>> この記事の先頭に戻る

トレーニングの手順(写真3点)

じっくりと10回/ 1セットを1日2セット実施が目安。効果UPのコツは、正しいフォームを意識しながらきっちりと動作すること。できるだけゆっくりと、指先からつま先まで、手足を前後にしっかりと伸ばすように実施すれば、筋力のベースが作っていけます。呼吸は自然と続けるのがよいでしょう。緩慢な動作で手足を伸ばしてもあまり効果は期待できません。体幹や腰・背中に意識を集中しながら実施してください。

トレーニングは気持ちの安定剤

忙しい日常の合間にトレーニングを行うことは簡単ではない。森さんの場合、筋トレ継続の原動力は、そんな辛いワークアウトを行った後の充実感や達成感だという。「運動前は足取りが重くても、トレーニングを行った後は、晴れやかな気持ちになり、『ん、何でこんなことで悩んでいたんだろう??』と思えるはずです。私は、体が重く感じる時、あえて体を動かすようにしています。本来のイキイキとした自分に戻すためのリコンディショニング法と捉えてみてください」。



[MEN’S EX 2019年7・8月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
<b>Step 1</b><hr style='margin-bottom: 20px'>床に両手・両膝をつき、軽く顔を上げ、視線は前方に

Step 1
床に両手・両膝をつき、軽く顔を上げ、視線は前方に

<b>Step 2</b><hr style='margin-bottom: 20px'>1の状態から、対角線になる手足<右手と左脚>をゆっくりと伸ばす。指の先からつま先まで一直線になるようなイメージで。伸ばしきったところで2〜3秒間静止。

Step 2
1の状態から、対角線になる手足<右手と左脚>をゆっくりと伸ばす。指の先からつま先まで一直線になるようなイメージで。伸ばしきったところで2〜3秒間静止。

<b>Step 3</b><hr style='margin-bottom: 20px'>一旦、1の状態に戻り、逆の手足も同様に動作。左右交互にできるだけゆっくり、指先からつま先まで、手足を前後にしっかりと伸ばすように。

Step 3
一旦、1の状態に戻り、逆の手足も同様に動作。左右交互にできるだけゆっくり、指先からつま先まで、手足を前後にしっかりと伸ばすように。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop