>> この記事の先頭に戻る

用途に応じた実用的アウターも面白い

■CAMPLIN

pitti_white_180208_67.jpg

「カンプリン」は、もともと英国のPコートの起源としても知られるコート。 もともと1850年代に、英国のカンプリン家は、英国海軍のユニフォームのサプライヤーとして有名で、Mr.カンプリンが海軍用のコートを発案したのが、いまのPコートの起源とも言われている。ちなみに、フロントボタンにぶら下がっている短いロープのようなコードは何か? ……これにはちゃんと意味がある。海軍の人たちが甲板で作業をする際、防寒で中にニットを着こむため着膨れして前ボタンが止まらなくなっても、このロープを引っ掛けておけばフロントが開かずに風が入ってこないという、実用性が考慮されているそうだ。こうした歴史あるコートのディテールも、なかなか興味深い。



■LODENTAL

ローデンタルのコート

こちらは、オーストリアの伝統的な狩猟用外套である「ローデンコート」をモチーフにしたイタリアブランド「ローデンタル」。ローデンコートはもともとは狩猟用外套であったたため、ウールを縮絨させ、防水性や防寒性を高めたローデンクロスが使われている。 肩が動きやすいようにフローティングショルダーになっていたり、動きやすいよう背面には大きなプリーツが入っているのも特徴。ローデンタルのコートは、伝統的な意匠は踏襲しながらも、表地と裏地の色使いにコントラストをつけることで、襟を立てたときの襟裏や脱いだときの華やかさ、モダンさを加えているのが面白い。


IBRIGUの関連リンクはコチラ

続きは WHITE REPORT vol.3 へ

撮影・文/平澤香苗(MEN’S EX ONLINE)

スーツ地やブランケット地をコンビに組み合わせたマント。

スーツ地やブランケット地をコンビに組み合わせたマント。

リバーシブル仕様のものも。

リバーシブル仕様のものも。

フロントにステッチつき。

フロントにステッチつき。

かなり個性的なエルマノさん。

かなり個性的なエルマノさん。

自身がモデルとなって撮影したスタイル実例スナップも、たくさん展示されていた。

自身がモデルとなって撮影したスタイル実例スナップも、たくさん展示されていた。

左のように、トーントーンでアウターとインナーを組み合わせてもよし、右のようにインナーを派手な色にしてコントラストをつけるもよし。

左のように、トーントーンでアウターとインナーを組み合わせてもよし、右のようにインナーを派手な色にしてコントラストをつけるもよし。

ライニングのオレンジが利いている。

ライニングのオレンジが利いている。

中のライトダウンも、単体として着ることができる。

中のライトダウンも、単体として着ることができる。

アウターとライニングが、それぞれ別売というのも便利。

アウターとライニングが、それぞれ別売というのも便利。

ライニングだけほしい人はライニングだけでもOK。

ライニングだけほしい人はライニングだけでもOK。

デザインをして(ペン)、生地を切り(ハサミ)、服を作り(蜂)、着てハッピーになる(クローバー)という意味をこめたブランドのロゴマーク。

デザインをして(ペン)、生地を切り(ハサミ)、服を作り(蜂)、着てハッピーになる(クローバー)という意味をこめたブランドのロゴマーク。

お馴染み、Pコートのフロントボタンに、ロープのようなコードがくっついている。

お馴染み、Pコートのフロントボタンに、ロープのようなコードがくっついている。

これをはずして、このように左右の胸ボタンをわたしてかけるとフロントボタンをとめていなくても前がとまって風が入りにくい仕組み。

これをはずして、このように左右の胸ボタンをわたしてかけるとフロントボタンをとめていなくても前がとまって風が入りにくい仕組み。

ボタンホールもテープで補強。

ボタンホールもテープで補強。

雨にも強い縮絨ウールになっている。

雨にも強い縮絨ウールになっている。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop