「大判マフラー」、3種の巻き方を覚えればアレンジ自在!

Facebook
Twitter

必要なものを最低限、その中でいかにセンスを光らせるか。首元、手首、足首こそ、実はお洒落センスが問われるスタイルの魅せ場。3つの勘所を押さえた、平成男の遊びのセンスを盗め。

平成男の最終章とは......
"巻き物"を巧みに操って演出力に磨きを掛ける

一枚加えるだけで今どきな表情を演出できる巻き物は、シーズンを問わず首元で遊べるお洒落小物だ。マフラー&ストールで普段の装いを格上げしよう。

「大判マフラー」で今流と定番の巻き分けを楽しむ

秋冬に欠かせないマフラーは、大判モノほど自由なアレンジが楽しめるぶん、センスが問われる。簡単にこなれ感を演出できる3パターンをマスター。
コート15万5000円、ニット2万4000円、パンツ3万4000円/以上タリアトーレ(トレメッツォ)

ボリュームを自在に操れる極上カシミアゆえの演出力

ジョンストンズ 大判マフラー
縦190×横70㎝。6万2000円/ジョンストンズ(リーミルズ エージェンシー)

1797年にスコットランドで創業した生地メーカー、ジョンストンズ。写真のカシミアなどをはじめとしたスカーフや高級生地、ニットなどを作り続けている名門だ。首元にはもちろん、肩にかけても使えるので、パートナーとの兼用も◎。



※表示価格は税抜き
[MEN'S EX 2019年1月号の記事を再構成](スタッフクレジットは本誌に記載)
<span style=【今流】
2回巻いて片側のフリンジを手前に、もう片方を背中側に垂らす "/>

【今流】
2回巻いて片側のフリンジを手前に、もう片方を背中側に垂らす

<span style=【今流】
太幅のボリューム感を残しながらフワッと無造作に一周巻き "/>

【今流】
太幅のボリューム感を残しながらフワッと無造作に一周巻き

<span style=【定番】
タイのプレーンノットを結ぶようにコンパクトに垂らす "/>

【定番】
タイのプレーンノットを結ぶようにコンパクトに垂らす

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

  1. 1

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop