冬の装いを明るくする秘訣は、メゾンの巻きものにあり

bool(false)
Facebook
Twitter
友だち追加
冬の装いを明るくする秘訣は、メゾンの巻きものにあり

季節柄、冬の装いは、ついつい、ダークトーンやシンプルになりすぎてしまいがち。その解決策は、やはり華やかさを添えるポイントを作ること。そこでうまく取り入れたいのがマフラーやストールなどの巻きものだ。なかでもメゾンのそれは、デザイン性が高く、伝統の色使いや、デザイナーの個性が反映された柄使いで、着こなしを明るく見せられるから、ありがたい。また、華やかでも高級感があり、悪目立ちすることなくシックで取り入れやすいのもメゾンならでは。この冬は、いつもの落ち着いた冬の装いに、巻きもので遊びをプラスしてほしい。

Saint Laurent

サンローラン
14万3000円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス TEL 0120-95-2746)

伝統の柄をサンローランがモダンにアレンジ

タータンチェックをモチーフにしたパターンと、バーガンディをメインとする目を引くカラーリングに注目。端部にタッセルが付いたレクタンギュラー形状で、細身のシルエットが都会的な印象を与える。特徴的な裏面のモヘア混ブレンド素材は、ウォーム感満点で、サラリと巻くだけで冬の気分を楽しめること間違いなしだ。サイズ35×180cm。

DIOR

DIOR
10万円(クリスチャン ディオール TEL 0120-02-1947)

一度巻いたら忘れられない心地よさが自慢

タイムレスでクラシックな、ネイビーブルーにエクリュ&グレーのストライプが入ったデザインが印象的な一枚。ウールとモヘヤの混紡素材を使用していて、しっかりとした厚みがありながらも、抜群の柔らかな風合いを実現。季節感と爽やかさ、上品さが網羅できるので、好感度アップにも役立ちそう。サイズ69×184cm。

Ferragamo

Ferragamo
4万6200円(フェラガモ・ジャパン TEL 0120-202-170)

広げればアイコンが顔を見せる奥ゆかしいデザイン

ブルーグレーとグレーのコンビネーションによる、落ち着いた表情は、品格ある大人に好相性。描かれたパターンは、ブランドのアイコンである、ダブル・ガンチーニ。大柄ゆえ、ざっくりと巻くと、ブランドのアピールが控え目になり、広げれば「あ!」と気づくアイデアは見事だ。素材は薄手のソフトなウール100%で、寒い季節から、春先まで長く使えて重宝する。サイズ180×45cm。

Giorgio Armani

Giorgio Armani
6万8200円(ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL 03-6274-7070)

全面に配したモノグラム使いは遊び心満点

シンプルなブラウンと黒の2色使いで、総柄のモノグラムを織り上げた遊び心が漂うデザインは必見。シルクブレンドのウール素材は、厚みと起毛感があり、ふんわりとした肌触りがとても心地よい。装いがシンプル過ぎたかも、と心配なら、これを一枚巻くだけで問題は解決だ。サイズ80×36cm。

Bottega Veneta

Bottega Veneta
9万6800円(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン TEL 0120-60-1966)

ジャカードで書かれたグラフィックが新鮮

全体にジャカード グラフィックで表現されているのは、ボッテガ ライティング。手書き風の柄だけに安心感や人の温もりが漂い、取り入れれば好印象につながりそう。ミディアムウェイトのウール100%のニット素材は、肌あたりも優しく、保温性の点でも申し分なし。裏面が黒地になっているため、長めに垂らせば、黒のチラ見せでモノトーンならではの、シックなムードも演出できる。

Hermès

Hermès
15万9500円〈参考価格〉(エルメスジャポン TEL 03-3569-3300)

素材のクオリティを追求する情熱がうかがえる名品

カシミアより、少しドライ感があるタッチが特徴のヤクヘア100%のマフラー。ヒマラヤ山脈に生息するヤクの毛の下にある「クル」と呼ばれる柔らかい毛を丁寧に選別し、手で紡ぎ、ネパールの伝統的なシャトル織機で織り上げた希少な一枚だ。また、レザーのHモチーフが、両面のぴったり同じ場所に取り付けられているのにもご注目。全長190cmで、二重に巻いてアレンジできるのもうれしい。サイズ50×190cm。

Gucci

Gucci
5万9400円(グッチ ジャパン クライアントサービス TEL 0120-99-2177)

表と裏、リバーシブルで使える気の利いた柄使い

ブラウン系のチェック柄と、GGパターン。表と裏で柄が全く異なるから、いろいろなコーディネイトが楽しめてしまうところがおもしろい。GGパターンは、ブランド創設者グッチオ・グッチのイニシャルから、1965年に生まれたもので、ブランドのアイコンとなっている。素材はソフトなウール100%。サイズ35×180cm。

写真=若林武志 スタイリング=宮崎 司 文=川田剛史
※表示価格は税込み

今日は何する?何着る?

365DAYS今日のVゾーン

2023

VOL.336

Winter

  1. 1
LINE
SmartNews
ビジネスの装いルール完全BOOK
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
pagetop