>> この記事の先頭に戻る

まるでFRのようなドライブフィールが味わえる

メルセデスAMG C 43 4MATIC+
ボディサイズは全長4785×全幅1825×全高1450mm。

ドライブモードは、「Comfort」「Slippery」「Sport」「Sport+」そして個別で選択可能な「Individual」があり、ステアリングに備わる手元のダイヤルで切り替えが可能だ。Comfortでも十分にパワフルだ。操舵感はずっしりと手応えがあり、足回りはスポーツモデルらしく少し硬めだが、電子制御ダンパーの効果は絶大で、しっかりとダンピングがきいていて乗り心地は悪くない。Sportモードに切り替えると、もはや2リッターであることを完全に忘れさせるほどの猛烈な加速をみせる。トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを搭載した9速トランスミッションが、切れ味よくシフトアップしていく。そしてシフトダウン時にはリズムよく機能が働くオートブリッピングで、気分が一層盛り上がる。

駆動方式はフルタイム4WD。前後トルク配分は31:69とAMG独自の後輪重視型にチューニングされており、まるでFRのようなドライブフィールが味わえる。またリア・アクスルステアリング、いわゆる4WS機構を備えており、約100km/h以下ではリアホイールが最大約2.5度フロントホイールと逆位相することで回転半径を小さく取り回しやすく、高速域では最大約0.7度同位相することで走行安定性を高めている。

「メルセデスAMG C 43 4MATIC+」のディテールをチェック(画像3枚)

<p>電動化されたターボを搭載していることをアピールするバッジがフロントのフェンダーに備わる。</p>

電動化されたターボを搭載していることをアピールするバッジがフロントのフェンダーに備わる。

<p>フロントにはAMG専用本革スポーツシートを装着。</p>

フロントにはAMG専用本革スポーツシートを装着。

<p>リアシートは使い勝手の良い40:20:40の分割可倒式を採用、ラゲージ容量は455リッターとなる。</p>

リアシートは使い勝手の良い40:20:40の分割可倒式を採用、ラゲージ容量は455リッターとなる。

実は近年、自動車の騒音規制がより厳しくなってきている。このC43では、マフラー内に可変エグゾーストフラップを備え、走行モードに応じて音を切り替える仕組みをとっている。それに加えて、走行状況に応じてサウンドを増幅して車内のスピーカーから再生することで、車外音は抑えながらドライバーには気持ちのいいエグゾーストノートが届く機構も取り入れている。

自動車の電動化、デジタル化が進む中でそれらの技術を活用しながらも、アナログな内燃エンジン車の魅力を最大限に引き出している。いまだからできる、いまのうちに味わっておきたい一台だ。

文=藤野太一 写真=郡大二郎、メルセデス・ベンツ日本 編集=iconic

関連記事:航続距離は700km、全てが新しいメルセデスの電気自動車「EQS」の走りとは?

<p>電動化されたターボを搭載していることをアピールするバッジがフロントのフェンダーに備わる。</p>

電動化されたターボを搭載していることをアピールするバッジがフロントのフェンダーに備わる。

<p>フロントにはAMG専用本革スポーツシートを装着。</p>

フロントにはAMG専用本革スポーツシートを装着。

<p>リアシートは使い勝手の良い40:20:40の分割可倒式を採用、ラゲージ容量は455リッターとなる。</p>

リアシートは使い勝手の良い40:20:40の分割可倒式を採用、ラゲージ容量は455リッターとなる。

  1. 2
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop