SUVからフェアレディZまで、最新の日本車の技術はやっぱり凄かった!

Facebook
Twitter
SUVからスポーツカーまで日産車の実力を雪上でテスト

SUVからスポーツカーまで日産車の実力を雪上でテスト

このシーズンになると各自動車ブランドでは、プレス向けに雪上試乗会を開催する。スノードライブゆえにSUVや4WDモデルが用意されることが多いのだが、1月下旬に北海道で行われた日産の雪上試乗会は、SUV、4WDだけではなく、1月の国内登録台数1、2位となったノート、セレナから、EVモデルであるノート、そして、スカイラインGT-R、さらには、雪道ドライブは不得意?と思われているFRのフェアレディZまで、日産を代表するモデルが揃えられていた。

その狙いは、日産車すべてにデザインされている「日産インテリジェントモビリティ」を、駆動方式やパワーユニット、さらにドライブシーンに関わらず、体感して欲しいというものだ。

いま売れに売れているコンパクトモデルのノート
いま売れに売れているコンパクトモデルのノート。e-POWER 4WDと呼ばれる日産独自のシステムを採用し、実は4WDグレードもモデリスタ、オーテックを会わせると実に20以上が用意されている。
今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年Jun. VOL.302月号

2019

Jun. VOL.302

6

    123
  1. 1
  2. 123
  3. 2
  4. 123
  5. 3
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop