エルメスのAppleウォッチかリシャール・ミルか。突き抜けるなら目指すはこんな高級時計5選

Facebook
Twitter

個性の表現として、時計は欠かせないアイテムであり、装いやシーンに応じて、ぜひ使い分けたいもの。何本もの時計を所有したいところだが、とはいえ、よほどの愛好家でない限り難しいのが現実。そこでM.E.は「仕事〜ドレス」、「ビジカジ〜休日」「休日のレジャー」の3つのシーンをそれぞれ満たせる時計が1本ずつあれば、究極、どんな場面にもフィットすると考えた。

突き抜けタイプのあなたは?

突き抜けタイプのプロフィール

仕事も身に着ける時計もオリジナリティを最優先
若くして起業し、上場も果たした。腕にあるリシャール・ミルは、その記念。新たなビジネスモデルを創造する才気に満ちた起業家たちは、ブランドの歴史やストーリーではなく、そのモデル自体の価値を探る。求めるのは、圧倒的なオリジナリティ。既存のものにはなかった価値を創出した腕時計に、自身の起業体験を重ねるのだろう。仕事でも、カジュアルな装いが多い。だからドレスウォッチより、スポーティなモデルが好み。時代を切り開く、パワフルな印象を見る人に与えられるから。経営者は多忙でもある。休日にもひっきりなしに届くメールやLINEには、スマートウォッチで対応。ビジネスチャンスを、決して逃さない。

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2019年VOL.303月号

2019

VOL.303

7・8

    1234
  1. 1
  2. 1234
  3. 2
  4. 1234
  5. 3
  6. 1234
  7. 4
・・・

SHOES

人気の靴 その歴史

pagetop