「上質なジャケット」の見分け方とは——?【ビームス中村さんの上質レクチャー】

NULL
Facebook
Twitter
友だち追加

ドレスウェアのマイスターが徹底指南
中村さん、”上質”の見分け方ってありますか?

ドレスウェアのマイスターが徹底指南

買い物が劇的に変わります

質の良し悪しはどこで見分けるのか?ドレスウェアのプロフェッショナルであるビームスの中村達也さんがM.E.読者に徹底指南。これさえ押さえればもう買い物で迷うことはない。

壇さん・中村さん

右:ビームス クリエイティブディレクター 
中村達也さん
ドレス部門を統括するトップ。スーツをはじめとするドレススタイルに精通し、エレガンスとは何かを教えてくれる貴重な存在。

左:ネクステージグループ 総務部部長 
壇 隆平さん
住宅リフォーム会社にて新規事業の立ち上げや学生の採用を担当。管理職として、採用担当として見栄えのよい装いを心掛けている。


着心地がいい、それが上質の証です

壇さん  管理職としてよりふさわしい身嗜みを心掛けたいのですが、服の質の良し悪しというものがいまいち分からず…。その見分け方をご教示いただきたく、本日は宜しくお願いいたします。


中村さん 中村 こちらこそ宜しくお願いします。まず上質なものは着心地がいい、これに尽きます。ストレスフリーだということは、技術と時間を惜しまず作っている証拠です。そうした服は自然体で着られるのでスーツ姿もサマになりますよ。


壇さん  着心地の良さも見栄えに繋がるんですか。具体的にチェックするポイントはあるのでしょうか?


中村さん 中村 例えばジャケットなら首から肩にかけてのラインが富士の裾野のようになだらかなもの、パンツなら小股がモタつかず生地がきれいに落ちているものが上質かどうかの指標になります。


壇さん  試着しながらポイントを確認することが大切なんですね。


中村さん 中村 最終的には人の手による調整も必要ですが、そもそも良い既製服とは多くの体型をカバーできるように最大公約数で作られているんです。また、試着しなくても見たり触ったりすれば分かるポイントも多々ありますよ。


壇さん  シャツならどこを見るべきですか?クールビズ期間中の今は、シャツ一枚になることも多いので気になります。


中村さん 中村 上質なシャツは台襟の端が上向きにカーブしています。こうした作りだと襟元が立ち上がりノータイでもタイドアップでも襟がきれいに見えますよ。


壇さん  色柄やデザインばかりにとらわれていました。


中村さん 中村 靴や革小物、ネクタイといった小物も、本格的に作られたものは安価なものとは全く違います。例えば精緻で細かいステッチは見た目に美しいのはもちろんのこと、ほつれにくく長く心地よく使うことができます。


壇さん  ステッチひとつにも作り手の美意識が表れるんですね


中村さん 中村 その通りです。このようにそれぞれのポイントを押さえれば、簡単に上質を見分けられますよ。


<span style=font-size:1.1em;><strong>指で吊ったとき肩が前にカーブするか?</strong></span><br /><br /><strong>上質なジャケットは優雅に翼を広げます</strong><br />「前肩仕様のジャケットは、首裏を指で吊ると鳥が翼を広げたような形になる。試着しなくても前肩かどうか見分けられるポイントです」。手持ちのジャケットも確認してみよう。

指で吊ったとき肩が前にカーブするか?

上質なジャケットは優雅に翼を広げます
「前肩仕様のジャケットは、首裏を指で吊ると鳥が翼を広げたような形になる。試着しなくても前肩かどうか見分けられるポイントです」。手持ちのジャケットも確認してみよう。

<span style=font-size:1.1em;><strong>袖を通さなくても腕がカーブしているか?</strong></span><br /><br /><strong>袖のラインは着心地と美観を両立する重要なポイント</strong><br />「縫製とパターンワークを駆使して立体的に作られたジャケットは、肩に手を入れて吊ったときに、腕が前に振れます。体のラインに沿った袖は着やすさと見た目の美しさを両立させます」

袖を通さなくても腕がカーブしているか?

袖のラインは着心地と美観を両立する重要なポイント
「縫製とパターンワークを駆使して立体的に作られたジャケットは、肩に手を入れて吊ったときに、腕が前に振れます。体のラインに沿った袖は着やすさと見た目の美しさを両立させます」

<span style=font-size:1.1em;><strong>ラペルの裏がプツプツしているか?</strong></span><br /><br /><strong>毛芯が縫い付けられていれば型崩れしにくい</strong><br />「ラペル裏を触ったときにプツプツとした凹凸を感じたら、接着芯ではなく毛芯が縫い付けられている証拠。スーツが長持ちします」。既製服でも毛芯仕立てであれば必ず凹凸はあるそうだ。

ラペルの裏がプツプツしているか?

毛芯が縫い付けられていれば型崩れしにくい
「ラペル裏を触ったときにプツプツとした凹凸を感じたら、接着芯ではなく毛芯が縫い付けられている証拠。スーツが長持ちします」。既製服でも毛芯仕立てであれば必ず凹凸はあるそうだ。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

VOL.318

1・2&3

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop