>> この記事の先頭に戻る

「the STR」
日本ではまだ浸透していないものの、海外では気軽に乗れるレプリカモデルは需要が高く、様々なモデルのレプリカが発売されてきた。現代の技術で蘇った憧れのクルマを手に入れて走らせる…クルマ好きなら心躍る選択肢である。

型式認定や法規のクリアが困難な日本では、あまり例を見ないレプリカ車ながら、片や欧米ではかつて憧れた名車たちを比較的気軽に楽しめることから、けっこうな人気を誇るという。特に、あらゆる分野でアマチュアリズムが尊重されるイギリスは「レプリカ大国」の様相を呈しているのだが、そんな中でもUK CLASSIC FACTORY勝見祐幸代表がイギリスまで足を運び、クォリティやパフォーマンスの面で吟味を重ねて選んだのがリスターベルの「the STR」、そしてAKスポーツカーズの「AK427」だったとのことである。

「the STR」の運転席とインパネ
「the STR」のシート
見た目はクラシカルに、でも中身は現代版。古いクルマを乗る際に非常に重要になるエアコンも、オーダーに応じて追加できるというのがうれしい。

日本での販売価格は装備やオプション、あるいは契約時の為替などによって変動するものの、勝見代表によると現状での「the STR」は1200万円〜、「AK427」は1350万円〜に設定されているとのこと。ご興味を持たれた方は、UK CLASSIC FACTORY(https://www.ukclassicfactory.com/)まで問い合わせされることをおすすめしておきたい。



文/武田公実 写真/柳田由人 編集/iconic



関連記事:80年前から今も新車で販売される英国クラシックカー「モーガン」に試乗してわかったこと

  1. 3
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop