ブラックタイ / Black Tie

ブラックタイ
タキシード9万4000円、シャツ1万4500円〈以上オーダー価格〉、チーフ1500円/以上麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)

スタッドボタンに次いでフォーマルなのが比翼仕立てのウイングカラーシャツ。

<strong>オペラパンプス / Opera Pumps</strong><br>オペラパンプス2万7000円/リーガル(リーガルコーポレーション)

オペラパンプス / Opera Pumps
オペラパンプス2万7000円/リーガル(リーガルコーポレーション)

<strong>ボウタイ / Bow Tie</strong><br>ボウタイとカマーバンドは、黒無地のシルクで揃えるのがタキシードスタイルの決まり。5500円/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)

ボウタイ / Bow Tie
ボウタイとカマーバンドは、黒無地のシルクで揃えるのがタキシードスタイルの決まり。5500円/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)

<strong>カマーバンド / Cummerbund</strong><br>ボウタイに揃えて黒シルクを選ぶ。ヒダの向きを上向きに着けるのが正解。1万2000円/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)

カマーバンド / Cummerbund
ボウタイに揃えて黒シルクを選ぶ。ヒダの向きを上向きに着けるのが正解。1万2000円/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)

<strong>サスペンダー / Suspender</strong><br>タキシードパンツにはベルトループがなくサスペンダーは必須。背中で交差させ前2点、後2点で留めるのが一般的。1万円/アルバート サーストン(フェアファクスコレクティブ)

サスペンダー / Suspender
タキシードパンツにはベルトループがなくサスペンダーは必須。背中で交差させ前2点、後2点で留めるのが一般的。1万円/アルバート サーストン(フェアファクスコレクティブ)

<strong>カフリンクス / Cuff Links</strong><br>ダブルカフにはシンプルな黒のカフリンクスを選ぶ。3800円/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)

カフリンクス / Cuff Links
ダブルカフにはシンプルな黒のカフリンクスを選ぶ。3800円/麻布テーラー(麻布テーラープレスルーム)

<strong>エナメルのプレーントウ / Opera Pumps</strong><br>靴3万3000円/カインドウェア(カインドウェア)

エナメルのプレーントウ / Opera Pumps
靴3万3000円/カインドウェア(カインドウェア)

<strong>ボウタイ / Bow Tie</strong><br>白の蝶ネクタイ以外はNG。ウエストコートと共生地のモノが望ましい。7000円/カインドウェア(カインドウェア)

ボウタイ / Bow Tie
白の蝶ネクタイ以外はNG。ウエストコートと共生地のモノが望ましい。7000円/カインドウェア(カインドウェア)

<strong>ウエストコート / Waistcoat</strong><br>白い襟付きのウエストコートでVゾーンを華やかに装うのが決まり。3万8000円〈パターンオーダー価格〉/カインドウェア(カインドウェア)

ウエストコート / Waistcoat
白い襟付きのウエストコートでVゾーンを華やかに装うのが決まり。3万8000円〈パターンオーダー価格〉/カインドウェア(カインドウェア)

<strong>カフリンクス&スタッドボタン / Cuff Links & Stud Button</strong><br>白蝶貝か白い石のカフリンクスが国際ルール。ボタンとセットで揃えておこう。セット価格。1万6000円/カインドウェア(カインドウェア)

カフリンクス&スタッドボタン / Cuff Links & Stud Button
白蝶貝か白い石のカフリンクスが国際ルール。ボタンとセットで揃えておこう。セット価格。1万6000円/カインドウェア(カインドウェア)

<strong>【正礼装】《昼》モーニング</strong><br>国家式典など、最も格式高い場に参列する時に着用する昼の礼装。モーニングコートに縞柄パンツ、ベスト、シルバータイが一般的だ。

【正礼装】《昼》モーニング
国家式典など、最も格式高い場に参列する時に着用する昼の礼装。モーニングコートに縞柄パンツ、ベスト、シルバータイが一般的だ。

<strong>【正礼装】《夜》テイルコート</strong><br>燕尾服とも呼ばれる、夜の最礼装。「ホワイトタイ」がこれ。上衣は拝絹付きで、プリーツなしのイカ胸シャツを着る。

【正礼装】《夜》テイルコート
燕尾服とも呼ばれる、夜の最礼装。「ホワイトタイ」がこれ。上衣は拝絹付きで、プリーツなしのイカ胸シャツを着る。

<strong>【準礼装】《昼》ディレクターズスーツ</strong><br>黒、濃紺、濃グレーの上衣に縞柄のパンツ、ベスト、シルバータイをセットした装い。結婚式の主賓や媒酌人が着用することが多い。

【準礼装】《昼》ディレクターズスーツ
黒、濃紺、濃グレーの上衣に縞柄のパンツ、ベスト、シルバータイをセットした装い。結婚式の主賓や媒酌人が着用することが多い。

<strong>【準礼装】《夜》タキシード</strong><br>「ブラックタイ」と書かれた招待状を受けとったら、必ずタキシードを着用する。プリーツ入りのウイングカラーシャツに黒のボウタイが必須。

【準礼装】《夜》タキシード
「ブラックタイ」と書かれた招待状を受けとったら、必ずタキシードを着用する。プリーツ入りのウイングカラーシャツに黒のボウタイが必須。

  1. 2
3

SHOES

人気の靴 その歴史

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

Smartnewsでチャンネル登録
今月の読者プレゼント
サステナ
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop