手持ちのスーツで即実践!「紺・青・白で涼しい胸元」実例8

array(8) { [0]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1160867) ["id"]=> int(1160867) ["title"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_1" ["filename"]=> string(30) "fashion_2020062027_vzone_1.jpg" ["filesize"]=> int(173665) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_1.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1160858/fashion_2020062027_vzone_1" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_1" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1160858) ["date"]=> string(19) "2020-06-23 08:23:49" ["modified"]=> string(19) "2020-06-23 08:23:49" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_1-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_1-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_1.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_1.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(750) "

一見正統派にして実はテクニカル
スーツ、シャツ共にコットンにリネンをブレンドした、清涼感のある風合い。ストライプタイも、シルクにコットンをブレンドし軽さを滲ませる。一方、シャツがホワイトに対してタイはクレマカラーを配色。同系色によるリンクを披露しつつ、さりげない変化を与えた。
スーツ12万7000円/ヴァルディターロ ペル シップス(シップス 銀座店)、シャツ3万6000円/リングヂャケット ナポリ(リングヂャケットマイスター206 青山店)、タイ1万3000円/ストラスブルゴ(ストラスブルゴ)

" } [1]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1160868) ["id"]=> int(1160868) ["title"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_2" ["filename"]=> string(30) "fashion_2020062027_vzone_2.jpg" ["filesize"]=> int(465567) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_2.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1160858/fashion_2020062027_vzone_2" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_2" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1160858) ["date"]=> string(19) "2020-06-23 08:23:55" ["modified"]=> string(19) "2020-06-23 08:23:55" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_2-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_2-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_2.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_2.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(656) "

軽くも軽過ぎないバランス感に注目
ダブルでありながら夏に相応しい軽快感が漂うのは、単にストライプだからじゃない。ジャケットはDONDI社のコットンジャージー製。伸縮性に優れた生地は、柔らかなニットポロとで軽やかな着心地を生み出す。加えてノータイだが、ダブルなら気抜け過ぎない。
スーツ12万円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)、ニットポロ2万6000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)

" } [2]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1160869) ["id"]=> int(1160869) ["title"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_3" ["filename"]=> string(30) "fashion_2020062027_vzone_3.jpg" ["filesize"]=> int(338422) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_3.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1160858/fashion_2020062027_vzone_3" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_3" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1160858) ["date"]=> string(19) "2020-06-23 08:24:00" ["modified"]=> string(19) "2020-06-23 08:24:00" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_3-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_3-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_3.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_3.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(706) "

薄味にならない計算された爽やかさ
清涼感はひとしおだが、ともすればフラットな印象になりかねないライトブルーでまとめたVゾーン。表面に凹凸感のあるブークレー生地のジャケットなら、奥行きを与えてくれる。一見無地に見えるシャツも、実はマイクロストライプ。タイの光沢も、奥行き演出にひと役買う。
ジャケット8万6000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI)、シャツ2万5400円/エリコ フォルミコラ(シップス 銀座店)、タイ1万7000円/ニッキー(ストラスブルゴ)

" } [3]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1160870) ["id"]=> int(1160870) ["title"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_4" ["filename"]=> string(30) "fashion_2020062027_vzone_4.jpg" ["filesize"]=> int(270270) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_4.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1160858/fashion_2020062027_vzone_4" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_4" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1160858) ["date"]=> string(19) "2020-06-23 08:24:05" ["modified"]=> string(19) "2020-06-23 08:24:05" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_4-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_4-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_4.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_4.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(726) "

涼やかな中にきちんと感を両立
清涼感のあるメランジネイビー。細ピッチのストライプシャツも、それを後押しする。一方で、タブカラーのシャツはネック周りに緊張感をもたらし、清涼にして精悍なVゾーンを構築。さらに、モチーフ柄のネイビータイで、貫禄と抑制の効いた遊び心を楽しむ。
スーツ9万9000円/L.B.M. 1911(トヨダトレーディング プレスルーム)、シャツ3万6000円/ボリエッロ(インターブリッジ)、タイ2万4000円/リングヂャケット ナポリ(リングヂャケットマイスター206 青山店)

" } [4]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1160871) ["id"]=> int(1160871) ["title"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_5" ["filename"]=> string(30) "fashion_2020062027_vzone_5.jpg" ["filesize"]=> int(462238) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_5.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1160858/fashion_2020062027_vzone_5" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_5" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1160858) ["date"]=> string(19) "2020-06-23 08:24:13" ["modified"]=> string(19) "2020-06-23 08:24:13" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_5-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_5-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_5.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_5.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(603) "

シンプルに装うならクラシック柄で
クルーネックニットと合わせてネイビーを配色しているとはいえ、単色よりもカジュアル度が高まる柄ジャケット。しかし、クラシカルなハウンドトゥースなら、比較的ビジネスに馴染む落ち着いた印象に。トーンも暗めにすることで、ノータイでもVゾーンに寂しさはない。
ジャケット8万9000円/タリアトーレ(シップス 銀座店)、ニット1万9000円/スローン(スローン)

" } [5]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1160872) ["id"]=> int(1160872) ["title"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_6" ["filename"]=> string(30) "fashion_2020062027_vzone_6.jpg" ["filesize"]=> int(161418) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_6.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1160858/fashion_2020062027_vzone_6" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_6" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1160858) ["date"]=> string(19) "2020-06-23 08:24:21" ["modified"]=> string(19) "2020-06-23 08:24:21" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_6-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_6-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_6.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_6.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(690) "

重く見せないためには柔らかさがカギに
本来なら貫禄を示すのに有効な、ピッチの広いストライプスーツ。だが季節は夏。スーツ自体の生地感に加え、シルク×コットンをセッテピエゲで仕立てたタイでも軽さを演出したい。ピンホールシャツも、サックス×ホワイト襟によりタイの軽快さを下支えする。
スーツ22万円/リングヂャケットマイスター206、シャツ4万2000円/リングヂャケット ナポリ、タイ3万2000円/タイユアタイ(以上リングヂャケットマイスター206 青山店)

" } [6]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1160873) ["id"]=> int(1160873) ["title"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_7" ["filename"]=> string(30) "fashion_2020062027_vzone_7.jpg" ["filesize"]=> int(278657) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_7.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1160858/fashion_2020062027_vzone_7" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_7" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1160858) ["date"]=> string(19) "2020-06-23 08:24:27" ["modified"]=> string(19) "2020-06-23 08:24:27" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_7-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_7-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_7.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_7.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(586) "

寂しさ回避には華やかな柄シャツを
ノータイで懸念される、Vゾーンの物足りなさ。サックスブルーにボルドーを挿したマルチストライプのシャツが、その隙間を埋めてくれる。ウール混のざっくりとした織り感のジャケットも、ダークネイビーながら退屈にならない要因に。
ジャケット8万6000円/タリアトーレ(シップス 銀座店) シャツ1万9000円/デザインワークス(デザインワークス 銀座)

" } [7]=> array(2) { ["entry_gallery_image"]=> array(24) { ["ID"]=> int(1160874) ["id"]=> int(1160874) ["title"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_8" ["filename"]=> string(30) "fashion_2020062027_vzone_8.jpg" ["filesize"]=> int(206684) ["url"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_8.jpg" ["link"]=> string(66) "https://www.mens-ex.jp/archives/1160858/fashion_2020062027_vzone_8" ["alt"]=> string(0) "" ["author"]=> string(2) "10" ["description"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(0) "" ["name"]=> string(26) "fashion_2020062027_vzone_8" ["status"]=> string(7) "inherit" ["uploaded_to"]=> int(1160858) ["date"]=> string(19) "2020-06-23 08:24:33" ["modified"]=> string(19) "2020-06-23 08:24:33" ["menu_order"]=> int(0) ["mime_type"]=> string(10) "image/jpeg" ["type"]=> string(5) "image" ["subtype"]=> string(4) "jpeg" ["icon"]=> string(62) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-includes/images/media/default.png" ["width"]=> int(750) ["height"]=> int(852) ["sizes"]=> array(12) { ["thumbnail"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_8-150x150.jpg" ["thumbnail-width"]=> int(150) ["thumbnail-height"]=> int(150) ["medium"]=> string(91) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_8-264x300.jpg" ["medium-width"]=> int(264) ["medium-height"]=> int(300) ["medium_large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_8.jpg" ["medium_large-width"]=> int(750) ["medium_large-height"]=> int(852) ["large"]=> string(83) "https://www.mens-ex.jp/wp/wp-content/uploads/2020/06/fashion_2020062027_vzone_8.jpg" ["large-width"]=> int(750) ["large-height"]=> int(852) } } ["entry_gallery_description"]=> string(633) "

夏を王道で終えるのはもったいない
ダークネイビーのジャケットに、サックスストライプのシャツ、そしてドット柄のニットタイ。遠目には、夏のビジネススタイルにおける王道Vゾーンに見える。しかし、シャツに隠し技が。パネル状に組み合わせた異なるピッチのストライプが、王道の中に遊びを与える。
ジャケット6万3000円、シャツ2万3000円、タイ1万5000円/以上ポール・スチュアート(ポール・スチュアート GINZA TIMELESS 8店)

" } }
Facebook
Twitter
友だち追加

夏のビジネスにおいて、清涼感のあるネイビーやブルーを軸にした胸元は欠かせない。ただし、そもそもビジネスでは見慣れた色だけに、印象が一辺倒になってしまいがち。時に素材感で、時にニュアンスカラーで、はたまた柄を駆使してみよう。ここでは夏のビジネスを爽快かつ洒脱に乗り切れる、胸元バリエーションをレクチャー。タイドアップでもノータイでも、手持ちのスーツやジャケットで簡単に出来る「紺・青・白」の合わせ技を覚えよう!

<p><strong>一見正統派にして実はテクニカル</strong><br />
スーツ、シャツ共にコットンにリネンをブレンドした、清涼感のある風合い。ストライプタイも、シルクにコットンをブレンドし軽さを滲ませる。一方、シャツがホワイトに対してタイはクレマカラーを配色。同系色によるリンクを披露しつつ、さりげない変化を与えた。<br />
<small>スーツ12万7000円/ヴァルディターロ ペル シップス(シップス 銀座店)、シャツ3万6000円/リングヂャケット ナポリ(リングヂャケットマイスター206 青山店)、タイ1万3000円/ストラスブルゴ(ストラスブルゴ)</small></p>

一見正統派にして実はテクニカル
スーツ、シャツ共にコットンにリネンをブレンドした、清涼感のある風合い。ストライプタイも、シルクにコットンをブレンドし軽さを滲ませる。一方、シャツがホワイトに対してタイはクレマカラーを配色。同系色によるリンクを披露しつつ、さりげない変化を与えた。
スーツ12万7000円/ヴァルディターロ ペル シップス(シップス 銀座店)、シャツ3万6000円/リングヂャケット ナポリ(リングヂャケットマイスター206 青山店)、タイ1万3000円/ストラスブルゴ(ストラスブルゴ)

<p><strong>軽くも軽過ぎないバランス感に注目</strong><br />
ダブルでありながら夏に相応しい軽快感が漂うのは、単にストライプだからじゃない。ジャケットはDONDI社のコットンジャージー製。伸縮性に優れた生地は、柔らかなニットポロとで軽やかな着心地を生み出す。加えてノータイだが、ダブルなら気抜け過ぎない。<br />
<small>スーツ12万円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)、ニットポロ2万6000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)</small></p>

軽くも軽過ぎないバランス感に注目
ダブルでありながら夏に相応しい軽快感が漂うのは、単にストライプだからじゃない。ジャケットはDONDI社のコットンジャージー製。伸縮性に優れた生地は、柔らかなニットポロとで軽やかな着心地を生み出す。加えてノータイだが、ダブルなら気抜け過ぎない。
スーツ12万円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)、ニットポロ2万6000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)

<p><strong>薄味にならない計算された爽やかさ</strong><br />
清涼感はひとしおだが、ともすればフラットな印象になりかねないライトブルーでまとめたVゾーン。表面に凹凸感のあるブークレー生地のジャケットなら、奥行きを与えてくれる。一見無地に見えるシャツも、実はマイクロストライプ。タイの光沢も、奥行き演出にひと役買う。<br />
<small>ジャケット8万6000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI)、シャツ2万5400円/エリコ フォルミコラ(シップス 銀座店)、タイ1万7000円/ニッキー(ストラスブルゴ)</small></p>

薄味にならない計算された爽やかさ
清涼感はひとしおだが、ともすればフラットな印象になりかねないライトブルーでまとめたVゾーン。表面に凹凸感のあるブークレー生地のジャケットなら、奥行きを与えてくれる。一見無地に見えるシャツも、実はマイクロストライプ。タイの光沢も、奥行き演出にひと役買う。
ジャケット8万6000円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI)、シャツ2万5400円/エリコ フォルミコラ(シップス 銀座店)、タイ1万7000円/ニッキー(ストラスブルゴ)

<p><strong>涼やかな中にきちんと感を両立</strong><br />
清涼感のあるメランジネイビー。細ピッチのストライプシャツも、それを後押しする。一方で、タブカラーのシャツはネック周りに緊張感をもたらし、清涼にして精悍なVゾーンを構築。さらに、モチーフ柄のネイビータイで、貫禄と抑制の効いた遊び心を楽しむ。<br />
<small>スーツ9万9000円/L.B.M. 1911(トヨダトレーディング プレスルーム)、シャツ3万6000円/ボリエッロ(インターブリッジ)、タイ2万4000円/リングヂャケット ナポリ(リングヂャケットマイスター206 青山店)</small></p>

涼やかな中にきちんと感を両立
清涼感のあるメランジネイビー。細ピッチのストライプシャツも、それを後押しする。一方で、タブカラーのシャツはネック周りに緊張感をもたらし、清涼にして精悍なVゾーンを構築。さらに、モチーフ柄のネイビータイで、貫禄と抑制の効いた遊び心を楽しむ。
スーツ9万9000円/L.B.M. 1911(トヨダトレーディング プレスルーム)、シャツ3万6000円/ボリエッロ(インターブリッジ)、タイ2万4000円/リングヂャケット ナポリ(リングヂャケットマイスター206 青山店)

<p><strong>シンプルに装うならクラシック柄で</strong><br />
クルーネックニットと合わせてネイビーを配色しているとはいえ、単色よりもカジュアル度が高まる柄ジャケット。しかし、クラシカルなハウンドトゥースなら、比較的ビジネスに馴染む落ち着いた印象に。トーンも暗めにすることで、ノータイでもVゾーンに寂しさはない。<br />
<small>ジャケット8万9000円/タリアトーレ(シップス 銀座店)、ニット1万9000円/スローン(スローン)</small></p>

シンプルに装うならクラシック柄で
クルーネックニットと合わせてネイビーを配色しているとはいえ、単色よりもカジュアル度が高まる柄ジャケット。しかし、クラシカルなハウンドトゥースなら、比較的ビジネスに馴染む落ち着いた印象に。トーンも暗めにすることで、ノータイでもVゾーンに寂しさはない。
ジャケット8万9000円/タリアトーレ(シップス 銀座店)、ニット1万9000円/スローン(スローン)

<p><strong>重く見せないためには柔らかさがカギに</strong><br />
本来なら貫禄を示すのに有効な、ピッチの広いストライプスーツ。だが季節は夏。スーツ自体の生地感に加え、シルク×コットンをセッテピエゲで仕立てたタイでも軽さを演出したい。ピンホールシャツも、サックス×ホワイト襟によりタイの軽快さを下支えする。<br />
<small>スーツ22万円/リングヂャケットマイスター206、シャツ4万2000円/リングヂャケット ナポリ、タイ3万2000円/タイユアタイ(以上リングヂャケットマイスター206 青山店)</small></p>

重く見せないためには柔らかさがカギに
本来なら貫禄を示すのに有効な、ピッチの広いストライプスーツ。だが季節は夏。スーツ自体の生地感に加え、シルク×コットンをセッテピエゲで仕立てたタイでも軽さを演出したい。ピンホールシャツも、サックス×ホワイト襟によりタイの軽快さを下支えする。
スーツ22万円/リングヂャケットマイスター206、シャツ4万2000円/リングヂャケット ナポリ、タイ3万2000円/タイユアタイ(以上リングヂャケットマイスター206 青山店)

<p><strong>寂しさ回避には華やかな柄シャツを</strong><br />
ノータイで懸念される、Vゾーンの物足りなさ。サックスブルーにボルドーを挿したマルチストライプのシャツが、その隙間を埋めてくれる。ウール混のざっくりとした織り感のジャケットも、ダークネイビーながら退屈にならない要因に。<br />
<small>ジャケット8万6000円/タリアトーレ(シップス 銀座店) シャツ1万9000円/デザインワークス(デザインワークス 銀座)</small></p>

寂しさ回避には華やかな柄シャツを
ノータイで懸念される、Vゾーンの物足りなさ。サックスブルーにボルドーを挿したマルチストライプのシャツが、その隙間を埋めてくれる。ウール混のざっくりとした織り感のジャケットも、ダークネイビーながら退屈にならない要因に。
ジャケット8万6000円/タリアトーレ(シップス 銀座店) シャツ1万9000円/デザインワークス(デザインワークス 銀座)

<p><strong>夏を王道で終えるのはもったいない</strong><br />
ダークネイビーのジャケットに、サックスストライプのシャツ、そしてドット柄のニットタイ。遠目には、夏のビジネススタイルにおける王道Vゾーンに見える。しかし、シャツに隠し技が。パネル状に組み合わせた異なるピッチのストライプが、王道の中に遊びを与える。<br />
<small>ジャケット6万3000円、シャツ2万3000円、タイ1万5000円/以上ポール・スチュアート(ポール・スチュアート GINZA TIMELESS 8店)</small></p>

夏を王道で終えるのはもったいない
ダークネイビーのジャケットに、サックスストライプのシャツ、そしてドット柄のニットタイ。遠目には、夏のビジネススタイルにおける王道Vゾーンに見える。しかし、シャツに隠し技が。パネル状に組み合わせた異なるピッチのストライプが、王道の中に遊びを与える。
ジャケット6万3000円、シャツ2万3000円、タイ1万5000円/以上ポール・スチュアート(ポール・スチュアート GINZA TIMELESS 8店)

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop