>> この記事の先頭に戻る

一番のキモは「台襟の形」にあった!

<p>冒頭写真のうち、左が「いいシャツ」の典型。その秘訣は襟と身頃を繋ぐ「台襟」の形にある。いいシャツの台襟は、端に向かうにつれて上向きにカーブしているのがわかるだろう。また、襟との縫合部も微妙に曲線を描いている。これがどういう効果をもたらすのか? 解説の前に、「よくないシャツ」との比較をしてみよう。</p>

冒頭写真のうち、左が「いいシャツ」の典型。その秘訣は襟と身頃を繋ぐ「台襟」の形にある。いいシャツの台襟は、端に向かうにつれて上向きにカーブしているのがわかるだろう。また、襟との縫合部も微妙に曲線を描いている。これがどういう効果をもたらすのか? 解説の前に、「よくないシャツ」との比較をしてみよう。

<p>「よくないシャツ」は台襟が直線的。上辺・下辺ともに、ほとんどカーブが見られない。この差が着た時の美しさに大きく関係してくる。では、実際に着用して比較してみよう。</p>

「よくないシャツ」は台襟が直線的。上辺・下辺ともに、ほとんどカーブが見られない。この差が着た時の美しさに大きく関係してくる。では、実際に着用して比較してみよう。

<p>「いいシャツ」を着用したところがこちら。普通、シャツを着ると首の後ろから前に向かって襟が下がる形になるが、台襟がカーブしたシャツは首元で襟がグッと持ち上がる形になる。これによって、襟周りがシャキッと立体的に見えるのだ。ネクタイを締めたときも、ノットが自然と上に向き、胸元をたくましく見せてくれる。</p>

「いいシャツ」を着用したところがこちら。普通、シャツを着ると首の後ろから前に向かって襟が下がる形になるが、台襟がカーブしたシャツは首元で襟がグッと持ち上がる形になる。これによって、襟周りがシャキッと立体的に見えるのだ。ネクタイを締めたときも、ノットが自然と上に向き、胸元をたくましく見せてくれる。

<p>大して「よくないシャツ」の場合、台襟が直線なので襟元が下がってしまう。すると全体的に襟がペタっと寝た印象に見えてしまうのだ。同じネクタイを締めても、「いいシャツ」とは立体感が歴然と違う。</p>

大して「よくないシャツ」の場合、台襟が直線なので襟元が下がってしまう。すると全体的に襟がペタっと寝た印象に見えてしまうのだ。同じネクタイを締めても、「いいシャツ」とは立体感が歴然と違う。

あわせて、こんな微差もチェックしたい (写真3点)

<p>裾部分の処理はシャツ作りの美学が表れるポイント。通常、裾部分はほつれ防止のため生地の端を巻いて仕上げるが、高級なシャツほど巻きが細く、縫製の処理も繊細。仕上げが粗いものは肌に当たってゴロつきの原因にもなるため、着心地にも関係してくる。</p>

裾部分の処理はシャツ作りの美学が表れるポイント。通常、裾部分はほつれ防止のため生地の端を巻いて仕上げるが、高級なシャツほど巻きが細く、縫製の処理も繊細。仕上げが粗いものは肌に当たってゴロつきの原因にもなるため、着心地にも関係してくる。

<p>シャツの顔である襟のステッチにも注目したい。一般的に、ピッチが均一で細かいものほど高級とされる。</p>

シャツの顔である襟のステッチにも注目したい。一般的に、ピッチが均一で細かいものほど高級とされる。

<p>ボタンをつける際に、しっかり“根巻き”が行われているものは、それだけ手間がかかっている証拠となる。</p>

ボタンをつける際に、しっかり“根巻き”が行われているものは、それだけ手間がかかっている証拠となる。

季節が夏に向かう今の時期、シャツの新調を考えている方も多いはず。価格に見合ったクオリティのものを求めるなら、ここで紹介したポイントをチェックして購入いただきたい。

誰でも簡単にお洒落になれる!「Style Up Trial」の関連記事はコチラ: Style Up Trial

関連記事:「シャツの襟型の違い」を知っておこう

構成・文=小曽根広光

<p>冒頭写真のうち、左が「いいシャツ」の典型。その秘訣は襟と身頃を繋ぐ「台襟」の形にある。いいシャツの台襟は、端に向かうにつれて上向きにカーブしているのがわかるだろう。また、襟との縫合部も微妙に曲線を描いている。これがどういう効果をもたらすのか? 解説の前に、「よくないシャツ」との比較をしてみよう。</p>

冒頭写真のうち、左が「いいシャツ」の典型。その秘訣は襟と身頃を繋ぐ「台襟」の形にある。いいシャツの台襟は、端に向かうにつれて上向きにカーブしているのがわかるだろう。また、襟との縫合部も微妙に曲線を描いている。これがどういう効果をもたらすのか? 解説の前に、「よくないシャツ」との比較をしてみよう。

<p>「よくないシャツ」は台襟が直線的。上辺・下辺ともに、ほとんどカーブが見られない。この差が着た時の美しさに大きく関係してくる。では、実際に着用して比較してみよう。</p>

「よくないシャツ」は台襟が直線的。上辺・下辺ともに、ほとんどカーブが見られない。この差が着た時の美しさに大きく関係してくる。では、実際に着用して比較してみよう。

<p>「いいシャツ」を着用したところがこちら。普通、シャツを着ると首の後ろから前に向かって襟が下がる形になるが、台襟がカーブしたシャツは首元で襟がグッと持ち上がる形になる。これによって、襟周りがシャキッと立体的に見えるのだ。ネクタイを締めたときも、ノットが自然と上に向き、胸元をたくましく見せてくれる。</p>

「いいシャツ」を着用したところがこちら。普通、シャツを着ると首の後ろから前に向かって襟が下がる形になるが、台襟がカーブしたシャツは首元で襟がグッと持ち上がる形になる。これによって、襟周りがシャキッと立体的に見えるのだ。ネクタイを締めたときも、ノットが自然と上に向き、胸元をたくましく見せてくれる。

<p>大して「よくないシャツ」の場合、台襟が直線なので襟元が下がってしまう。すると全体的に襟がペタっと寝た印象に見えてしまうのだ。同じネクタイを締めても、「いいシャツ」とは立体感が歴然と違う。</p>

大して「よくないシャツ」の場合、台襟が直線なので襟元が下がってしまう。すると全体的に襟がペタっと寝た印象に見えてしまうのだ。同じネクタイを締めても、「いいシャツ」とは立体感が歴然と違う。

<p>裾部分の処理はシャツ作りの美学が表れるポイント。通常、裾部分はほつれ防止のため生地の端を巻いて仕上げるが、高級なシャツほど巻きが細く、縫製の処理も繊細。仕上げが粗いものは肌に当たってゴロつきの原因にもなるため、着心地にも関係してくる。</p>

裾部分の処理はシャツ作りの美学が表れるポイント。通常、裾部分はほつれ防止のため生地の端を巻いて仕上げるが、高級なシャツほど巻きが細く、縫製の処理も繊細。仕上げが粗いものは肌に当たってゴロつきの原因にもなるため、着心地にも関係してくる。

<p>シャツの顔である襟のステッチにも注目したい。一般的に、ピッチが均一で細かいものほど高級とされる。</p>

シャツの顔である襟のステッチにも注目したい。一般的に、ピッチが均一で細かいものほど高級とされる。

<p>ボタンをつける際に、しっかり“根巻き”が行われているものは、それだけ手間がかかっている証拠となる。</p>

ボタンをつける際に、しっかり“根巻き”が行われているものは、それだけ手間がかかっている証拠となる。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop