもしました。

丸山 ゴルフの場合、自宅に室内練習場を設けている選手も多いので、球を打っていれば感覚を維持できるけれど、カヌーのように競技によっては難しさもありますね。

羽根田 五輪会場にして練習場でもある江戸川区葛西のカヌー・スラロームセンターは、7月上旬の現在も開館の目処が立っていないので、日々工夫をしながら練習しているところです。

丸山 カヌー競技におけるメダル獲得は、羽根田さんが日本人初にしてアジア人初の快挙です。そもそもカヌーを始められたきっかけは?

羽根田 カヌー選手だった父の影響で川遊びから始めました。最初は激流が怖くて仕方がなかった。練習後のアイスにつられて続けていましたね。

丸山 僕がゴルフを始めたのも父の影響でしたね。僕はファザコンで、とにかく父にくっついていたかった。父がゴルフ場に出かける朝は、決まって車の後部座席に潜り込んでいましたね。「わかっているんだぞ、出てこい」なんて言われたりしてね(笑)。まだクラブも握れない幼い頃の話です。

羽根田 かわいいですね!

丸山 嬉しいことも泣き言も真っ先に伝えたい存在で、アメリカで連戦していたときも試合後は必ず、日本に30分は国際電話。最期まで一番の相談相手でしたね。

羽根田 良い親子関係を築かれていたんですね。苦しい時代を支えてくれた父にはとても感謝していますが、僕はどちらかというと親離れをしたがる子どもでした。父もそれを承知で、僕が一人で乗れるようになるとカヌー仲間に預けるように。地元愛知はカヌーが盛んで、社会人や学生の集まる川があるんです。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2020

Dec. VOL.317

12

  1. 1
2
LINE
SmartNews
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop