日本フェンシング協会会長・太田雄貴さんが「夏の装いで大切にしていること」とは? 日本フェンシング協会会長・太田雄貴さんが「夏の装いで大切にしていること」とは?

>> この記事の先頭に戻る

アマチュアこそ、カッコいいスイングを目指そう!

ゴルフは、ショットの結果がすべてです。個性的なスイングをしていても、自分が思ったところに球を飛ばせていれば、まったく問題ありません。実際にプロゴルファーのなかにも、個性的なスイングで優秀な成績を収めている選手がいます。

ただし、プロが個性的なスイングで結果を出せているのは、練習量が多いからなんです。彼らはカタチではなく、感覚としてボールをとらえることができています。ところが、アマチュアの場合はそうはいきません。練習する時間が限られていますから、やみくもにボールを打つよりも、良いスイングを目指したほうが結果もついてくるはず。アマチュアゴルファーこそ、最初はスイングのカタチにこだわるべきなんです。

「アイアンでハンドファーストに打つ!」【ゴルフのお悩み解決レッスン vol.13】

正しいトップのポジションをカラダに覚え込ませよう!

スイングを向上するためには、まずは正しいトップの位置を覚えましょう。ゴルフスイングではボールを打ち抜くインパクトがもっとも大切なのですが、そもそもトップの位置が悪いと、正しいインパクトを迎えづらくなるからです。

では、アマチュアによく見られる良くないパターンを挙げてみます。どこがプロのスイングと異なっているか分かるでしょうか?

良くないパターン その1

パターン1は、腕でだけでクラブを担ぎ上げていて、肩がまったく回転していません。これだと球が飛ばないし、クラブがアウトサイド・イン軌道になりやすく、スライスが出がちです。

良くないパターン その2

パターン2は、逆にカラダを使いすぎていて、腕を使うことができていません。球は飛ばせると思いますが、正確性には欠けるスイングです。ゴルフのレッスンによくある「クラブを低く長くテークバックする」を意識しすぎると、このようになりがちです。 これら2つのパターンは正反対のスイングに思えますが、実は、スイングを悪くしている原因は同じ。どちらのパターンも、右ヒジの使い方が悪いのです。

  1. 2
3

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop