>> この記事の先頭に戻る

david_180523_05.jpg Solaro suit dressed down for a casual elegant look, with Gucci loafers and polo shirt by A. Drew & Co. Vintage safety glasses by American Optical.

My own Solaro suit has been an absolute pleasure to wear. What I love about it is the way it changes color in different light. No matter how many times I wear it, it never looks the same. I often catch myself looking at the fabric to see what color it happens to be at any given moment. Like a chameleon, it is constantly changing shades of beige and olive green, with varying degrees of red iridescence with what Dr. Sambon considered the perfect khaki effect.

私自身、ソラーノのスーツをとても楽しんで着ています。このスーツのどこが好きかというと、光によって色の見え方が変わるところです。何度着ても、一度たりとも同じに見えることがありません。時々、今は何色に見えるだろうかと、この生地をじっと見てしまう自分がいます。 サンボン医師が完璧なUV効果を狙って作ったカーキ色と、赤い玉虫色が、見る角度によって、カメレオンのように、常にベージュとオリーブグリーンの色合いを変えているのです。

david_180523_07.jpg Solaro suit dressed up, but keeping it slightly casual with a MTM chambray shirt by Ascot Chang for Brycland’s and a 9.5 cm 7 fold tie by Bulgari.

Although the back story and the curious nature of this fabric initially appealed to my own eccentric nature, I was concerned that it might be too heavy to wear in the steam bath of a Tokyo summer. Weighing in at 11 oz. or 312 grams, Solaro was once considered light weight, but by today’s standards, sounded a bit heavy for summer suiting. When I took delivery of my Solaro suit from Sarto I was pleasantly surprised that I could wear it in comfort on all but the hottest days of summer. Given that wool actually wears cooler than cotton, and assuming one’s suit is cut with proper drape, one need not be worried about melting in the sun.

もともとは、この生地の裏のストーリーと少し変わった性質が、私自身のエキセントリックな性格に似て興味を持ったのですが、蒸し風呂のような東京の夏に、これを着るのは暑すぎるのではないかと心配でした。ソラーノは、生地の厚みは11オンス(312グラム)で、昔は軽い素材と考えられていましたが、現代の基準では、夏用のスーツとしては、やや重く感じます。ですが、サルトからソラーロのスーツが送られてきて、私は驚きました。真夏の本当に暑い時以外は、快適に着ることができたからです。コットンよりもウールの方が実際には涼しく感じるので、スーツに適度なドレープが施されている限りは、このスーツを着ていても、太陽の光で溶ける心配をする必要はありません。

デビッド流・ソラーロスーツのこだわりディテールは?(写真2枚)

As my friend, James Dunsford of Harrisons, told me, “Look David, every gent should have a Solaro suit for summer garden parties. If it was good enough for our bumbling fresh-faced officers in Sudan, I think you’ll love it.” So I do, and so will you.

私の友人である、ハリソンズ オブ エジンバラのジェームス・ダンスフォードは、私にこう言いました。「デビッド、いいかい。男は皆、夏のガーデンパーティ用に、ソラーロのスーツを一着は持っているべきだ。かつてスーダンで若手の英国軍人達が着ていたくらいだから、君も気に入ると思うよ」と。それはその通りでした。そして、あなたも気に入るでしょう。

Smith Woolens Solaro, woven with an olive colored warp and a brick red weft in a herringbone pattern, creating a unique iridescence that changes in various light. スミス・ウーレンのソラーロ生地。外側はカーキ色、内側はレンガ色で、ヘリンボーン柄に織られている。

Smith Woolens Solaro, woven with an olive colored warp and a brick red weft in a herringbone pattern, creating a unique iridescence that changes in various light. スミス・ウーレンのソラーロ生地。外側はカーキ色、内側はレンガ色で、ヘリンボーン柄に織られている。

太陽光に当たると見る角度によって多様な色のトーンに見えて美しい。

太陽光に当たると見る角度によって多様な色のトーンに見えて美しい。

Solaro suit example, from  Instagram @pitti_snap_by_beams

Solaro suit example, from Instagram @pitti_snap_by_beams

Solaro suit example, from  Instagram @pitti_snap_by_beams

Solaro suit example, from Instagram @pitti_snap_by_beams

on the 1st day style of Pitti in last june. Sarto Ginza Solaro suits, Stefano Bigi tie,and Bryceland's  denim shirt. 今年の夏のピッティ初日も、デビッドはサルトでオーダーしたソラーロスーツを着用。ブライスランズのデニムシャツに、ステファノ ビジのタイを合わせて。

on the 1st day style of Pitti in last june. Sarto Ginza Solaro suits, Stefano Bigi tie,and Bryceland's denim shirt. 今年の夏のピッティ初日も、デビッドはサルトでオーダーしたソラーロスーツを着用。ブライスランズのデニムシャツに、ステファノ ビジのタイを合わせて。

A personal touch. Vintage tie bar with the letter L, in loving memory of our yellow Labrador, sweet Lolo . ブル狩りのネクタイに、ヴィンテージのタイバーを合わせて。もう亡くなってしまったが、大好きだった愛犬のラブラドール、「Loro」(ロロ)の頭文字「L」が入っているのが自分ならではのお洒落。

A personal touch. Vintage tie bar with the letter L, in loving memory of our yellow Labrador, sweet Lolo . ブル狩りのネクタイに、ヴィンテージのタイバーを合わせて。もう亡くなってしまったが、大好きだった愛犬のラブラドール、「Loro」(ロロ)の頭文字「L」が入っているのが自分ならではのお洒落。

I designed this suit, made by Sarto, with Gurkha waistband and militarily pockets to reflect the English colonial period during which Solaro fabric was created. サルトで作ったこちらのスーツ、私的なこだわりは、スーツのパンツをグルカパンツ風のウエストバンドにして、ソラーロの生地が出来た時代のように、ジャケットにミリタリー風ポケットをつけたこと。

I designed this suit, made by Sarto, with Gurkha waistband and militarily pockets to reflect the English colonial period during which Solaro fabric was created. サルトで作ったこちらのスーツ、私的なこだわりは、スーツのパンツをグルカパンツ風のウエストバンドにして、ソラーロの生地が出来た時代のように、ジャケットにミリタリー風ポケットをつけたこと。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop