最旬「ミリタリーパンツ」着こなしの注意点は?【ビームス中村さん&西口さん対談】

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

“今なコンサバ”を表現する鍵は、旬と定番の捉え方。紳士の装いのキーアイテムをどう解釈し、装うか。ビームスが誇る二大ディレクターが語り尽くす。

BEAMS 2大ディレクター
中村達也氏 & 西口修平氏[対談 連載]
~トレンドベーシック 2人はどう着るか~

ミリタリーパンツ
左:本来のミリタリーでは珍しいブラックが新鮮なカーゴパンツ。こちらはビームス別注作で、テーパード強めなキャロットシルエットをベースに股上や裾幅などを細かくモディファイしている。3万5000円/ PT TORINO
右:大きな四角形のパッチポケットが特徴的なベイカーパンツ。シルエットはスリムで、イタリアの美脚パンツブランドらしくアレンジされているため。大人が穿きやすいバランスだ。2万9000円/シヴィリア(以上ビームス 公式オンラインショップ)

[Vol.004] Military Pants / ミリタリーパンツ

昨年からイタリアのパンツ専業ブランドでも多く提案されている骨太な雰囲気を色濃く薫らせたミリタリーパンツ。今年もその流れは継続しつつ、昨年にはなかった新機軸も生まれている。本来カジュアル色の強いこのアイテムを大人のコンサバスタイルに取り入れる秘訣は何か?中村さん&西口さんのアドバイスを聞いてみよう。

中村達也氏 & 西口修平氏
左:中村達也さん 右:西口修平さん

ビームス
クリエイティブディレクター 中村達也さん

1963年生まれ。アイビーからフレンチ、ブリティッシュ、クラシコイタリアと、各国のスタイルをリアルタイムで経験。“時代性のあるクラシック”を常に模索している。

ビームスF
ディレクター 西口修平さん

1977年、大阪府生まれ。古着店等で働いたのち、クラシックに目覚めビームスに入社。関西で約10年間販売職を経験し、その後バイヤーに抜擢され上京。2014年より現職。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2022

Spring VOL.333

  1. 1
2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop