魅せる時計選びは「色気」も重視 → なら、理想はこの3本でしょう

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加

個性の表現として、時計は欠かせないアイテムであり、装いやシーンに応じて、ぜひ使い分けたいもの。何本もの時計を所有したいところだが、とはいえ、よほどの愛好家でない限り難しいのが現実。そこでM.E.は「仕事?ドレス」、「ビジカジ?休日」「休日のレジャー」の3つのシーンをそれぞれ満たせる時計が1本ずつあれば、究極、どんな場面にもフィットすると考えた。

色気も重視タイプのあなたは?

色気も重視タイプのプロフィール

オンもオフも手を抜かない人生観を映すスケルトン
毎日のように、夜の街に繰り出 す。にもかかわらず、同僚から遊び人と揶揄されないのは、仕事は手を抜かないからだ。しかも頭が切れるやり手で、出世頭でもある。ダイヤルにムーブメントを露わにするスケルトンウォッチは華やかで、夜の街に良く似合う。と同時にムーブメントは、表に見せるにふさわしい機能や構造美が備わる。これら3本のスケルトンウォッチは、いずれも自社製ムーブメントを搭載。最初から見せることを想定した設計で、パーツの形状や仕上げなどに気配りがされ、機械としての完成度は極めて高い。見た目は華やか、設計は生真面目。オンもオフも手を抜かない、オーナーの生き様を表す。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2021

Apr. VOL.320

4

[DIGITAL Edition]

  1. 1
2
LINE
SmartNews
無料会員登録
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop