異次元の軽さを実感!「エイブルキャリー」がビジネスマンの日常生活を変える!?

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
エイブルキャリー

このバックパックを背負うと、自然と姿勢が良くなり、激しい動きでも安定感があるため、肩だけではなく腰、首への負担を少なく感じる。2017年に香港で生まれた新進気鋭のバックパックブランド「ABLE CARRY(エイブルキャリー)」をご存じだろうか?

バックパックを背負っていて「なんか重いなぁ……」と感じていたことのある諸兄にとってはまさに朗報! リモートワークなど、働き方が多様化する中で、今やバックパックもビジネスシーンには不可欠になりつつあり、デザイン性はもちろん、より使い勝手重視で選ぶ時代に突入したと言える。エイブルキャリーのファウンダーでCEOのジュリアン・チョウさんに「無重力バックパック」と称される軽さの秘密についてうかがった。

PCや書類、筆記用具、水筒など、今やビジネスマンの鞄の中には多くのものが収納されており、“重さ”が最大の課題に。エイブルキャリーのバックパックはそうした課題に対し、人間工学を駆使した設計により解決した製品なのだそう。

X-PAC生地

「常に持ち歩き、道具として使うものですから耐久性が大事です。素材は主に摩擦や引き裂きに強く、中空糸でより軽量化したX-PAC生地、さらに、耐摩耗性や擦り切れなどにも強いコーデュラリップストップ生地の2種類をモデルによって使い分けています。いずれも、撥水加工により耐水性にも優れていますから、あらゆる過酷な環境に耐えられる頑丈な素材となっています」

ブラックを基調にしたラインナップや汎用性の高いシンプルなデザインと控えめなロゴは、ビジネスシーンや普段使いを自由に行き来できるに違いない。

ビジネスシーンや普段使いを自由に行き来

そしてとにかく背負うと嘘みたいに軽い。しっかりとした作りを感じさせる外観に反して、良い意味でギャップを感じる軽さ。「軽い」だけではないその緻密に計算された完成度の高さには、なるほどと膝を打つこと数知れず。

「理想のバックパックを作ろうと開発を始めた当時、最初に着目したのは肩パッドでした。バックパックの負荷が一番かかるところであり、別売りの肩パッドが売られているほど、かなり多くの人が悩んでいた部分でした。我々は、薄くてもしっかりと荷重を支えられる素材と角度を人間工学に基づき徹底的に分析し、作り上げました」

デザイン思考なモノ作りが多い鞄業界にあって、工業デザイン出身のメンバーたちが立ち上げたブランドで、米国や欧州など、多彩なバックグラウンドを持ったスタッフが集まるエイブルキャリーの製品には、常に、ロジックから導き出された「機能美」への強い思いが根付いている。荷物を入れても入れなくても、形崩れすることなく、立体的できれいな形状を保ってくれるし、何より、床においても自立しやすい点が魅力だ。

バックパック底部
バックパック底部でA字形に固定された肩紐が底部全体を覆う形で固定されていることにより、バックパックそのものが揺れにくく、揺れに伴う振動で感じる重さを軽減しています

そして、異次元と呼ぶにふさわしい究極の軽さは、リュックを手で持ち上げて、背負った瞬間に訪れる。これこそ、エイブルキャリーの最大のポイントと言える「A-Frame」と呼ばれる独自の機構によるものなのだ。

「ショルダーハーネスが底面まで伸びて1本でつながっており、バックパックの底部にA字形に固定されています。これが重い荷物を背負っているときに下から人に支えてもらうと軽く感じるのと同じ効果を発揮し、まるで“無重力”かのような“重さを感じにくい”設計になっているのです」

背負った際の荷重が下半身のみに掛かることの多い通常のバックパックに比べて、エイブルキャリーの場合、ショルダーハーネスを伝って上半身にも分散されることで、背筋がキュッと伸びて、軽くなったように感じるよう設計されているというわけだ。

使い勝手の良さ

軽さはもちろんだが、使い勝手の良さは細かい部分の作り込みからもうかがえる。

「背面にはクッション性の高い3Dモールドとエアメッシュ素材を使用しています。適度に熱を逃す凹凸の形状になっていますから、長時間背負っていても背中が蒸れる心配がありません。さらに、ショルダーハーネスも非常に肉厚でクッション性が高くなっていますので、肩への負担を軽減してくれると思います」

サイドからアクセスできるボトルポケット(720mlのワインボトル1本分)も非常に使い勝手が良く、内側が撥水加工されていることから、雨の日には折り畳み傘を濡れたまま収納できるのも非常に便利だ。

内装

内装は、細かすぎると用途が限定されていまい、融通が利きにくいデメリットもあるが、PCとタブレットスペースがセパレートされて、ちょうど良い使い勝手。伸縮性の高いストレッチポケットも、程よく荷物をホールドしてくれるから、小走りしても荷物が上下左右に揺れる煩わしさが軽減される。

ファスナーは耐摩耗性に優れるYKK社製の鞄専用ジッパーで、操作性もスムーズ。さらに、トップハンドル下のポケットも非常に便利で、スマホやメモ帳、パスポートなどが入れられるファスナー部にフラップを装備して防水機能を強化している。とにかく、痒いところに手が届いた機能性はもちろん、使用する材料からも工業デザイナーらしいこだわりがうかがえる。

ミニマルな見た目

ゴチャッとした装飾もないミニマルな見た目は、服装を選ばず、TPO的にNGな場面も少ないのでビジネスシーンにも取り入れやすい。また、モノの雰囲気は素材の質感に左右される場合が多いが、程よい光沢とハリのある生地感は、見た目にも高級感があって、大人が持つにふさわしい上品さもしっかり担保してくれている。

シンプルでモダン見えするデイパックを最近多く見かけるが、これほどまでに肩や腰への負担を軽減してくれる新感覚の背負い心地には驚き。実際の重さよりも軽さを実感でき、多くの荷物をストレスなく持ち運べる道具としてはもちろん、毎日使うことを考えると、身体への負担が少ないことはとてもありがたい。正直、対抗馬はしばらく見つかりそうにない。

デイリープラス

収納力、機能性ともに入門モデルとしてふさわしいのがこちらの「デイリープラス」。サイズは縦49×横29×底マチ19cm。重量は約1230g。カラーはブラック、オリーブグリーン、ネイビーの3色展開。容量21L。3万5200円(ハイマウント TEL:03-3667-4545)https://ablecarry.jp/



※表示価格は税込み

撮影=伏見早織 取材・文=伊澤一臣

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop