>> この記事の先頭に戻る

程よい織り感のあるフレスコ生地は
セパレート使いもお手のもの。

Lid tailor
リッドテーラーのシングルピークトスーツ

スーツ 28万円?
オーダー価格、納期5週間〜

リッドテーラーのシングルピークトスーツ

伊達な仕立てで大人の男の色気をアピール
ざっくりした織り感やマットで奥深い色合いの効果で、生真面目にタイドアップしなくとも絵になるのが本格フレスコの良さ。加えてこのスーツは1つボタン、シングルピークトラペル、さらにターンナップした袖口と、洒脱なディテールを採用。ポロを合わせるような着崩しがよく似合い、上下のセパレート使いもしやすい。ちなみに右で合わせたマスタード色のパンツもハーディミニスのフレスコ生地を使用。一見ビビッドだが、茶系のトーンでまとめればシックに落ち着く。

左:ポロ6万7000円/フェデッリ、チーフ〈スタイリスト私物〉 右:パンツ11万円/サルヴァトーレ アンブロージ、靴6万6000円/カルミナ

La scala
ラ・スカーラのダブルブレステッドスーツ

スーツ 23万5000円?
オーダー価格、納期5週間〜

ラ・スカーラのダブルブレステッドスーツ

ムードある色を引き立てる優美なカッティング
採用したハーディミニスのフレスコ素材は、ブラウンとボルドーとの中間的なカラー。ナポリの高度な縫製テクニックを自らのものとした山口信人氏の冴えた仕立てと相まって、ヴィンテージ調の風格と色気を表現する。これをスーツとして着る場合、シャツを白ではなく薄青のシャンブレーとすると、色のインパクトが中和されてぐっと落ち着いた雰囲気に。一方ジャケット単体をセパレート使いするときは、パンツをベーシックなグレーとすると端整なイメージを築きやすい。

左:シャツ3万6000円/ボリエッロ、タイ1万4000円、チーフ8500円/以上パッサージョ クラバッテ 右:パンツ11万円/サルヴァトーレ アンブロージ、靴5万6000円/カルミナ

掲載商品のお問い合わせ先
伊勢丹新宿店 TEL:03-3352-1111(大代表)



[MEN’S EX 2018年4月号の記事を再構成]
撮影/渡辺修身〈人物〉、若林武志〈静物〉 スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/勝間亮平(マスキュラン) 文/吉田 巌(十万馬力)、磯村真介(100miler)

※表示価格は税抜き

  1. 2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop