ダイソンの最新テクノロジーで「粉砕花粉」から身を守る!

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
ダイソンの最新テクノロジーで「粉砕花粉」から身を守る!

花粉がピークを迎えている。環境省の発表によると関東などでのスギ花粉の飛散量は過去10年で最高という見通しだ。花粉の中でも、とくに注意しなければならないのが、花粉が壊れた「粉砕花粉」だ。

花粉は小雨などの外部からの刺激や、都市部での排気ガス等との接触で破裂し、花粉の中に含まれるアレル物質が空中を漂うようになる。花粉は通常20~40㎛ほどの大きさだが、この粉砕花粉は、マイクロレベルまたはナノレベルの超微粒子になる場合があるのだ。

粉砕花粉のイメージ

ナノレベルの大きさの「粉砕花粉」は空気中に舞いやすく、少しの動きで簡単に舞い上がってしまう。さらに、舞い上がった粒子はなかなか下には落ちず、空気中の浮遊時間も長いのが特徴。

さらに、花粉研究の第一人者である埼玉大学大学院理工学研究科教授の王 青躍先生によると、排気性能が不十分な一部の掃除機が花粉を壊し、室内に排出してしまう可能性もあるという。

そこで、大切となるのが、「掃除機」と「空気清浄機」選び。掃除機で吸引後、粉砕された花粉が排気口から排出される可能性も十分あることから、掃除機を選ぶときは、“排気性能”に重点を置き、微粒子も排出しないものを選ぶのがポイントといえよう。

また、空気中に浮遊する微細な「粉砕花粉」を、部屋の空気を循環させることで動かし、除去することができる高性能なHEPAフィルターが付いた空気清浄機を選ぶのが大切となる。

以下に挙げるのは、部屋の中で花粉が入りやすい・たまりやすい「花粉スポット」だ。掃除の際にこれらのポイントに注意することで、花粉の影響を最小限に抑えることができる。

花粉スポット

今回ご紹介する、Dyson V12 Detect Slim™コードレスクリーナーは5段階にわたり微細な粒子を捕集するように設計されている。また、高い密閉性により捕集したホコリが空気中に漏れるのを防ぎ、0.3ミクロンもの微細な粒子を99.99%捕らえられるのも特徴だ。

2024

VOL.342

Summer

  1. 1
2
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
星のや
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop