最高クラスのスピード

ハイブリッドモジュールを搭載するにあたって問題になるのが重量だ。エンジンに加えてモーターを増設するのだから、重量は重くなる。ハイブリッドモジュールの搭載によって増加した重量270kgは出力の増強によって解決したが、総重量1570kgに抑えるには徹底的な研究が必要だったという。

重量問題を解決するにあたりシャシー、つまり車体の骨組みとなる部分を完全に再設計した。カーボンファイバーによる新パーツや、2種類の新たなアルミ合金など、素材レベルから設計し直すことによって、軽量化や強化を実現したという。

これらの工夫やパワートレインの性能向上により、SF90 ストラダーレの最高速は340km/hに到達。0-100km/hでは2.5秒、0-200km/hでは6.7秒を記録している。

なお、SF90 ストラダーレという名前は、フェラーリのレーシングチーム、スクーデリア・フェラーリ創立90周年に因んで名付けらており、レースで培った技術を市販車に落とし込んでいることが表されている。

ディテールと会場の雰囲気をチェック!(写真8枚)



※表示価格は税抜き

写真/フェラーリ・ジャパン 編集・文/iconic

関連記事: フェラーリ初のPHEV「SF90ストラダーレ」に高まる期待。数値を見るだけでワクワクがとまらない!

ボディサイズは全長4710mm、全幅1972mm、全高1186mm。スポーツカーにとって重要な重量は1570kgに抑えられている。

ボディサイズは全長4710mm、全幅1972mm、全高1186mm。スポーツカーにとって重要な重量は1570kgに抑えられている。

コーナリングを高速で駆け抜けるために重要なダウンフォースは、250km/hで390kgを獲得することに成功している。これは、フェラーリのエアロダイナミクス部門とデザイン部門が綿密にデザインした結果。

コーナリングを高速で駆け抜けるために重要なダウンフォースは、250km/hで390kgを獲得することに成功している。これは、フェラーリのエアロダイナミクス部門とデザイン部門が綿密にデザインした結果。

エンジンカバーの後端部には、可動式のパーツが吊り下げられており、状況によってダウンフォースを効率的に管理する。

エンジンカバーの後端部には、可動式のパーツが吊り下げられており、状況によってダウンフォースを効率的に管理する。

ドーム状のコックピットと、スリットが入ったヘッドライトが特徴的なフロントフェイス。マトリックスLEDヘッドランプと呼ばれる技術により、あらゆる状況下で視界を向上させる。

ドーム状のコックピットと、スリットが入ったヘッドライトが特徴的なフロントフェイス。マトリックスLEDヘッドランプと呼ばれる技術により、あらゆる状況下で視界を向上させる。

発表会は最新テクノロジーを駆使した演出により大いに盛り上がった。

発表会は最新テクノロジーを駆使した演出により大いに盛り上がった。

発表会は最新テクノロジーを駆使した演出により大いに盛り上がった。

発表会は最新テクノロジーを駆使した演出により大いに盛り上がった。

フェラーリの意欲モデルだけに会場には多くのメディア、関係者が集まった。

フェラーリの意欲モデルだけに会場には多くのメディア、関係者が集まった。

フェラーリが未来を見据えて作ったSF90のコピーは「BEYOND IMAGINATION」。フェラーリ社の歴史でも重要な意味を持つモデルになることは間違いない。

フェラーリが未来を見据えて作ったSF90のコピーは「BEYOND IMAGINATION」。フェラーリ社の歴史でも重要な意味を持つモデルになることは間違いない。

  1. 2

SHOES

人気の靴 その歴史

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop