>> この記事の先頭に戻る

ブリューワー
「自身の着こなしに欠かせない色」として、ブルーを挙げるアラン社長。イタリア的な鮮やかなブルーと比べて、少しスモーキーなブルーグレーのジャケットに同系色のドットタイ。シャツは白リネンを愛用。これぞ‟今なフレンチスタイル“のお手本だ。

2019年6月、知られざるアーカイブ生地を求めて、ビームスバイヤー陣がフランス・ニースに飛んだ!

ブリューワー
ブリューワーのニース本社にて、社長のアラン氏とともにアーカイブ生地をチェック。

話は去年の夏に遡る。6月のピッティ・ウォモの後、ビームスのバイヤーチームが南仏・ニースにあるブリューワー本社まで、2020年春夏コレクションのための新しい生地を膨大なアーカイブから発掘しに行くことになった。いざ、本社に行ってみると、出てくる出てくる、アーカイブデザインのお宝たち……。これには、バイヤーの皆さんも大興奮! 時を忘れて、真剣に今のスタイルに合いそうなデザインをセレクトしていった。

1970年~80年代のヴィンテージアーカイブは、
他ではなかなか見られない“フレンチな柄”の宝庫だった!

ブリューワー
ストライプ柄ひとつとっても、ラインの中にさらに柄があったり、ドットでストライプが構成されていたりと、他のブランドには見られないようなものがたくさんある。

「私たちのブランドは、フランスならではの明るいネイビーブルーを中心に、イタリアのネクタイブランドにはない、独特な色彩やパターンのアーカイブを膨大な数、持っているのが強みです。それらのデザインを生かすには、素材と作りのコンビネーションが重要になります。ですから、生産はイタリアの最高の工房と組んで、1世紀前から受け継がれる旧織機で丁寧に織り上げています」と、アラン氏。

「昔は、シルクタイだけを作っていましたが、時代を重ねるうちにコットンやリネン、ウールも織り交ぜながら、多様なエフェクトを持つネクタイを作れるようなりました。私たちのテイストの醍醐味は‟ミックスカルチャー“にあると思います。オーストリアに創業し、ブリュッセルにも本社を構えた時期もあり、そして4世代をかけてフランスのニースに移転してきました。

そんな中でたくさんの国の人々と触れ合い、それらの異なる文化を経験することによって多様な色柄の表現が生まれてきました。とはいえ、そのデザインは時が経っても決して廃れることがない‟タイムレス”であることが私たちのネクタイの魅力だと思います。それは、ポルシェの911が、時代とともにモデルチェンジをしながら、永遠にタイムレスであるのと同じことです」

そうして100年以上の年月をかけてタイムレスに残されてきたアーカイブは、膨大な数がある。ということで、今回はアラン社長が事前に1970~1980年代のデザインを中心にセレクトして用意してくれた。それだけでもかなりの量! 確かに、1つ1つ並べて見ていくと、これまであまり見たことがないような、ポップなカラーリングのドット柄や個性的な幾何学柄など、ハッと心惹かれるデザインが多いことが分かる。

ブリューワー
アラン氏の解説を聞きながら、思い思いに好みの生地をセレクト。

個性的な柄のオンパレード!

<p><strong>1930年</strong></p>
<p>アラン氏の父である、3代目エリック・ブリューワー氏。この年に、ブリューワーに入社した。</p>

1930年

アラン氏の父である、3代目エリック・ブリューワー氏。この年に、ブリューワーに入社した。

<p><strong>1938年</strong></p>
<p>第二次世界大戦直前、本社はベルギーのブリュッセルに。この頃、すでにたくさんのネクタイのサンプルがずらりと並び、事業が拡大していたことが分かる。</p>

1938年

第二次世界大戦直前、本社はベルギーのブリュッセルに。この頃、すでにたくさんのネクタイのサンプルがずらりと並び、事業が拡大していたことが分かる。

<p><strong>1938年</strong></p>
<p>ウィーンでネクタイ生産のために、ファブリックをカットしているところ。</p>

1938年

ウィーンでネクタイ生産のために、ファブリックをカットしているところ。

<p><strong>1938年</strong></p>
<p>ブリュッセルの本社。縫製も、職人が1枚1枚手仕事で行っていた。</p>

1938年

ブリュッセルの本社。縫製も、職人が1枚1枚手仕事で行っていた。

<p><strong>1946年</strong></p>
<p>第二次世界大戦の直前にエリック・ブリューワー氏が避難した本社。</p>

1946年

第二次世界大戦の直前にエリック・ブリューワー氏が避難した本社。

<p><strong>1946年</strong></p>
<p>ブリュッセル本社の窓は、シルク生地でディスプレイされていた。</p>

1946年

ブリュッセル本社の窓は、シルク生地でディスプレイされていた。

<p><strong>1946年</strong></p>
<p>ブリュッセルにて、エージェントのミーティング風景。</p>

1946年

ブリュッセルにて、エージェントのミーティング風景。

<p><strong>1957年</strong></p>
<p>パリのシャンゼリゼ通りの近くで、有名俳優のエディ・コスタンティーヌにブリューワーのネクタイを見せるオートクチュールデザイナーのカルヴェン女史。</p>

1957年

パリのシャンゼリゼ通りの近くで、有名俳優のエディ・コスタンティーヌにブリューワーのネクタイを見せるオートクチュールデザイナーのカルヴェン女史。

<p>テディベアの柄は、1980年代にアメリカ市場で流行したそう。こちらはビビッドカラーをベースに、セーリングをするテディベア柄。</p>

テディベアの柄は、1980年代にアメリカ市場で流行したそう。こちらはビビッドカラーをベースに、セーリングをするテディベア柄。

<p>サッカーテディベア。</p>

サッカーテディベア。

<p>カラフルなドットで構成されたストライプ柄も印象的。</p>

カラフルなドットで構成されたストライプ柄も印象的。

<p>ジャカードの小紋も、どこか柄ゆきが独創的だ。</p>

ジャカードの小紋も、どこか柄ゆきが独創的だ。

<p>ラインの中に幾何学柄の織りを混ぜ込んだストライプ柄。</p>

ラインの中に幾何学柄の織りを混ぜ込んだストライプ柄。

<p>大柄ペイズリーも、少しかすれたような色のトーンが美しい。</p>

大柄ペイズリーも、少しかすれたような色のトーンが美しい。

<p>逆に、ビビッドカラーでかなりコントラストを効かせたペイズリー柄も。</p>

逆に、ビビッドカラーでかなりコントラストを効かせたペイズリー柄も。

<p>シンプルなネイビー小紋も、面白い幾何学小紋の見本がたくさんある。</p>

シンプルなネイビー小紋も、面白い幾何学小紋の見本がたくさんある。

<p><strong>ダブルリング小紋①</strong></p>
<p>黒ベースのダブルリング小紋は、大柄グレンチェックに白シャツで、モノトーン合わせが◎。白シャツは、タブカラーやラウンドなどの襟型のほうが洒落感UP。スーツが無地だとタイの柄が目立ちすぎるが、これくらい大柄のチェック柄だと柄のバランスのまとまりがよくなる。</p>

ダブルリング小紋①

黒ベースのダブルリング小紋は、大柄グレンチェックに白シャツで、モノトーン合わせが◎。白シャツは、タブカラーやラウンドなどの襟型のほうが洒落感UP。スーツが無地だとタイの柄が目立ちすぎるが、これくらい大柄のチェック柄だと柄のバランスのまとまりがよくなる。

<p><strong>ダブルリング小紋②</strong></p>
<p>ジャケットの場合も同様で、ウインドウペーンなどの大柄が相性◎。この場合も、色みはモノトーンでまとめよう。シャツは①と同様にタブカラーで。ジャケットが少しカジュアルめの素材感ならレギュラーカラーもあり。</p>

ダブルリング小紋②

ジャケットの場合も同様で、ウインドウペーンなどの大柄が相性◎。この場合も、色みはモノトーンでまとめよう。シャツは①と同様にタブカラーで。ジャケットが少しカジュアルめの素材感ならレギュラーカラーもあり。

<p><strong>クレイジークレスト柄①</strong></p>
<p>黒ベースのクレイジークレスト柄は、柄の一色を拾うとバランスよくまとまる。ここでは、ブルーのロンストクレリックシャツ、チーフはパープルを差すことで全体的に統一感のある胸元に。</p>

クレイジークレスト柄①

黒ベースのクレイジークレスト柄は、柄の一色を拾うとバランスよくまとまる。ここでは、ブルーのロンストクレリックシャツ、チーフはパープルを差すことで全体的に統一感のある胸元に。

<p><strong>クレイジークレスト柄②</strong></p>
<p>紺ブレでシックにまとめた①に対し、こちらは黒のクレストを主役にした「柄×柄×柄」のコーディネート。こげ茶ベースにグレーのワイドストライプスーツ、ネイビーとベージュのストライプシャツを合わせた。こうした派手柄のネクタイの場合、シャツやスーツの柄の幅や色を調整すると、上手く馴染ませることが出来る。</p>

クレイジークレスト柄②

紺ブレでシックにまとめた①に対し、こちらは黒のクレストを主役にした「柄×柄×柄」のコーディネート。こげ茶ベースにグレーのワイドストライプスーツ、ネイビーとベージュのストライプシャツを合わせた。こうした派手柄のネクタイの場合、シャツやスーツの柄の幅や色を調整すると、上手く馴染ませることが出来る。

<p><strong>マルチカラードット柄①</strong></p>
<p>ドットの一色であるイエローを拾ったストライプシャツに、チーフもイエローをチョイス。シャツとネクタイ、チーフでかなり色を使っているので、スーツはダークブラウンで落ち着かせるのがポイント。</p>

マルチカラードット柄①

ドットの一色であるイエローを拾ったストライプシャツに、チーフもイエローをチョイス。シャツとネクタイ、チーフでかなり色を使っているので、スーツはダークブラウンで落ち着かせるのがポイント。

<p><strong>マルチカラードット柄②</strong></p>
<p>ネクタイのブラウン基調を生かし、今度はコットンウールのベージュスーツを。ここでもネクタイの色を拾って、白ではなくミントグリーンのクレリックシャツを合わせ、クラシックながら色合いで軽さを出しているのがポイント。チーフにもペールトーンを入れて統一感を。</p>

マルチカラードット柄②

ネクタイのブラウン基調を生かし、今度はコットンウールのベージュスーツを。ここでもネクタイの色を拾って、白ではなくミントグリーンのクレリックシャツを合わせ、クラシックながら色合いで軽さを出しているのがポイント。チーフにもペールトーンを入れて統一感を。

  1. 2
3
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop