【2018年まとめ】人気だった「日曜日」のコーディネートはコレだ!

Facebook
Twitter
【2018年まとめ】人気だった「日曜日」コーディネートはコレだ!

スーツやジャケットをはじめとする少数精鋭のアイテムを駆使しながら、1週間を通して毎日いかに変化をつけたコーディネートを作れるか?――に挑戦する「スーツの着回し1週間チャレンジ!」。MEN'S EX ONLINEにて大人気のこの着回し企画、2018年を振り返って、曜日ごとのおすすめコーディネートをご紹介! 春夏、秋冬通して、仕事にも休日にも参考になるコーディネートがたくさんあるので、是非チェックしてみよう! 

2018年、人気だった「日曜日」のコーディネートはコレだ!(写真6枚)



スタッフクレジットは各コーディネートの詳細ページに記載
<b><font color=BEAMS
銀座の格式ある店に行くときも、これならきちんと見える!?
ショッピングを楽しむ日曜日に手堅いのは、「アンコンスーツ×レザースニーカーのような、きれいめでラクチンなスマートカジュアル。ランチタイムのレストランやホテルのラウンジでも"パスポート"として通用します」(ビームス プレス・安武俊宏さん)。
グレースーツは月・水・金曜日と活躍中のイージースーツ。上下別々でも着られるうえに、ニットをインすれば休日もこなせる一着は、コストパフォーマンスの高さがおわかりいただけるだろう。「ジャケットの襟は柔らかく立てて、休日感と気楽な素材感をアピール。こうすれば堅苦しいビジネススーツを日曜日にも着ているヤボな人に見えません。ベルトなしで穿ける後ろゴムのパンツも、ほっとする着心地が休日向きです」。
コーディネートの詳細はこちら "/>

BEAMS
銀座の格式ある店に行くときも、これならきちんと見える!?

ショッピングを楽しむ日曜日に手堅いのは、「アンコンスーツ×レザースニーカーのような、きれいめでラクチンなスマートカジュアル。ランチタイムのレストランやホテルのラウンジでも"パスポート"として通用します」(ビームス プレス・安武俊宏さん)。
グレースーツは月・水・金曜日と活躍中のイージースーツ。上下別々でも着られるうえに、ニットをインすれば休日もこなせる一着は、コストパフォーマンスの高さがおわかりいただけるだろう。「ジャケットの襟は柔らかく立てて、休日感と気楽な素材感をアピール。こうすれば堅苦しいビジネススーツを日曜日にも着ているヤボな人に見えません。ベルトなしで穿ける後ろゴムのパンツも、ほっとする着心地が休日向きです」。
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=STRASBURGO
実は、イージースーツは単品でも着られる
日曜日はミドルエイジにとって懐かしい紺ジャケスタイル。
「こちらの紺ジャケは、月曜日、木曜日と着回した紺のパッカブルスーツの上着を単品使いしたもの。かっちりした仕立ての正統派スーツは上下揃いで着るのが基本ですが、こうした軽快仕立てのスーツなら上下別々で着ることもできてコストパフォーマンスが高い。この紺ジャケを軸に、青無地のドレスシャツ、ベージュの美脚チノ、白のレザースニーカーで、程良くカジュアルでもラフすぎない清潔感のある着こなしを目指しました」。
コーディネートの詳細はこちら "/>

STRASBURGO
実は、イージースーツは単品でも着られる

日曜日はミドルエイジにとって懐かしい紺ジャケスタイル。
「こちらの紺ジャケは、月曜日、木曜日と着回した紺のパッカブルスーツの上着を単品使いしたもの。かっちりした仕立ての正統派スーツは上下揃いで着るのが基本ですが、こうした軽快仕立てのスーツなら上下別々で着ることもできてコストパフォーマンスが高い。この紺ジャケを軸に、青無地のドレスシャツ、ベージュの美脚チノ、白のレザースニーカーで、程良くカジュアルでもラフすぎない清潔感のある着こなしを目指しました」。
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=伊勢丹
ネッカチーフ&パッカブルコートで脱・休日のお父さん
美発色のパッカブルコートが一着あれば、ビジネスからカジュアルまで大活躍。デザイン性が感じられるハイブランドものなら、コンサバスタイルにサッと羽織るだけで、今っぽくアップデートすることが可能だ。
「公園でピクニックをしたり、街へショッピングに繰り出したりと、家族とアクティブに過ごす秋の休日は、パッカブルコートが活躍します。ポイントはネッカチーフ。首元に小さく巻いてポイントを作れば、シャツやカーディガン、チノパンを組み合わせる休日の定番スタイルもお父さんぽくならず、ファッション性を維持することができます」(バイヤー山浦勇樹さん)
コーディネートの詳細はこちら "/>

伊勢丹
ネッカチーフ&パッカブルコートで脱・休日のお父さん

美発色のパッカブルコートが一着あれば、ビジネスからカジュアルまで大活躍。デザイン性が感じられるハイブランドものなら、コンサバスタイルにサッと羽織るだけで、今っぽくアップデートすることが可能だ。
「公園でピクニックをしたり、街へショッピングに繰り出したりと、家族とアクティブに過ごす秋の休日は、パッカブルコートが活躍します。ポイントはネッカチーフ。首元に小さく巻いてポイントを作れば、シャツやカーディガン、チノパンを組み合わせる休日の定番スタイルもお父さんぽくならず、ファッション性を維持することができます」(バイヤー山浦勇樹さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=TOMORROWLAND
間違ってもタンスのフェアアイルニットを引っ張り出してはいけない
定番とよばれるアイテムは少しずつ進化することで、いつまでも色褪せず、飽きられることのない定番として愛され続けているもの。ゆえにフェアアイルニットも、タンスの奥から古いものを引っ張り出して着るのは危険。ニットの名手、トゥモローランドが今の気分を反映し、現代的にアップデートしたニットなら安心だ。
「秋冬らしいハンドニットを主軸にしたカジュアルスタイル。水曜日にも着用したコットンセットアップのパンツを単品使いし、エレガントな雰囲気でまとめました。足元は金曜日にも履いた内張りのないソロヴィエールを再登板」 (プレス関内健太郎さん)
コーディネートの詳細はこちら "/>

TOMORROWLAND
間違ってもタンスのフェアアイルニットを引っ張り出してはいけない

定番とよばれるアイテムは少しずつ進化することで、いつまでも色褪せず、飽きられることのない定番として愛され続けているもの。ゆえにフェアアイルニットも、タンスの奥から古いものを引っ張り出して着るのは危険。ニットの名手、トゥモローランドが今の気分を反映し、現代的にアップデートしたニットなら安心だ。
「秋冬らしいハンドニットを主軸にしたカジュアルスタイル。水曜日にも着用したコットンセットアップのパンツを単品使いし、エレガントな雰囲気でまとめました。足元は金曜日にも履いた内張りのないソロヴィエールを再登板」 (プレス関内健太郎さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=La Gazzetta 1987
平日と同じジャケパンもインナーを変えるだけで印象激変!
オン・オフどちらにも使えますよ、と薦められて買ったはいいけれど、イマイチ休日スタイルでの活用法がわからない......そんなお悩みに心当たりはないだろうか。
「インナーにカラーニットを使うだけで、グッと休日ムードが高まります。ここでは水曜日のジャケット&パンツのインナーをチェンジしてドレスダウンしてみました。アウターはムートンのダッフルをチョイス。ジャケットと同系色なので調和のとれた雰囲気にまとまりつつ、明るい色のニット&パンツとのコントラストでメリハリの効いた装いになります。展覧会に出かけたり、レストランでディナーしたりといった、ちょっと改まった場にもマッチしますよ」(ラガゼッタ 1987 プレス 佐々木晧哉さん)
コーディネートの詳細はこちら "/>

La Gazzetta 1987
平日と同じジャケパンもインナーを変えるだけで印象激変!

オン・オフどちらにも使えますよ、と薦められて買ったはいいけれど、イマイチ休日スタイルでの活用法がわからない......そんなお悩みに心当たりはないだろうか。
「インナーにカラーニットを使うだけで、グッと休日ムードが高まります。ここでは水曜日のジャケット&パンツのインナーをチェンジしてドレスダウンしてみました。アウターはムートンのダッフルをチョイス。ジャケットと同系色なので調和のとれた雰囲気にまとまりつつ、明るい色のニット&パンツとのコントラストでメリハリの効いた装いになります。展覧会に出かけたり、レストランでディナーしたりといった、ちょっと改まった場にもマッチしますよ」(ラガゼッタ 1987 プレス 佐々木晧哉さん)
コーディネートの詳細はこちら

<b><font color=DESIGNWORKS
余裕ある大人に見せるブラウン基調のリラックススタイル
観劇や美術展、同窓会、親族の集まりなど、ジャケットを着て出掛ける休日は、平日とは異なるリラックスムードを意識したいもの。狙い目は茶。周囲があまり着ていないこの色は、上手に取り入れれば飛躍的にスタイリッシュに見える。
「茶系のジャケパンスタイルは、ビジネス色が強い紺やグレーとは違って、温かみのあるトーンが休日向き。こちらは一見シンプルな組み合わせですが、丁寧な毛抜き合わせで仕立てた軽快なジャケットや肌触りにこだわったニットポロ、柔らかいシープスキンのスリップオンなど、ラクチンながらひとくせあるアイテムでまとめて、センスよく見せています」(プレス大橋 渡さん)。
コーディネートの詳細はこちら "/>

DESIGNWORKS
余裕ある大人に見せるブラウン基調のリラックススタイル

観劇や美術展、同窓会、親族の集まりなど、ジャケットを着て出掛ける休日は、平日とは異なるリラックスムードを意識したいもの。狙い目は茶。周囲があまり着ていないこの色は、上手に取り入れれば飛躍的にスタイリッシュに見える。
「茶系のジャケパンスタイルは、ビジネス色が強い紺やグレーとは違って、温かみのあるトーンが休日向き。こちらは一見シンプルな組み合わせですが、丁寧な毛抜き合わせで仕立てた軽快なジャケットや肌触りにこだわったニットポロ、柔らかいシープスキンのスリップオンなど、ラクチンながらひとくせあるアイテムでまとめて、センスよく見せています」(プレス大橋 渡さん)。
コーディネートの詳細はこちら

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年May VOL.301月号

2019

May VOL.301

5

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop