>> この記事の先頭に戻る

小樽を経由して新千歳空港へ340kmドライブ

2日目のドライブは220kmほど先の小樽を経由して新千歳を目指す。D4のカタログ燃費は16.1km/?で、タンク容量は60?。単純計算で約960kmほどの走行が可能になるのだが、今回は信号が少ない北海道だけに数字は軽々それを上回るペースで、余裕で1000km近くは行きそうだった。

途中濃霧だったり、動物注意の看板がでてきたが、自転車や大型動物の検知機能があることを知っていたせいか、ストレスはほぼなし。なるほど、安心はドライバーの負荷を想像以上に減らすものらしい。隣に座っていたカメラマンが運転交代を促してきたが、助けを借りる必要もなくあっという間に小樽へ到着。少し滞在して食事をして、すぐにナビを新千歳にセット。距離は約90km。1時間30分ほどで到着するとアナウンスされた。

小樽で観光(写真2枚)

ここからはまた高速道路をメインの移動。今度はACCをカットしてしっかり運転しながら走ってみる。ディーゼルエンジンの加速感は申し分なく、燃費もここまではカタログ数値以上。確かにディーゼル特有のエンジン音はするが、車内にいる分にはまったく気にならず、どう考えてもメリットの方が大きいと感じた。こちらもストレスなくあっという間にゴール。トータルで走った距離は1100kmほど。燃費は約17.5km/?だったので、下手すると無給油で走り抜けられたかもしれない。

海岸沿いを走るボルボXC60
今のボルボが高く評価される理由を随所に感じられた今回の北海道ツアー。ついつい楽しくて必要以上に走ってしまったのも、クルマに魅力があればこそ。またの機会を楽しみにしたい。

一泊二日で1000kmを走る弾丸ツアーだったのに、疲労感はほぼなし。長距離ドライブの経験は多いが、この疲労度の少なさはなかなか感動するレベルだ。その理由は色々あるが、個人的にはなんのストレスも感じさせないディーゼルエンジンの出足の良さ、それと居心地の良い車内空間が大きかったように思う。

父親が25年ほどボルボに乗っていて、よく長距離ドライブに連れて行ってもらっていたが、その際も常に絶対的な安心感があったことを良く覚えている。内外装のデザインは大きく変わっていても、どこかに通じるものがあるのだろうか。いつか機会があったら、父親にも乗ってもらって感想を聞いてみたいものだ。

XC60のフォトギャラリー(写真10枚)



文/iconic 写真/柳田由人

居心地の良いインテリア。国土交通省が定めている安全性能評価で高い評価を得ている最新デバイスなど、ドライバーを補助する機能の充実度はさすがのひとこ。

居心地の良いインテリア。国土交通省が定めている安全性能評価で高い評価を得ている最新デバイスなど、ドライバーを補助する機能の充実度はさすがのひとこ。

居心地の良いインテリア。国土交通省が定めている安全性能評価で高い評価を得ている最新デバイスなど、ドライバーを補助する機能の充実度はさすがのひとこ。

居心地の良いインテリア。国土交通省が定めている安全性能評価で高い評価を得ている最新デバイスなど、ドライバーを補助する機能の充実度はさすがのひとこ。

居心地の良いインテリア。国土交通省が定めている安全性能評価で高い評価を得ている最新デバイスなど、ドライバーを補助する機能の充実度はさすがのひとこ。

居心地の良いインテリア。国土交通省が定めている安全性能評価で高い評価を得ている最新デバイスなど、ドライバーを補助する機能の充実度はさすがのひとこ。

せっかくの機会なので、途中でICを降りて風景を楽しみながら函館へ向かった。ガソリンスタンドを気にせず走れる点も高燃費グレードのメリットのひとつだろう。

せっかくの機会なので、途中でICを降りて風景を楽しみながら函館へ向かった。ガソリンスタンドを気にせず走れる点も高燃費グレードのメリットのひとつだろう。

せっかくの機会なので、途中でICを降りて風景を楽しみながら函館へ向かった。ガソリンスタンドを気にせず走れる点も高燃費グレードのメリットのひとつだろう。

せっかくの機会なので、途中でICを降りて風景を楽しみながら函館へ向かった。ガソリンスタンドを気にせず走れる点も高燃費グレードのメリットのひとつだろう。

せっかくの機会なので、途中でICを降りて風景を楽しみながら函館へ向かった。ガソリンスタンドを気にせず走れる点も高燃費グレードのメリットのひとつだろう。

せっかくの機会なので、途中でICを降りて風景を楽しみながら函館へ向かった。ガソリンスタンドを気にせず走れる点も高燃費グレードのメリットのひとつだろう。

平日にもかかわらず観光客で賑わう小樽に到着。ナビの到着予想時刻も非常に優秀なのも助かった。一瞬だけ観光してから新千歳を目指す。

平日にもかかわらず観光客で賑わう小樽に到着。ナビの到着予想時刻も非常に優秀なのも助かった。一瞬だけ観光してから新千歳を目指す。

平日にもかかわらず観光客で賑わう小樽に到着。ナビの到着予想時刻も非常に優秀なのも助かった。一瞬だけ観光してから新千歳を目指す。

平日にもかかわらず観光客で賑わう小樽に到着。ナビの到着予想時刻も非常に優秀なのも助かった。一瞬だけ観光してから新千歳を目指す。

  1. 3

SHOES

人気の靴 その歴史

チャーチ

CHURCH'S

ベルルッティ

BERLUTI

トリッカーズ

TRICKER'S

ジョン ロブ

JOHN LOBB

ジェイエムウエストン

J.M.WESTON

サントーニ

SANTONI

クロケット&ジョーンズ

CROCKETT & JONES

オールデン

ALDEN

エドワードグリーン

EDWARD GREEN

LINE
SmartNews
今月の読者プレゼント
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop