アルマーニ アルマーニ

>> この記事の先頭に戻る

「歌舞伎の古典作品は実際に演じることで学ぶことが多いです」

尾上松也
平成31年 浅草公会堂『源平布引滝 義賢最期』木曽先生義賢 尾上松也

平成31年「新春浅草歌舞伎」では義賢を演じた。大詰めの場面で義賢が「仏倒れ」という両腕を開いて前に倒れる演出が有名。2020年1月の「新春浅草歌舞伎」でも若手を率いて公演が行われる。


仕事着はスリーピースのスーツ、私服はリラックスを最優先

歌舞伎俳優といえば、仕事着に着物を着ているイメージもあるが、スーツも「着る機会が多くて大切なアイテム」だと松也さんは語る。「初日と千穐楽(せんしゅうらく)はスーツでご挨拶に伺いますし、初役のお役ご指導のお願いの際にもスーツを着ます。ベストがあったほうが格好いいと思うので基本的にはスリーピースを好みますね。色はダークグレーが好きで、ご挨拶が多いので、必然的にシックなものを選びます。

私服は締め付けのないノンストレスのスタイルが大好き。お気に入りのリック・オウエンスのサルエルパンツは何着も持っているので、トップスも夏はTシャツ、冬はパーカなどゆったりしたのを合わせます。リラックスしていたいです」

KABUKI

風の谷のナウシカ

新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』
宮崎 駿の原作漫画『風の谷のナウシカ』全7巻が、通し狂言の新作歌舞伎として12月に上演される。主演のナウシカ役は尾上菊之助、クシャナ役は中村七之助。劇場は新橋演舞場。公演期間は12月6日(金)から25日(水)、昼の部は11時開演、夜の部は16時30分開演。9日、10日、11日は貸切公演。
チケットWeb松竹http://www1.ticket-web-shochiku.com/t/

[MEN’S EX 2019年12月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop