ランボルギーニ初のハイブリッドレーシングカー「SC63 プロトタイプ」が登場

bool(false)

来年のル・マン24時間レースにも参戦予定

ランボルギーニは、英国で開催された自動車イベントのグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにおいて、LMDhレギュレーションのハイブリッド型耐久レース・プロトタイプ「SC63」を発表した。

LMDhはFIA世界耐久選手権(WEC)のハイパーカー・クラスと、IMSAシリーズの北米耐久選手権のGTPクラスにエントリー可能な車両規定だ。ボディやエンジンなどは各社がレギュレーションの範囲内で独自開発するものの、開発コストを抑えるため、規定のシャシー(ダラーラ、オレカ、リジェ、マルチマティックのいずれか)やハイブリッドシステムを使用する。

SC63はシャシー開発パートナーとしてリジェを選択。ボディはデザイン部門のチェントロ・スティーレがレース・デザイン・チームと協力して設計、アイコニックなY字形ライトなど、ボディ全体にブランドのスタイリング要素が反映されている。エンジンはランボルギーニがレーシング・プログラム向けに開発した新型3.8リッターV8ツインターボを搭載した。

ランボルギーニの60周年、スクアドラ・コルセの10周年にあたる2023年に登場した、モータースポーツの未来へと大きな一歩を踏み出すSC63。ル・マン24時間レースを含むFIA世界耐久選手権(ハイパーカー・クラス)とIMSAシリーズの北米耐久選手権(GTPクラス)に2024年より参戦する予定となっている。

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
  • Facebook
  • X
  • Instagram
  • YouTube
pagetop